「脳トレ」が海外でも大ヒットの兆し、世界規模で「任天堂革命」は起こるか?

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Nintendo INSIDEさんの記事によりますと、
『脳を鍛える大人のDSトレーニング』(海外ではBrain Age:Train Your Brain in Minutes a Day)が世界合計で400万本を突破したとのことです!
(内訳は米国で60万本、欧州が50万本、国内が300万本)
国内では続編の『もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング』も既に300万本を突破しており、合計すると700万本を超えるという本当にゲーム史に残るであろう快進撃が続いています。
ちなみに、米国では第二弾タイトルとなった『やわらかあたま塾』(Big Brain Academy)も既に25万本を越えるセールスとなっているそうです。

米国にしろ欧州にしろ、なんとも日本国内での売れ方に似たじわ売れコースを辿っているようで、今後の売上の伸びも国内同様期待できるかと思われます。
楽しんでいるユーザー層も、日本同様ゲームに全く関心の無かった高年齢層まで食い込んでいると言われています。
国内で起こった「ニンテンドーDS革命」とでも呼ぶべき市場の変革(女性や高年齢層をも市場に巻き込み、ライトユーザー向けゲームやゲームとは呼べないツール的ソフトが次々とミリオンヒットを達成する。)が、世界規模で起こる可能性すら見え始めましたね!

これは、次世代据え置き機市場に於いても無関係ではありません。
当然の事ながら、DSと無線通信による連動が可能で直感的でカジュアルなゲームが主軸となるであろう「Wii」が相当有利になることに何の疑いもありません。

日本は勿論、「nintendogs」が大ヒットしている上に「アイトーイ」がパーティーゲームの定番として広く受け入れられた欧州でも相当有利に市場展開していくと思われます。
マイクロソフトのお膝元であり、「Xbox360」が既に大人気と言われる米国は少々苦戦するかもしれませんけどね。
(最近は「Wii60」なる造語が作られ、Wiiと360を両方所持しようという動きも出てきているようですが・・・。)

こうして考えてみると、PS3は普及しようにも本当に隙間が全く無い感じがします。
それこそPS3のみを待ち焦がれているように見える韓国くらいしか大きく普及しないのではないでしょうか?
BDプレーヤーとしての普及が若干は見込めるとはいえ、AV機器としてPS3を購入したユーザーがゲームソフトを沢山購入するとも思えませんしね。

世界最大のソフトメーカー「エレクトロニック・アーツ」も徐々に任天堂ハードにシフトし始めているようですし、これは本当に世界規模での「任天堂革命」が起こってもおかしくありませんね!



ブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/175-c2f50152
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。