プレイステーション2が9月15日に値下げ!

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日、プレイステーション2の値下げが、各マスコミを通じて発表されました。
新モデル「SCPH-77000」シリーズとして9月15日に発売されます、価格は16,000円(税込)です。
色は「チャコール・ブラック」と「セラミック・ホワイト」の2種類です。

型番こそ違いますが、性能面や機能面は「SCPH-75000」との違いはないとのことです。
という事は「SCPH-75000」で発生したソフトウェアの互換性に関する問題もそのままでしょう、購入を予定されている方は一応目を通しておいてください。
ソフトウェアの互換性についてのページ

それにしても急な話で驚きました。
まず時期が中途半端です、PS3が発売される(はず)の年末あたりで値下げだとばかり思っていました、Wiiも牽制出来ますし。
価格も中途半端です、値下げ額4000円程度では余り安くなったようには思えません。
これではソフト1本分にもなりませんよね、せめて12000円くらいに出来なかったのでしょうか?

まあPS3の普及の見込みが立たず、ただでさえ作れば作る程赤字が膨らむ状況だというのに更なる値下げを強いられかねない状況ですから、少しでもPS2で利益を確保し続けたいという事なのでしょう。
苦しい台所事情が伺えます。

それにこの時期と価格、あきらかに「ポケモン発売」「DSLite本体の品薄」を意識しているのではないかと思います。
親子連れがポケモンを買いに店を訪れる→かろうじてソフトは有るがDS本体は売っていない→困った親御さんにDSより安くなったPS2本体購入を提案「家族全員で遊べますよ」→何割かのお客さんは買ってしまう
という流れを期待しているのかもしれません。
(ということは、本当はPSPを安くしたかったのかも・・・無理ですが。)

正直この値段では、Wiiを牽制することは不可能でしょう。
黙っていても売れる年末年始はこのままで、来年早々あたりにもう一度値下げが有るような気がします。勿論Wiiの勢いを殺す為です。
本当はPS3の実力でWiiを捻じ伏せるつもりだったんでしょうけどね・・・。

↓あと10日程で安くなると思いますので、その後の購入がオススメです。
早々と安くなりましたね、てか本当に安い印象!1万5000円を切ったのは大きいな・・・。



ブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いまいちかも
もう一頑張り欲しかったですね。
既に薄型は所有しておりますが(笑)。

あんまり現在の価格から下がってませんからね。
PS2より高性能なGCやXboxが10,000円を切って
いるのを見ると、やっぱり割高に思えます。

ライセンス料や普及台数を考えると、あまり
値下げ出来ないorする必要がないのかもしれませんけどね。
2006/09/05(火) 21:49 | URL | CROSS #-[ 編集]
自分も・・・
PS2の値下げをしないでもうけていた時期
が2000年ごろから数年続いているのを見て
「だめだねこりゃ」とおもった口なので
今回もきっと穴埋め代があるでしょうね。

昔の任天堂でも消費者にはハードで
儲けようとしたことが一度もない点は
ゲーム屋さんらしいポリシーがあったけど、
ソニーはそれすらないでしょうし。

自分はプレステからPS2に移行した人ではなく
セガ派だったのでPSブランド信奉が
いまでも神通力があるのかわかりかねます。
2006/09/05(火) 22:15 | URL | marukomu #-[ 編集]
やはり・・・
ソニーが現在置かれている状況の厳しさと、当面の敵の不在が、この価格に表れているのでしょうね。

ドリームキャストが当面の敵だった時期は、高性能機(実際はさほど差は無かった)PS2と低価格機PSoneで挟み込む作戦に出ましたからね。
おかげで売れば売るほど1万円赤字と言われた「19800円への値下げ」が全く功を奏しませんでした・・・。

今回は、とりあえず毛色の違う「DSLite」が相手なので、様子見程度の値下げのように思えます。

Wii相手にはもう1段階の値下げが必須でしょうけど、高性能機PS3が余りに高価過ぎてスカスカです。
これでは「それでもWiiのほうが良い」と思うユーザーが多数を占めるはずです。

