DEAD RISING(デッドライジング) その2 ロックマン参戦?

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
案外XBOX360の普及率を押し上げるんではないかと密かに期待しているカプコンの「血みどろゾンビうじゃうじゃゲーム」DEAD RISING(デッドライジング)
アメリカでは既に先行発売済みの作品だけにいろいろ面白い映像が出てきていますが、これは極めつけなんじゃないですかね?
なんとこの「成人限定残虐バイオハザード」デッドライジングに子供達のヒーロー「ロックマン」が登場するみたいです!
情報元 ゲーム&情報ブログ(SF&NF)さん

一応「18歳以上」推奨映像です。



うはー、ロックマンがゾンビの臓物引き抜いてるよ?!!

実際はこれ、主人公がロックマンのスーツ着てゾンビと戦っている場面だと思われますけど、手から弾を発射している時点で既に人間ではありません
アメリカでもロックマンは「MEGAMAN」という名前で子供たちに大変な人気が有りますので、これはまた思い切った事をしたものですね!
多少悪趣味過ぎる感じはありますけど、「GTA」が何百万本も売れるアメリカではこの位でちょうど良いのかもしれませんね。奴等は「狩猟民族」ですしね・・・。

これはおそらく「アメリカでのライトユーザー取り込み」の為のアイデアでしょう。そしてそれは功を奏したようで、2週間で50万本と爆発的には売れないアメリカにしてはかなりのハイペースでの売上に繋がっているようです。
日本でのXbox360市場はライトユーザーに行き着く以前の問題ですけど、こんな素敵な遊び心が有ると知れば、ついつい背中を押されて買ってしまうゲーマーは多いのではないでしょうか?
この作品が10万本以上日本でも売れれば、現在完全に死んでいる360市場もようやく機能し始めるのかもしれません。

今後「プロジェクト シルフィード」「カルドセプトサーガ」「アイドルマスター」「Trusty Bell?ショパンの夢?」といった日本人好みの大作ゲームが続々リリース予定ですし、なにより「ブルードラゴン」「ロストオデッセイ」という坂口博信氏プロデュースの360独占供給の大作RPGが控えております。
「乳ゆれ格闘」と「エロバレー」しか無かった旧Xboxとは比較にならないラインナップです。
今後の市場拡大の為の重要なポイントに、「デッドライジング」は位置しているのかもしれませんね。

関連記事 DEAD RISING(デッドライジング)  


追記

本日累計5万ヒットを達成いたしました!足掛け4ヶ月余りほぼ毎日更新を続けることが出来ました。
たまにつまらない記事も混ざるとは思いますが、出来るだけ有益な情報を早く発信していきたいと思います。
今後ともお付き合いよろしくお願いいたします。




ブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
50000ヒットおめでとうございます。

カルドやアイマスは、出せば必ず買う固定層がいますから、きっと本体の普及に貢献するはず。
ショパンとブルードラゴンにも期待大ですね。

ところで、いつもブログを拝見していて思うのですが、ほたるいかさんはソニーお嫌いなんですか?(笑)
2006/09/02(土) 06:15 | URL | かしなと #-[ 編集]
コメント有難うございました
魅力的なソフトが控えているXbox360ですが、一般層の認知度はまだまだ低いのが現状です。
(あんなにTVCM流したのに!)
そんな「360など眼中に無い」ユーザーに強烈なインパクトを与えて、今後につなげる役目を「デッドライジング」は担っていると思います。
「デッドライジング」自体が売れるとは思いませんけどね。


「ソニーが嫌い」というより「今のソニーには魅力を感じない」という感じですかね?
市場を寡占して特権を得た事による「負の部分」が目に付いてしょうがないのだから仕方ないですよ。
特に、内容の伴わない「イメージ戦略」(しかも2番煎じ)に頼ってばかりで、肝心の製品の質は劣化の一途とくれば失望するなというほうが無理でしょう?
顧客を馬鹿にするにも程があります。

それは「90年代の任天堂」にも「PC市場におけるマイクロソフト」にも言える事なのでしょうね。

だからこそ、90年代はセガが好きでしたし、今は一度地獄を見て復活してきた任天堂も好きになりました。
特に「岩田社長」に現場の実権が移ったというのは大きいでしょうね。
(山内氏もDSの2画面をアドバイスしたり、根幹の部分ではしっかりサポートしているようです。)

まあ単なる「判官びいき」なだけかもしれませんが。
2006/09/02(土) 09:03 | URL | ほたるいか #-[ 編集]
ピックアップありがとうございます。
実は今日ブログにあげる予定の
アメリカの売り上げが確認(しかも本数つき
というすばらしいサイトを発見!
で、デットライジングはまだ乗っていないのですが
他の海外や日本メーカーでも言われているほど
売れていない実情が発覚しているんですよね。
そんな中50万本はスプリンターセルに次ぐ
快挙になっていますね。

アメリカやヨーロッパの市場では彼らの趣向性にも
配慮しないといけないのは普通だとおもうので
いままでソレを怠ってきて海外の現地法人に
任せればいいという安直な流れになっているのが
残念です。(特にセガ。
セガは外注管理が最悪な時代とは比べ物にならない
躍進ぶりなのでまぁヨシとしますが(^^;
2006/09/03(日) 06:44 | URL | marukomu #-[ 編集]
結構意外ですね
「アメリカの週間ランキングを360が上位独占」とかいう景気の良い情報は何だったんでしょうかね?
アメリカではMGS以上に評価されている「スプリンターセル」に次ぐ売上というのは、とても喜ばしい情報なのですが。

あれほど好調を伝えられていたEA系スポーツゲームって実際はたいして売れてなかったんでしょうか?
まあ、本体の普及台数が少ないのですから「初動型」になりがちなのでしょうが、それにしても・・・。

あと「がんばれセガ」!
2006/09/03(日) 07:28 | URL | ほたるいか #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/201-44e9e246
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。