ゲーム機をリビングに「持ち込みたい」と「思わせる」Wiiのアプローチ

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「社長が訊く Wii プロジェクト」は、Wiiの全容があきらかになった14日から「Vol.3Wiiチャンネル編」が開始されました。
そこでは、もしかしたら現行機「ゲームキューブ」次世代機「Wii」の一番の差別化要因かもしれない「Wiiチャンネル」について触れられています。
第1回 「家族全員に触ってもらうこと」
第2回 「ゲーム機とユーザーの関係を変える」

ここではゲーム機「Wii」のもう一つの顔、セットトップボックス(STB)としての「Wii」が語られています。
(セットトップボックスとは、テレビに接続して様々なサービスを受けられるようにする機器の総称です。テレビの上に置いておくことが多いことからこう呼ばれます。)

PS3あたりは将来の夢として、さらに能動的に外出先から命令を出せたりする「ホームサーバー」の構想を持っていますが、現在のインフラ状況から考えると厳しいです。なにより消費電力が大きすぎて常時接続自体がためらわれます、まさに「絵に描いた餅」ですね。
その点任天堂の「Wiiチャンネル」構想は地に足が付いたものです。基本的には情報を受ける機能に特化しており、能動的な機能を無理に組み込んではいません。
その事が、スタンバイ電力程度で24時間機能し続ける「WiiConnect24」と上手くマッチしていると思います。

「Wii」は、ゲーム機としてはこれまでの「任天堂」のイメージ(子供っぽい、アクションゲームばかり等)を引きずっています。
引きずっているどころか、今までの機種で一番アクション寄りと言えます。順当に考えれば「個室(子供部屋)」のTVに接続されてしまうでしょう。
しかしそれでは、任天堂の目指す「家族全員に親しまれる」ゲーム機の地位はとても得られません。
それを打破して、リビングに設置してもらい「家族全員」に触れてもらう為の肝となる機能が、この「Wiiチャンネル」なのでしょうね。
つまり、「せっかくだから家族全員で使わないと勿体無いぞ」と思ってもらう事で、結果的にリビングのTVに設置してもらう率が高まるというわけです。(仮に最初は子供部屋に置かれたとしてもです。)
最初は天気予報をチェックするだけだったお母さんが思わずゲームに触れてしまったり、DS同様にゲームに全く興味の無い人がゲームに親しむ機会も増えると予想できます。

これは「HD画質に対応するゲームを出す、HD画質の映画もBDで観れる、大きくて重いから置ける場所も限られる。結果として(消去法で)大画面テレビの有るリビングに置くしかない」という手法をとろうとしている「PS3」とは正反対のアプローチです。
このPS3流の手法でも、ゲームに興味の無い人がゲーム機に触れる可能性は高まります。しかしその後の受け皿を用意出来るのかは非常に疑問です。
なにより、あの旧来のコントローラでは手に取ってもらうこともままならないでしょうね・・・。
結局たまに映画を観るのが関の山でしょう。

本当に良く考えられている「Wiiチャンネル」と「WiiConnect24」ですが、大きなネックも存在します。
それは、サービスの恩恵を受けるには「無線LAN環境」の構築が必須だという事です。
未だ無線LAN環境どころかブロードバンド環境すら存在しない家庭も多いです。そんな家庭にとって電源投入後に毎回表示される「Wiiチャンネル」は、全く鬱陶しい表示でしかありません。これにどう対応してくるのでしょうか?

私はここに、「意外なほど高かった小売価格」と「予想以上に遅れた発売時期」の秘密が隠されているのではないかと考えています。
つまり、「どこかの通信会社と提携してWii購入と同時にブロードバンドと無線LANを導入するパック」を検討しているのではないかという事です。
その為に若干小売価格に余裕を持たせたり、発売時期を遅らせて万全の準備を整えているのではないかと思うのです。

というのも、今回のインタビューが余りにもインターネット接続を前提に語りすぎなんですよ。何の考えも無しで普通はここまで語れないと思うんですよね。
「ポケモンDS」の発売によって、各家庭の無線LAN環境への欲求は急激に高まるはずで、その受け皿として「Wiiと無線LANのセット」を売り込もうというわけです、ありそうな話だと思いませんか?
今回の記事は、あくまで私の妄想に過ぎません。しかし最近の任天堂の策の的確さを考えると、ここまでやっておかしくないんじゃないかと密かに期待しています。
もし本当に実現すれば、これは痛快ですよ!歴史が変わる瞬間になるかもしれませんね。

ブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Wiiはどうなるのか
>「Wiiチャンネル」構想は地に足が付いたもの
Wiiって飛び抜けたコトをやっているようで、結構堅実的な所もありますよね。
チャレンジはするものの、決して大きな無茶はしない感じです。

>ネット接続
Wiiの機能を最大限生かすには、ネット接続が必要です。
となると、現在ネット環境の無い家では導入までに手間がかかります。
その手間をかけるだけの価値があるサービスだ、と上手くアピール出来れば良いんですけど。
仰るとおり、「プロバイダ介入でWiiを安く提供」とか出てくるかもしれませんね。

でも無線環境でなくとも大丈夫だと思いますよ。有線用のUSB変換コネクタが出るようですし。
WiiのUSB端子に変換コネクタを付けて、そのコネクタにLANケーブルを接続するという形であれば良いのですが。
2006/09/16(土) 09:29 | URL | CROSS #-[ 編集]
インターネット接続に関しては
未だ語り尽くされていない秘密が隠されているように思うんですよね。
例えば、有線接続した場合にはDSとの無線接続(これは確定)だけでなく、汎用性の有る「無線LANポート」としての機能も付加されるとかね。

一般家庭内の通信環境を一変させるような「隠し玉」が有るように思えてなりません。
そしてそれこそが、「さほどゲームに興味の無い家庭も思わず買ってしまう」理由付けになるのではないかと思います。
2006/09/16(土) 12:50 | URL | ほたるいか #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/218-46d2afba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。