Xbox360のHD DVD再生機能ってどうなんだろう?

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゲーマーホリックさんに微妙に整合性が無い二つの記事が紹介されていました。
[Xbox360] 「HD DVDドライブ」を同梱するから値下げは無し?
[Xbox360] 「HD DVDドライブ内蔵モデルXbox360」が年内に発売と東芝が予測

もともとXbox360関連情報はガセネタが多いというのが常識らしいですけど、
それにしても「何だかなあ・・・」と思います。
信憑性が高そうなのは東芝の絡んでいる後者なのでしょうけどね。
松下の出したゲームキューブ互換機「Q」や日立が出したサターンの上位機種「ハイサターン」を彷彿とさせますね。どちらも惨憺たる結果に終りましたけど。

敢えて両方とも実現するとすれば、
・ある時期から全ての本体は「HD DVDドライブ内蔵モデル」となる。
・それに伴いそれまでの在庫分の本体には全て「外付けHD DVDドライブ」がおまけとして付けられる。(価格は据え置き)
ということなのでしょうが、家電メーカーではないマイクロソフト社にとって何のメリットも無いような気がします。
勿論ユーザーにとってもメリットは無いのは言うまでもありません。

まあ次世代DVD需要というものが(一部地域限定だとしても)有るのであれば、BDドライブを持つPS3に対抗する為に必要かもしれません。
(家電全般が高い欧州では、歓迎される可能性は有るかも?)
しかし、実際には次世代DVDドライブ内蔵が価格を大きく引き上げる大きな要因となっており、メリットよりデメリットのほうが遥かに大きいのが現実なわけで、
PS3より遥かに低価格で提供できるというメリットを捨てて強引に「HD DVD再生機能」を付加してくる可能性は低いです。
結局、HD DVD再生機能有りと無しの2機種を平行して販売ということで落ち着くのではないかと思います。

「HD DVD」にせよ「BD」にせよ、家電メーカー映画供給会社の思惑ばかりが見え隠れして、正直不愉快に思うばかりです。
(そういえば両方に関わっている会社も有りましたっけ・・・。)
それら両方に採用されている青色レーザーが高価なうちに無理にゲーム機に装備して、
本体を高くするなんて本末転倒もいいところだと思うのですけどね。
いいかげんにこういうユーザー不在の思考回路は改めていただかないと本当に困りますよね。



ブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
これって ハードを玩具・家電・PCのいずれと捉えるのか。そのハードで何を商売にするのか。
目的を絞って欲しいですよね。

先の新・電子立国シリーズの話とも重なりますね。あれって今見ても 色々考えさせられます。
あれ見ると今の宮本氏や岩田社長発言とダブるとこありますしね。

もともとコンピュータであるが故に性能があれば何でも出来るししたくなるってところで ゲームは遊び、ゲーム機は玩具だってことを忘れちゃうんですよね。
2006/07/02(日) 02:54 | URL | mu #-[ 編集]
少し以前までのジンクスに
「マルチメディア機は失敗する」というのが有ったと思います。
実際に「3DO」「ピピン@」「ドリームキャスト」といったマルチメディアを前面に押し出した機種は軒並み敗退しています。
「DVD再生機能」を謳って大成功したPS2が初の成功例なのではないでしようか?
(それ以外の分野への機能拡張は消極的でしたが。当のK氏も「マルチメディア大嫌い」と発言してたような・・・。)
これが「たまたまDVD需要の波に乗っただけ」なのか「時代が追いついた」のかは、PS3の売れ行きが実証するのではないかと思います。
個人的には前者と見ていますけどね。
2006/07/02(日) 10:44 | URL | ほたるいか #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/118-6d114a9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。