魔導物語

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私はコンパイルというメーカー結構好きでして、
プロフィールのイラストにも後を継いだアイキのキャラクターを使用させていただいてる位です。
(勿論ちゃんと許可を貰ってますよ!)
ただサターンから入ったユーザーなもので、そんなに多くのタイトルはプレイしていません。
その数少ない作品のひとつが、今回紹介する「魔導物語」です。(セガサターン版)

ご存じない方の為に一応説明しておきますと、「魔導物語」とは「ぷよぷよ」の元ネタとも言えるRPGです。
主人公アルル・ナジャを始めとする「ぷよぷよ」に登場するキャラクターの殆どは、この「魔導物語」からの出演です。
魔導物語
魔導物語
コンパイル 1998-07-23
売り上げランキング : 7585

おすすめ平均 star
star期待の新作と言われ続けてきたわりには・・・
starぷよファン的にはおいしいかも。
star魔導物語=ぷよぷよの世界観

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



当時コンパイルもサターンも大変厳しい時期でしたので、
セールス的には残念な結果に終りました。

みんなにやさしいRPG」というキャッチフレーズが示すとおり、
かなり低年齢層やライトユーザーに向けられた作品でしたが、
当時のサターンユーザーにそんな層はごくわずかしかいませんでしたし、
わずかに居たライトユーザーに告知する手段も殆ど有りませんでしたからね・・・。

従来の魔道物語を知るファンにはかなり手厳しい評価を受けた本作品ですが、
ぷよぷよしか知らなかった私は結構楽しめました。

確かに画面はメガドライブ?と言いたくなるくらいしょぼかったですし、
レベルアップする毎にパラメーターが全回復するのも余計なお世話でしたが、(せめて難易度切り替え機能が欲しかった)
それらを全て帳消しにするほどアルルが可愛かったです。(何だそれ?)

ぷよぷよの「漫才デモ」が大好きだ!という人は、
だまされたと思って一度プレイしてみてください。
特にすけとうだらとの絡みは最高で、
仲間から外れた時は本当にがっかりしたものです。
当時ショボく感じたグラフィックも、今見返すと味わい深いものですしね。

一時はかなり入手困難な時期が有りましたが、現在は若干中古相場も下がって買いやすくなっていますし、
少なくとも「難しすぎて結局楽しめなかった」ということだけは無いと保証出来ますので、
未プレイの「コンパイル版ぷよぷよ好き」の方に是非一度プレイしていただきたいと思います!



ブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
mu
魔道物語 懐かしいそして良いタイトルです。
私はPC-98ではまりました。
擬似3DのタイプでⅠ.Ⅱ.ⅢがワンセットになっててFM音源で喋ってました。
後に わくぷよダンジョンでかなり凹みましたが・・・
(操作系やバランスが駄目過ぎて・・・)
ほたるいかさんの文章を読むと楽しそうなので
未プレイだしやってみようかな。

2006/06/26(月) 02:13 | URL | #-[ 編集]
ああ、「わくぷよ」は
私も「断念組」です。
当時(今も?)良くあった「不思議のダンジョン」の類似作品ですが、
やはり「チュンソフト」が絡んでなければ、
なかなか良い作品に仕上げるのは難しいのかな?

しかもあれ「コンパイル破綻」の引き金となった作品ですし、
(発売遅れ&売上不振)
あまり良い思い出も有りませんしね。

アマゾンのレビューを見てもわかるように、
従来のユーザーさんの期待は大きく裏切った作品ですが、
「元気よく活躍するアルル」を見てるだけでも楽しい作品なんですよ。

私も、未プレイのPC版魔導物語やってみたくなりました、
「ぼく」って喋る元気なアルルに久しぶりに会いたいですね。
2006/06/26(月) 09:25 | URL | ほたるいか #-[ 編集]
あの時の栄光はもう来ないのか…
セガになってからホントに嘘のようにまったくプレイしなくなったぷよぷよです。コンパイルのあの世界観、あの個性溢れるキャラが好きだった私には、ホントに今のぷよぷよはもう……ダメw
そんなぷよぷよも、本来はあくまで魔道物語の外伝として発売されたに過ぎなかった(魔道物語が出て、そこからぷよぷよが生まれた)ですが、結局は魔道物語よりもぷよぷよのほうが栄えちゃいましたね。桃太郎伝説より電鉄が栄えているように。

アイキは、私の担任の先生兼元コンパイルのグラフィックデザイナーは「飲んだくれで絶対ありえない人間が取締役になったんで設立した瞬間「あ、無理だ」と思った」そうです。悲しいorz
そんなわけで私は、第3のコンパイルになってくれるであろうコンパイルハートに期待します。
2006/06/26(月) 15:59 | URL | partygame #hCLbhaFQ[ 編集]
そうですよね
あの素人っぽさというか学芸会ノリというか、
あの雰囲気がたまらない魅力だったんですよね。
(・←ここにいる とかね)
ああいうノリは、大きな会社ではなかなか出てこない独特の魅力なんでしょうね。

アイキののんだくれ取締役って誰だろう?
コンパイル時代にCD出してたN氏とはまた別の人なのかな?
(あの人ならもともとコンパイルの社長でもあるし)
まあとんでもないワンマンだったとも聞きますけどね・・・。
(小さい会社は大体どこもそうだけど・・・。)

コンパイルハートはどの程度旧コンパイルの遺伝子を受け継いでるんでしょうか、気になります。
2006/06/26(月) 19:08 | URL | ほたるいか #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/111-1901ac4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。