あとは「Wii要らない」とならないよう、任天堂自身が頑張ればOKなんじゃないですかね?
そのへんは「DSとの連動」など、欲しくなる仕掛けが沢山用意されているみたいですから大丈夫だとは思いますが・・・。
2006/09/06(水) 00:40 | URL | ほたるいか #-[ 編集]
ありえない
>まあPS3の普及の見込みが立たず、ただでさえ作れば作る程赤字が膨らむ状況だというのに

これはありえない。PS3は間違いなく普及しますよ。
2006/09/06(水) 01:05 | URL | マグドリ #rN6YxnbQ[ 編集]
今の価格で
普及すると考えるのは、どう考えても無理ではありませんか?
「更なる値下げをすれば」普及の目も有りますが、それは記事の文中に最初から記入済みですよ~。

ただ、現状の価格でも赤字なんでしょう?だから早い段階の値下げは無理と思われますけどね。

まあ、普及にもいろいろ有りますからね。「64」や「サターン」のように「国内500万台」程度の販売台数でも「普及した」と言えなくはありませんからね。
ただし、PSP同様「ゲームソフトを全く買わない層」が生じるでしょうから、サードパーティにとっては地獄でしょうけどね。
2006/09/06(水) 01:55 | URL | ほたるいか #-[ 編集]
いや、売れるでしょう。
当初はDVDプレイヤーの置き換え需要で売れますよ。地デジのハイビジョンより画質の劣るDVDにお金を払いませんから結局BD再生環境が必要になり、映画ソフトは早期にBDに置き換わっていくでしょうね。現状の据え置き型ゲーム機のメインプラットフォームはPS2で間違いない。PS2ユーザーの多くはいずれはPS3を買いたいと思っているはずで今は値下げ待ちではないでしょうか? PS2の多くの人気作品の続編は全てPS3で出るでしょうし、HDになったことで全く新しい斬新なソフトも期待できますしね。PS3も今まで同様コストダウン戦略を取るのでいづれは買いやすい価格まで下がるはずです。2011年までに全世帯が地デジテレビを購入するわけで、世の中の流れがSDからHDに移行していく中で当然ゲーム機もHDに切り替わる。それを牽引するのがPS3です。恐らくPS3は最終的にはPS2以上の市場を作るでしょうね。
2006/09/06(水) 17:43 | URL | マグドリ #rN6YxnbQ[ 編集]
あのー
2011年の地上波停止時期は「次々世代機」の時代ですよ?
もしかしたらメディアも「次々世代DVD」が登場しているかもしれませんし、ディスクメディア自体が廃れてしまっているかもしれないんですよ?
そうなった場合、一番小回りが利かないのが「10年かけて普及させるつもり」のPS3なんじゃないですか?
まさか任天堂が未来永劫「HD対応」をしないなんて考えているんじゃないでしょうね?
だとしたら、まさに「片腹痛い」理論ですな・・・。

それと「スーパーファミコン」が96年半ばまで強大な勢力を保ちながら、わずか半年程度でほぼ市場が壊滅して、がらりと「プレステ」一色になったのを知っていますからね。
米国市場で「ジェネシス」を引っ張ってしまったセガも然り。
旧世代機を延命させる作戦は「諸刃の剣」とても危険な賭けですよ。

DSの大ヒットで「任天堂ブランド」が世界的に復活しようとしている現状を見てもなお、「ユーザーはPS3の値下げをじっと待ってくれている」と、自信を持って予測出来るとは、ある意味尊敬に値しますよ。

まあ高い時期に買う人がいて初めて「量産効果」が生まれるわけですが、
ファミ通の浜村氏ですらスタートダッシュは絶望的との見解なわけですしね。
身を削って大幅赤字を被るしかないのでしょうけど、それが可能なのであれば最初からもっと安く売るでしょう。

あとは「スペックダウン」位しか手は無いですが、それだと360に海外で完敗するのが目に見えてます。
本当に売れる未来が私には全く見えてきません・・・。


2006/09/06(水) 19:39 | URL | ほたるいか #-[ 編集]
いや、売れるでしょう。
>2011年の地上波停止時期は「次々世代機」の時代ですよ?

そもそもPS3の寿命は10年ですから2011年は丁度折り返し地点です。丁度売り上げが絶好調で先行投資の回収も終えて収穫期に入っている頃です。当然次々世代機も考えているでしょうがまだ先でしょう。

>もしかしたらメディアも「次々世代DVD」が登場しているかもしれませんし、ディスクメディア自体が廃れてしまっているかもしれないんですよ?

