探偵・癸生川凌介事件譚 仮面幻影殺人事件

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前から紹介したかったタイトルの一つ、探偵・癸生川凌介事件譚 仮面幻影殺人事件です。
(読みにくいタイトルですね、癸生川はきぶかわと読みます。)
http://www.genki.co.jp/games/kibu_kamen/index.html(音が出ます)
発売元は元気です、首都高バトルが有名ですね。
http://www.genki.co.jp/top.html

探偵・癸生川凌介事件譚 仮面幻影殺人事件
B0007L8UAE
元気 2005-03-24
売り上げランキング : 549

おすすめ平均star
star内容が最高!
starビジュアル的に・・・
star本格推理モノでは最高!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

約1年前に発売された作品なのですが、残念な事に余り知られていません。
特に主なターゲットだと思われるライトユーザーへの知名度は低いです。
それにはいくつか理由が有ります。

・1年前といえばDS普及の起爆剤となったnintendogsの発売前であり、
当時はPSPのほうが優勢でDSソフトにとっては一番厳しい時期だったこと。
(特にライトユーザーの目はPSPに向けられていました)
・非常に低予算だったことで、殆ど宣伝らしい宣伝がされなかったこと。
・非常にオーソドックスなつくりのため、地味な印象が有ったこと。
・同時期に同じ推理物としてアナザーコードという佳作があり、そちらに注目が集まったこと。
・DSソフトにしては少々価格が高めなこと。
などが挙げられるでしょう。

もともと携帯アプリという制約の有る条件下で制作されてきた作品であるが故か、
システムや台詞回しが非常に洗練されておりとても遊びやすく仕上がっています。
登場人物の丸っこいグラフィックも、携帯アプリ時代の名残なのでしょう。
(いわゆる萌えなグラフィックでは有りません、大人向けですね。)
勿論完全な新作ですから、アプリ経験者はより楽しめるようになっていますよ。
(実は私もその一人です・・・。)

制約の有るハードでのオーソドックスな推理アドベンチャーといえば、
ファミコン時代のポートピア連続殺人事件ファミコン探偵倶楽部等を思い出しますね。
それらがお好きな方には特にオススメな作品です。
新しいところだとクロス探偵物語とか、(今は入手困難ですが)ファインセクションのPC向け作品群がお好きな方にもオススメです。

興味を持たれた方は公式ホームページに多数情報が有りますので、
http://www.genki.co.jp/games/kibu_kamen/off.html(音は出ません)
参照の上是非一度プレイしてみて下さいね!

余談ですが、
口コミでじりじり売り上げを伸ばし、とうとう売り上げ本数1万本を突破したとか。
やはり見ている人は見ているんですねぇ。



ブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/18-6a3eaf2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。