MOTHER3

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  奇妙で、おもしろい。
  そして、せつない。

前作から何と12年の時を経て、ファン待望のRPGがようやく発売されました。
そう糸井重里氏の手がける名作MOTHER3です。
http://www.1101.com/MOTHER3/index.html(糸井氏のサイトです)

この作品、実は相当以前から企画されておりました、
具体的には64DD向けに企画されたものです。
この64DDと言うハード、
結局リースのような形で数万台の普及に終わってしまった幻のハードですが、
当時の他の家庭用ゲーム機には無い大きな特徴が有りました。
それはデータ書き換え領域です。

ゲームソフトのデータが一部書き換え可能となっており、
それによって時間の経過による変化をそのままゲーム上に反映させ続けたりすることが出来るようになっています。
この機能は、当時のクリエイターの発想を大いに刺激したものでした。

分かりやすい例を挙げるとどうぶつの森がそうです、
昨年から今年にかけてDSで大ブレイクした例の作品です。
これも、もともとの企画の始まりは64DD向けです。
結局64DD版は出ませんでしたが、そこで培われたアイデアはその後の作品製作に大いに影響を与えているのはあきらかです。

糸井氏も他のクリエイターと同様に、このハードの可能性に大いに発想を刺激されたと言います。
MOTHER3はその後64ソフトとして開発が進められており、
当時のゲーム雑誌には画面写真も公開されていました。
ですが、余りに開発時間が伸びすぎて64市場自体が終焉してしまい、
64版MOTHER3はそのままお蔵入りしてしまいました。
その後のゲームキューブ市場を考えれば、止むを得ない措置だったのでしょう。
(その点、ぎりぎり間に合ったどうぶつの森は幸運だったと言えます。)

一旦立ち消えてしまったこの作品ですが、
3年前にGBA向けRPGとして改めて制作が始まりました。
携帯機向けとはいえ、その根底には64DD版開発の際に膨らんだアイデアの数々が詰め込まれています。
そう、まるでどうぶつの森のように。

そして実際に発売された作品が、散々待たされたユーザーの期待を全く裏切っていないのはとても素晴らしい事だと思います。
とくにRPGの続編というのは酷評に晒されやすいものですからね。
(某大作の5年ぶりの新作のレビューと比較すれば、その空気の違いに驚かれることでしょう・・・。)

価格も手頃ですし、DSでのプレイも可能ですから、
このMOTHER3で久々に童心に帰るのも悪くないと思いますよ!



ブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/10-8b59c682
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。