「Xbox 360 コア システム」が日本でも発売へ

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マイクロソフトから発売のゲーム機「Xbox360」の製品ラインナップとして、『Xbox 360 コア システム』が加わることが明らかになりました。
発売日は11月2日で、価格は税込29800円です。
情報元 ゲーマーホリックさん

Xbox 360 コア システム 発売記念パック Xbox 360 コア システム 発売記念パック

マイクロソフト 2006-11-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

従来のタイプに標準装備されていた20GBHDDが省かれていますので、ゲームを快適に進めるためにもメモリーユニット(64MB)は必須でしょう。
Xbox 360 メモリーユニット(64MB) Xbox 360 メモリーユニット(64MB)

マイクロソフト 2005-12-10
売り上げランキング : 509
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

海外では発売当初からラインナップされていた「コアシステム」が、とうとう日本でも発売されますね。
日本ではとにかく「Xbox Live」の優位性をアピールしたかった為か、HDD等標準装備の上位セットのみを本国アメリカより安く販売するという策に出たマイクロソフトでしたが、結局いまのところ功を奏しているとは言えません。
そこで、この廉価版セットの発売です。それだけだとアメリカのユーザーから大ブーイングが起こりそうですし、おそらくアメリカでも50ドル程度の値下げの目処が立ったという事なのでしょうか?

発売記念のソフト2本(「ナインティナイン・ナイツ」と「PGR3-プロジェクト ゴッサム レーシング 3-」)同梱版はともかく、その後に出回るセットにお買い得感は特にありませんが、まあ「LIVEに接続する気の全く無いユーザー」には良いのかもしれません。
特に「ブルードラゴン」や「ロストオデッセイ」のみが目当てのユーザー にとっては、1円でも安く買えるというのは喜ばしい事でしょうしね。

また、廉価版シリーズ「Xbox 360プラチナコレクション」も11月2日から発売されるそうです。
第1弾としては、「ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド」「ランブルローズXX」「エブリパーティ」「PGR3-プロジェクト ゴッサム レーシング 3-」「ナインティナイン・ナイツ」の5タイトル。価格は、すべて2940円(税込)とのことです。
悲惨な売り上げに終わったはずの「エブリパーティ」が入っているのは、本当にライトユーザーを取り込みたい気持ちのあらわれなんだろうなあと思います。

ハードのスペックの高さは勿論理解していますが、所詮ゲーム機です。目先の価格はかなり下がりましたがまだまだ高いと感じます。
例えば「コアシステム」と「ブルードラゴン」と「メモリーユニット」を同時購入すれば、4万円を若干超えてしまいます。ライトユーザーにとってはまだまだ躊躇してしまう高価格といえます。
ただ「ブルードラゴン同梱版コアシステム」なんてものが発売されれば、少しは変わってくるかもしれませんね。

あと意外にハード普及に貢献しそうなのが、「Xbox 360 HD DVD プレーヤー(仮称)」です。
目先の本体価格を下げてきたのは、実は「HD DVDプレーヤー」需要を見越してのものかもしれません。
もしも2万円程度で発売されれば、コアシステムと合わせて5万円程度で「ゲームも遊べるHD DVDプレーヤー」が手に入るわけで、6万を超えてくるPS3のBDプレーヤーとしての価値を大いに牽制することになるでしょう。
「HD DVD陣営」にはアニメ作品として今年一番の話題作となった「涼宮ハルヒの憂鬱」の権利を所有している角川書店がいますので、マニア層おたく層が中心となる初期需要もかなり見込めますからね。
マイクロソフトは「家電屋」ではありませんから「HD DVDプレーヤー」をしゃかりきになって売る事は無いとは思いますが、ライバルであるソニーが易々と利権を手にするのを指をくわえて眺めることも無いでしょう。



ブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
これって・・
通常版が終了する予定ですよね。
となるとハードディスクHDMI OR 
パソケーブルで42000円に・・・
実質値上げ??な所もチラリ。
普通のゲームをやる人だったら
本体+ブルードラゴンというチョイスも
いけますけど、セーブのメモリーカードが
ひつようだから・・・・
また特別パックでも出してくれれば
いいですけどね。
2006/09/10(日) 19:53 | URL | marukomu #-[ 編集]
えっそうなの・・・
通常版が販売終了ということになれば、確かに実質値上げですよ・・・。
まさかそんなことはないと思いますけど、決定するのはマイクロソフトですし何とも言えません。

ただ、海外ではもともと「通常版」と「コアシステム」の2本立てで売っていたわけですし、360の最大の強み「Xbox-LIVE」を活かすという意味からいってもメインは「通常版」なはずなんですけどね。

勿論、将来的にHDDの価格が大幅に下がってくれば話は別ですけどね・・・。
2006/09/11(月) 04:28 | URL | ほたるいか #-[ 編集]
ファミ通の記事を
ちょっと勘違いしていました=3
コアシステムソフト同梱版が終了とのことですね。

PS3があのような惨事になったから
マイクロソフトも売れるか売れないかを
見越して本体価格を下げてくるのでしょうね。

・・・ということはPS3が順調に量産体制されて
売れ出したら来年3月頃値下げ!
は深読みしすぎかも。





2006/09/11(月) 14:23 | URL | marukomu #-[ 編集]
安心しました
PS2にしてもそうですが、年末商戦前に価格破壊する必要はありませんし、他機種の牽制の意味合いが強いのでしょうね。
360の場合は米国ユーザーの監視の目も光っていますしね。
焦って安くしすぎても「負けハード」の印象が強くなりますし、様子を見ながら段階的に落としていくのでしょう。
マイクロソフトは軍資金だけは潤沢に持っていますからね。

だけど「ブルードラゴン同梱版コアシステム」が29800円なら買ってしまうかもしれません。
つまらくても早いうちなら20000円以上で売れるでしょうしね。
(でも自室のテレビは14型なんだなあ・・・。)
2006/09/11(月) 15:28 | URL | ほたるいか #-[ 編集]
ハルヒ
角川というか日本の次世代DVDに関して両方をサポートしないのは、BDのみに出すジブリ(他ブエナビスタ物)だけです。
2006/09/26(火) 19:01 | URL | URL #PWMB1LIo[ 編集]
以前そういう話を聞いていましたが、古い情報だったか・・・。
これは勉強になりました。
2006/09/26(火) 19:19 | URL | ほたるいか #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/210-5847b58f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。