THE iDOLM@STER (アイドルマスター)が家庭用に移植

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バンダイナムコゲームスから、アーケードで稼動中のナムコ製作のアイドル育成シミュレーション『THE iDOLM@STER (アイドルマスター)』がなんとXbox360に移植されることになったそうです。
情報元 発熱地帯さん ゲーマーホリックさん

pic02.jpg pic03.jpg

pic05.jpg pic07.jpg

公式サイト ナムコチャンネル

確かにこの作品は家庭用向けだなあとは常々思っていたわけですが、
それは、表向きのメインターゲットであるアイドル達と同年代の女の子が気軽に楽しむことが出来るだろうという理由でした。
実際のアーケードでは、お金を湯水の如く注ぎ込める大きなお友達しか楽しめない状況ですからね。

そうすると普通に考えれば、オフラインメインの育成ゲームと考えればPS2への移植が妥当でしょうし、通信機能を活かしたいのであればDS(もしくはWii)への移植という線も有りそうです。

ところが実際は、国内での普及台数が未だ10数万台にとどまるXbox360というプラットホームを選択したというのは驚きでした。
確かに通信機能の充実はピカイチなのですが、国内ではある一定年齢以上の男性ユーザーが殆どを占めるこのハードを選んだ理由とは何なんでしょう?

一説には、Xbox360発売以前から投入することが宣伝されていたフレームシティの開発が中止となった為に、
マイクロソフトから相当の資金援助を受けていた旧ナムコがそれに替わる有力タイトルの早期投入を迫られた為、手っ取り早く有力アーケードタイトルの移植をせざるを得なかったとも言われています。

マイクロソフトとしても、米国企業が次々と良作をリリースしているFPSであるフレームシティよりも、日本市場の拡大に少しでも繋がりそうなアイドルマスターのほうがむしろベターだと判断したのかもしれません。
海外で、日本のオタク文化が一部で大変人気なのも理由の一つかもしれませんね。
(アニメ風の女の子を育成するゲームなんて、欧米メーカーではまず作れないでしょうからね・・・。)

プラットホームに360を選んだ事により国内の(海外も?)おたく向けに建前抜きの直球勝負となったわけで、
この選択が吉と出るか凶と出るか、非常に面白くなってきました。
海外のOTAKU達と通信対戦するというのも悪くないですし、案外意外な神風が吹くかもしれませんね。

もし仮に失敗しても、ラブ&ベリー登場で更に裾野が拡がったDS市場にしれっと投入するつもりなのかもしれません。
(契約上他社の据え置きへの移植は無理でも、携帯機なら望みあり。)
個人的にはグラフィックは期待薄とはいえ、360よりは遥かにDSに向いているゲームだと思うんですけどね。



ブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/152-026fc194
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。