ゲームキューブの携帯機版が開発されているとの噂

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IBMが「将来の任天堂の携帯ゲーム機―恐らくゲームキューブディスクを再生できるもの」の為に、Wiiで使用されるブロードウェイCPUの小型化に取り組んでいる。・・・という情報が漏れてきたそうです。
情報元 Nintendo INSIDEさん。

8cmディスクを採用し据え置き機同様のグラフィック性能を持つ携帯機・・・どこかで見たこと有りますね、
そう、PSPと非常に似通っています。
違うのは、既存のソフトがそのまま使えるという事くらいでしょうか?

任天堂公式ホームページにはGCのディスクについて「近い将来、家庭内テレビゲームの“遊び”と携帯型ゲームとの“遊び”の融合を考えた時、このファッショナブルなサイズが21世紀の“遊び”を先取りしたゲーム界のデファクト・スタンダードになると確信しています。」との記述が有りますので、
研究開発している(いた?)ことはおそらく事実でしょうけれど、今後の発売の可能性は限りなく低そうです。
ひょっとしたら、DS発売当初から噂されていた「GBA2」の正体がこれなのかもしれません。
GBAカセットのスロットとGCのディスクドライブが装備されている携帯ゲーム機が発売されればおそらく相当魅力的だったでしょうが、ソニーがいちはやく「PSP」を発売にこぎつけた為に方向転換を迫られ、結果的に生まれたのが「2画面」「タッチパネル」の枯れた技術の水平思考の賜物「ニンテンドーDS」なのかもしれませんね。

そう考えればDSで世界規模でライトユーザー大量獲得に成功した事は任天堂にとっては怪我の功名で、まさに「PSPさまさま」という感じです。
対して携帯機市場という相手の土俵に踏み込んだ末に、結果的に相手の底力を引き出す事に繋がってしまった「PSPとソニー」には「ご愁傷様」の一言しかありませんね。
ソニー自身もまさか自分がピエロの役を演じる羽目になるとは夢にも思ってなかったでしょうね・・・。

ブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ゲームキューブの携帯機版
任天堂は携帯機に限らずですが、常に色々な研究を行っているらしいですからね。
その研究の一環という気もします。
CPUの小型化も研究しておけば、後々開発するハードの小型化に役立ちそうですし。

ほたるいかさんの言う通り、発売の可能性は限りなく低いでしょうね。
とりあえずはDSが普及してますし、携帯機にディスクメディアは
まだまだ時期尚早な感じですからね。手軽さではロムの方がまだ勝ってます。


ゲームキューブといえば、任天堂純正の小型液晶は結局出ませんでしたね(PSoneのような)。
非ライセンス品らしきものは見かけたコトがありますけど。
Wiiは小さくて持ち運びしやすいですし、センサーバーと一体になったのを出して欲しいかも。
うちのテレビではプログレッシブは出来ませんし(^^;)。
2006/08/15(火) 13:00 | URL | CROSS #zHTyKSPE[ 編集]
ディスクメディアには
消費電力の大きさやロードの長さや衝撃への弱さなど、携帯機に不向きな特性が多々有りますからね。
ソフトの製造コストが安いかわりに、本体製造コストが上昇しますし。

近い将来はハードディスクとフラッシュメモリに取って代わる日が来るのはおそらく間違いありませんし、無理に携帯機に採用する必然性は余りありませんよね。

Wiiはもともとかなり小型化に成功していますので、ポータブルタイプの登場は案外早いかもしれませんね。
需要が有るかは未知数ですが・・・。
2006/08/15(火) 17:27 | URL | ほたるいか #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/179-763bb15c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。