任天堂「Wii」の北米ロンチ市場に100万台を投入!

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次世代機戦争第1ラウンドで、まずは任天堂の強烈な一撃が放たれました!
なんと北米のロンチ(ハード発売と同時期)に100万台もの数の本体を用意してくるというのです!
情報元 ゲーマーホリックさん ゲーム&情報ブログ(SF&NF)さん

対するSONYのPS3は量産体制に未だ入っておらず、最大でも40万台(実際は30万台程度?)しか出荷できません
この差は歴然です。勿論Wiiが易々と100万台売り切ってしまうとも思えませんが、一番注目を集めるロンチの時期に潤沢な供給体制をとれるというのは本当に有利です。
丁度2年前の「PSP」と「DS」のロンチを思い出しますね。
当時非常に人気が高かったのはあきらかに「PSP」のほうでしたが本体の供給が追いつかず、力作がロンチのみに集中していたことも手伝って、上手く波に乗れぬまま失速。
逆に「DS」のほうは人気はさほどではありませんでしたがロンチできちんと本体を供給出来たことで「先行逃げ切り」の形を作り出し、後の「nintendogs」「脳トレ」の登場に繋げることに成功しました。

「GC市場」を切り捨ててまで延期してきたこの日の為の取っておき「ゼルダの伝説トワイライトプリンセス」は、日本よりむしろアメリカ向けの作品ですから、今回のロンチで「Wii」の販売数が「PS3」を下回る事はまずありません
そして、このことは当然ニュースとなって全世界に配信されるでしょう。
これは「右へならえ」な性質が強い日本人には特に大きな影響をもたらすのではないかと思われます。
(やはり「Wii」のほうが売れるんだという確信を持つ人も多くなるでしょう。)

任天堂は、米国市場ではとりあえず「正面から力で捻じ伏せる」作戦に出たようですね。
既に数百万台普及している「Xbox360」とは殆ど客層やタイトルが被らないというのも大きいですね。マニアは両方買うようですし。
その点客層もタイトルも大きく被るうえに高価格な「PS3」は本当に苦しい状況です。

とりあえず第1ラウンドは「任天堂が強烈なストレートでSONYからダウンを奪った」という感じになりそうです。
勿論先は長いですから全く予断を許しませんが、とりあえず先行しなければ逃げ切る事も出来ない訳ですから、スタートダッシュは成功するに越したことはありませんよね。

そして、日本でも全く同じ作戦をとってくるでしょう(その為の発売延期でしょうし)、果たして通用するのか見ものです。
順当に売上を伸ばしそうに思える反面、やはりソフトラインナップがアクション系に偏りすぎている事が大きな不安材料です。
アメリカ市場ではそれで良くても、日本市場だとそうは行きません。
思考系の大作ソフトは来年2月発売予定の「ファイアーエムブレム 暁の女神」くらいしか目ぼしいタイトルが無いのが現状で、これがRPG大好きな日本のユーザーにどう受け取られるかは大きな懸念材料と言えるでしょう。

そういう面では「ブルードラゴン」「ロストオデッセイ」というファイナルファンタジーの生みの親「坂口博信」氏監修のRPGのリリースを控えている「Xbox360」のほうが数段魅力的にも映ります。
ですから、その手のタイトルの情報は惜しみなく出して欲しいです。独占タイトルになるであろう「タクティクスオウガ」「ファイナルファンタジータクティクス」「ベイグラントストーリー」のプロデューサー「松野泰己」氏の作品の情報は特に重要でしょう。

「詰めの一手」を誤らないよう、細心の注意を払ってもらいたいものですね。



ブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
発売日
本体を量を整えるために発売日を
伸ばした可能性が一番高そうですね。
北米でもはやければ10月にでも出せそうという
コメントは本当だったような。
日本の場合はタイミングっぽい。
発売されたインパクトをそのまま持続して
ポケモンとの競合にならない時期に発売という
思惑がありそうな予感。
2006/09/27(水) 08:49 | URL | marukomu #-[ 編集]
なるほど・・・
自分は余り興味ないものですから「ポケモン」の存在を忘れていました。
確かにポケモン発売後一定期間必要ですよね、DS本体が品薄なのだからなおの事です。
(ようやくDS本体を買えたと思った直後に「Wii」をねだられたらたまらない・・・。)

12月ならクリスマスまで待たせたりお年玉で買わせたりも出来ますもんね。

>本体を量を整えるために発売日を
>伸ばした可能性が一番高そうですね。
やはりなんといってもこれが一番の理由なのかな?
2006/09/27(水) 10:53 | URL | ほたるいか #-[ 編集]
北米の状況は余り詳しくありませんが、
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601204&sid=a1UC1SdaKqRk&refer=technology
ここの情報によるとPS3のプロモーションに3000万ドル投じてPS2の5倍の規模の15,000台を用意するそうです。このデモブースは恐らく1080PのフルHDTV(BRAVIA Xシリーズか?)を使うでしょうね。TGSでもフルHDTVをPS3の展示に使っていたようですから。TGSでは高画質を前面に押し出す方法が成功し、PS3ブースは殺人的な混雑具合だったそうですが、アメリカで消費者が高画質に飛びつくかは分かりません。おっしゃるように年末商戦ではPS3の出荷台数が少ない為に、他社に差を付けられるでしょうが、来年以降はどうなるか分かりませんよ。アメリカは本場ハリウッドで映画人気ですからPS3をBDプレイヤーとして選択する消費者が多いと思われます。
2006/09/28(木) 18:30 | URL | マグドリ #rN6YxnbQ[ 編集]
意外にも
Wiiのメインターゲーットは「アメリカ市場」なのではないかと思います。
(当初は「日本向け」と思われていましたよね。)

アクションゲームに大きく偏ったソフトラインナップは、米国でそれなりの結果を残した「64」を髣髴とさせるもので、いかにもアメリカ人好みと言えます。

嫌でも注目を浴びるロンチ時期に潤沢な数のハードを供給できるというのは相当な強みです。
また、360とPS3に注力する方針と思われていた米国ソフトメーカーが次々とWii側になびいているというのも、今後大きいと思われます。

PS3は現状の「499ドル」という価格を引き下げる事が出来るかが大きなポイントです、
それがかなわなければ、米国ゲームファンの合言葉「Wii60」というムーブメントは生き続けてしまうでしょう。
株価の低下を見るに日本での価格引き下げだけでも経営を相当圧迫していると思われますので、「切りの良い」499ドルを更に引き下げる事はかなりきついのではないかと思われます。

逆に日本市場では、価格面の優位性がかなり薄れてしまった為、Wiiに残ったのは「ゼルダ」だけになってしまった印象です。
子供向けの需要もロンチからいきなり売れるというものではありませんし、高齢者や学生の為の「簡易PC」需要もまだまだ告知不足の感があります。
このままでは、潤沢にハードを用意したものの「小売店に山積み」という状況にもなりかねず、さらなる一手が必要となってきました。
特に不足しているRPGタイトルを補うという意味でも「松野RPG」に課せられた責任は非常に重いと言えます。

「マリオ・ゼルダ専用機」となってしまった64の悪夢を再現させない為にも、今後岩田社長の手腕が問われてくると思われますね。
2006/09/28(木) 22:25 | URL | ほたるいか #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/231-897c51b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。