「次々世代DVD」とはホログラムディスクのことをおっしゃっているのですか?
まさかたった5年で次世代DVD市場がなくなるとでも?
ディスクメディアに関しては当分続くと見ています。映像配信だってまだSDの市場さえ立ち上がってない状況ですし、ましてやHDの配信はより帯域が圧迫されるのでビジネスになるのはまだまだ先の話だと思いますよ。

>まさか任天堂が未来永劫「HD対応」をしないなんて考えているんじゃないでしょうね?

任天堂がHD対応機を出す予定なのは分かってますよ。でも今年Wiiを出すのに早期にHD機をだすでしょうかね? Wiiは相当売れると思ってますから、任天堂のHD機は出すとしても相当先でしょうね。早くても5年後でしょう。その頃はPS3のシャアが圧倒的で任天堂のHD機は勝ち目がありません。

>それと「スーパーファミコン」が96年半ばまで強大な勢力を保ちながら、わずか半年程度でほぼ市場が壊滅して、がらりと「プレステ」一色になったのを知っていますからね。

PSがSFCに比べて革新的な遊びを提案できたからでしょう。PS3はHDになったので今までと全然違う「革新的な遊び」を提案出来るはずです。今回はゲームビジネスが始まって以来の大きな変革ですよ。

>旧世代機を延命させる作戦は「諸刃の剣」とても危険な賭けですよ。

PS3の初期価格が何故高いか分かってます? 10年間通用する為には最先端のテクノロジーを詰め込まなければ駄目で相当無理して搭載したんでしょう。BDやCellは「革新的な遊び」を実現する為に必要なテクノロジーです。

>DSの大ヒットで「任天堂ブランド」が世界的に復活しようとしている現状を見てもなお、「ユーザーはPS3の値下げをじっと待ってくれている」と、自信を持って予測出来るとは、ある意味尊敬に値しますよ。

DSが売れたのは2画面とタッチパネルによる使いやすさの提案が評価されたからでしょう。ユーザーはPS3の値下げを待たずにWiiに流れるとおっしゃるのですか? WiiのライバルはPS2です。PS3ではありません。現在のメインプラットフォームはPS2です。Wiiに比べて7年のアドバンテージがありソフトも豊富にある。この差は大きい。Wiiは初心者をターゲットにしているわけですが、今回のPS2の値下げで初心者はWiiではなくPS2を選択するのも十分考えられますね。またWiiが売れたとしても元々ターゲットが異なるのだからPS3の売れ行きにあまり影響が出ないでしょう。今後HDの時代になるのは間違いない。その時にWiiがHD表示出来ない事は致命傷になると思います。HDはマニアだけのものではありません。初心者もHDを買うんですよ。国民全員がHDの恩恵を受けることになるんです。

>まあ高い時期に買う人がいて初めて「量産効果」が生まれるわけですが、ファミ通の浜村氏ですらスタートダッシュは絶望的との見解なわけですしね。

そもそもPS3は高いのでそう数が出ないでしょうから、値段が下がる来年以降からPS3の販売に力を入れていくということみたいですね。それに初期に売れなくても問題ありません。PS3は値下げ余地が大きくCellも集積度を高めてコストダウンしますし汎用部品はPC用の流用なので勝手に下がるでしょう。BDドライブやレーザーもBD市場の拡大と共に急激に下がり今のDVD並になるでしょうね。PS/PS2の互換機能はハードからエミュに切り替えますしPS3の初期販売が低迷しても十分コストダウン出来ると思いますね。生産計画は当初の予定通り本年度600万台で元々は750万台用意するつもりだったそうでこれだけでも量産効果が出ますよね。そのファミ通の浜村氏もゆくゆくはWiiもPS3も同じくらい売れると予想していますよね?

