THE EYE OF JUDGMENT

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大作ゲームの続編と言えば聞こえは良いが、要するに「既存のゲームの豪華版」ばかりで全く興味をそそられないPS3向けソフトですが、一つだけ将来への可能性を感じさせる作品があります。
それがこの「THE EYE OF JUDGMENT」です、ジャンルはカードゲームです。

SCE 「THE EYE OF JUDGMENT」公式サイト
GyaO ファミ通ギャオス ♯00 アメリカザリガニ、SCEであの次世代機に触れる?! 

20060825_27_01.jpg
20060825_27_06.jpg



カメラに実際にカードをかざす事でカードに描かれたクリーチャーが出現し、それらを実際に画面上でバトルさせることが可能です。
詳しいルール等は不明ですが、「東京ゲームショー」でプレイアブル展示されるようですので、徐々にあきらかになるでしょう。
おそらく「オンライン」には対応させてくるでしょう、というかそうでなければ出す意味が無いでしょうしね。

ロンチ付近で発売されるとすれば、Wiiの「ポケットモンスター バトルレボリューション」360の「カルドセプトサーガ」との競合が予想されます。正直いろいろな意味で苦戦を強いられるでしょう。
中でも一番のネックは価格ですね、カメラ同梱でしょうから1万円は楽に超えてくるでしょうね・・・。

PS3の持つ「圧倒的な処理速度」と「アイトーイとの連動」という利点を活かしつつ、「コントローラが振動しない」という欠点を意識させないソフトで、しかもSCE自身が開発するオリジナル作品という、戦略的に重要な位置を占めるソフトと言えます。
PS3の初期ユーザー層(生活に余裕のある若い男性?)の興味を惹くソフトとは思えませんのでおそらくは売れないでしょうが、今後のソフト開発に繋がる重要な作品だと思われます。

この作品のシステムを応用すれば、非常に参加する敷居の低いゲームを作れます。PS2では「大味な実写取り込みアクションゲーム」という感じの作品ばかりだった「アイトーイ」を使った作品が繊細になってくるというのは大いにプラス材料でしょう。
とはいえ、サードに冒険できる体力はおそらく有りませんから、SCE自身が積極的に道筋を作っていく必要が有るでしょうね。

逆に言えば、こういう形の新機軸なジャンルを開拓していかなければPS3に未来は無いでしょう。
十分綺麗な映像が出せていたDCがPS2に全く歯が立たなかった理由を思い出してみてください。
SONYお得意の情報操作が功を奏したという面も有りますが、最大の理由はPS2が発売前から「決戦」で示した「群の制御」が出来なかったことで「映像が綺麗なだけの旧世代機」というレッテルをユーザーにも貼られてしまった事にあると思います。
360がアメリカ以外で大苦戦している理由も同様です。「デッドライジング」のように桁外れの数のゾンビが湧いてくるような驚きがなければ、ただ単に「映像が綺麗なだけの旧世代機」です。
結局「HALO3」をキラーソフトと認識している地域以外では、とりあえず買う価値無しと判断されてしまっているのでしょう。

最高性能であるはずのPS3が同様に「映像が綺麗なだけ」とユーザーに判断されないと何故言いきれるでしょうか?少なくとも消費者の多くは性能が劣るはずのWiiのほうに、より「新しさ」を感じるはずです。
「FF13」が独占だから大丈夫なのでしょうか?しかしこの作品はサードパーティである「スクウェア・エニックス」の作品です。ハードの普及状況によってはどうなるか全くわかりません。
なにしろもともと「PS2向け」に作られていた作品ですからね、多少は劣化するでしょうがWiiでも十分動かせます。
(実際マルチ展開されるという噂も既にあります。)

だからこそこういう玉砕覚悟の試みが必要になってきます。
とにかくファーストであるSCEがもっともっと頑張らないとね、ハードだけ作ってしまえばあとはサードが勝手に頑張ってくれて大儲けなんてうまい話は世の中に無いと思いますよ。



ブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/221-48de17c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。