>身を削って大幅赤字を被るしかないのでしょうけど、それが可能なのであれば最初からもっと安く売るでしょう。

PS3の発売日を1年延期すれば最初から多少安い価格で発売出来た可能性はあります。それをしなかったのは、どうしても今年出さなければならない何らかの理由があったのでしょうね。

>あとは「スペックダウン」位しか手は無いですが、それだと360に海外で完敗するのが目に見えてます。本当に売れる未来が私には全く見えてきません・・・。

HDDを外すとか基本性能を落とさない程度でのスペックダウンはあり得ると思います。
2006/09/07(木) 18:57 | URL | マグドリ #rN6YxnbQ[ 編集]
手前味噌の極みだなあ・・・
PS3が「安価で提供される」次世代機と、「5年後のテクノロジー(及びメディア環境)で提供される」次々世代機の両方を相手にしなければならない(しかも強大な2社)設計思想な時点で相当不利なのは疑いの余地が有りません。

何故そんな無理をしたのか?「ブルーレイディスク」の普及と、それに伴う多大な利権が目当てだからです。
コピー問題に悩む映画業界を自陣営に引き入れるための餌としての「早過ぎるゲーム機への搭載」だったわけです。
そこには「ゲームユーザーの為」という視点は皆無と言っても良いでしょう。
その結果導き出されたこの価格です。E3での大ブーイングでソニー自身ようやく気づいた節もありますが、そうそう簡単に方針転換できるはずもなく、にっちもさっちもいかないというのが現状なんじゃないですか?

それとね、大量に生産して倉庫に積み上げても、量産効果は産まれませんよ。
家電に載せると意気込んでいた「CELL」も、あの消費電力と高熱では当面現実味はゼロですしね。

まあせいぜい、いつになるかわからない「大幅値下げ」を首を長くして待っていてください。
(本当は、あなたのような方々が高い時点で買い支えなければならないんですけどね・・・。)

まあ、自サイトの記事に賛同・共感コメントが一切書き込まれない時点で、一般ユーザーの意識と相当に乖離してしまっている事実に気付かなきゃいけないね~。
2006/09/07(木) 21:54 | URL | ほたるいか #-[ 編集]
PS3の敵はWiiではないです。WiiはGCの焼き直しなので一世代前のレベルですからWiiの敵としてはPS2が妥当と言うことになります。今回のPS2の値下げはWiiの出鼻をくじくには丁度いい感じになりました。Wiiに比べてPS2のソフトは豊富にありしかも良作揃い。中古ソフトも然り。値段もPS2の方が安いのでWiiとPS2の闘いではPS2の圧勝でしょう。7年のアドバンテージはでかいです。
一方、PS3が将来闘うべき敵は任天堂のHD機になるわけですが、こちらも5年以上のアドバンテージがありソフトの数にしてもハードの普及台数にしてもPS3が圧倒的になっている筈ですから、まず勝ち目はないでしょうね。Xbox360の次はMSのお金のかけ方によっては脅威になりそうですけど。
BDの利権については仰る通りかもしれませんね。MGMを巨額な5500億円で買い取ったのもソニーの体力から考えても相当痛かったはずですし。ただ、コンテンツは非常に重要なのですよね。ソニーには音楽、映画などのコンテンツが豊富にあり、コンテンツビジネスでは優位に立てます。任天堂やMSがソニーに負けないだけのコンテンツを自前で用意できるのでしょうか? 版権ビジネスは巨額の利益を生むので重要ですよ。PS3はその巨額なビジネスの要になります。あとCellに関してですが米軍の核兵器開発に転用されるようですね。ビジネス規模は分かりませんが恐らく巨額になるでしょう。Cellへの巨額投資も多方面への展開を考えての事だったのですね。
それと自分のブログですが外部への宣伝活動は一切してないので書き込みがないのは当たり前です。これを「一般ユーザーの意識と相当に乖離してしまっている」と言われるのは心外ですね。
2006/09/08(金) 18:50 | URL | マグドリ #rN6YxnbQ[ 編集]
だからさ・・・
何か言いたい主張が有って、それに絶対的な自信が有るのであれば、自分のブログの中でやりなさいってこと。
他人のブログのコメント欄は「2ch」ではないという事をお忘れなく。
必要ならば宣伝したらどう?その前に「毎日更新」するほうが先かな、それだけである程度の常連さんは来てくれますよ。

「WiiはGCの焼き直し」と軽視するのはまさに「任天堂の思う壺」
任天堂は、「最新技術の粋」をWiiに注ぎ込んでいますよ。

君みたいなのばかりが相手だったら、本当に楽だな。
2006/09/08(金) 21:00 | URL | ほたるいか #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/09/08(金) 21:27 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/09/09(土) 04:49 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/205-45836081
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。