小売の支持を集める任天堂ハード

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネタの新鮮さも手伝ってか、ネット界隈では「PS3」や「Xbox360」に追い風が吹いているような論調が目立ちますが、小売関係者の反応はかなりシビアなようです。
現実的に今年の年末商戦で期待できるハードとして、「ニンテンドーDS」と「Wii」に注目が集まっているようですね。
情報元 わぱのつれづれ日記さん

10年ほど前には、任天堂の「初心会流通」が小売から散々嫌われていたことを思うと隔世の感があります。
「ポケモン」「ラブ&ベリー」「ドラゴンクエストモンスターズジョーカー」というビッグタイトルを抱える「DS」は当然として、未知数な「Wii」も支持されているのは興味深いですね。
これは、どうしても「前例主義」「保守的」になりがちな(生活が懸かっているのだから当然!)小売の意見の特徴と言えるでしょう。
「DS」と無線で繋がることで双方の遊びの幅が拡がる「Wii」にも、DS同様の期待を寄せているという事でしょうね。
まあ「DS」と「PSP」の時には「PSP」の支持のほうが高かったらしいですから、この結果が即「次世代機戦争」の結果につながる訳ではありませんが、売り場のレイアウトなどでかなり優遇されたりするメリットは大いに期待できます。

逆にSONY期待の「PS3」は、もはや死に体の「Xbox360」並みの支持しか得られてません。これにはいくつかの理由が考えられます。

最大の理由は、出荷台数の少なさでしょう。
初週わずかに10万台の出荷しかされず、その後もメインマーケットの北米と出荷を分け合う形で品不足は続きます。
しかも、その全てが小売に回る訳ではなく「プレイステーションドットコム」や「アマゾン」といったネット通販に相当数が割り当てられるのは確実で、実際に小売が扱える数は1店舗あたり数えるほどでしょう。
(自前でネット直販していないことも、任天堂支持の理由のひとつでしょう。)

ユーザーには歓迎された値下げも、小売にしてみれば「売上額及び利幅の減少」につながるわけで決して歓迎すべき事態ではありません。
メーカーに「痛みを共有しましょう」と言われて「はいよろこんで」と答える人は少ないはずです。
飛ぶように売れる価格にまで下がったのなら話は別ですが、「本体のみで5万円」というのは未だ簡単に手を出せる価格とは言えません。
価格上昇の理由の大きなひとつ「BD再生機能」なんて、多彩な商品を扱える大規模店舗ならともかく、小規模な「ゲーム専門店」にとっては全く不必要なものでしかありませんしね。

ハード自体がかなり大型(5kg以上)で、店頭から持ち帰る人自体が限られてくるというのもあるでしょうね。
(無料配送のシステムを持つ量販店は別ですが・・・。これは「初代Xbox」でも散々指摘されていましたね。)

ゲーム機を2台買う人というのはそんなに多くありません、特に据え置き機の場合は顕著です。
「PS3」の普及を固く信じる層は、だから「PS2」が売れ続けて「Wii」は売れないという事にしたいようですけど、現場で働いている人々は「Wii」を売りたくてしょうがないわけですよね。
この辺はどう転ぶか本当に見ものです。
もしも実際に「Wii」が売れてしまったら、他の据え置き機の普及の余地は相当狭まってしまうでしょう・・・。

ただし、小売が売ろうとすれば必ず売れるわけではありません。特に価格面では「Wii」も意外に高価です、特にみんなで遊ぶ場合に必要不可欠な別売りコントローラが高いです。
子供向けやファミリー向けに偏ったソフトラインナップも余り感心しません。新ハードに真っ先に飛びつくであろう、新しい物好きで財布の紐の緩い層が「Wii」を欲しがるかどうかは微妙です。
これらを乗り越えて確実に普及すると断言するには、未だ決め手不足と思われます。
「ゼルダ」「マリオ」以外の大作ソフトが一刻も早く姿を見せる事が待たれますね。
(そういえば「飯野賢治」氏は一体何してるんですかね?)

ブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Dの食卓2
>(そういえば「飯野賢治」氏は一体何してるんですかね?)

そう言えば有楽町で開催されたD2の発表会は面白かった。あれはDC本体初公開だったから野次馬が殺到して会場に入りきらず、暴動になりそうな勢いだった(汗)。

そういえば飯野賢治氏が製作中のWiiの新作は順調とか噂がありますね。氏の作品には興味があるのでもし出たらこの作品の為だけにWiiを買いたいと思います(笑)。
2006/10/01(日) 15:14 | URL | マグドリ #rN6YxnbQ[ 編集]
>有楽町で開催されたD2の発表会

1万人を集めたんでしたっけ・・・売れたソフト数の10分の1ですよね・・・。
私自身も、新品で買うには買ったけど発売2週間後に980円で売られていたからであって、熱心なファンとは言えなかったなあ・・・。

ゲームとしては普通に面白かったけど、これという尖った部分が無いのが残念でした。

今回はどんなゲームになるんだろう?
「ショートワープ」のようなミニゲーム集?次世代パワーでリメイクした「E0」?リアルサウンド最新作?それとも「300万本RPG」?
こんな想像をしている今が一番楽しめているのかも・・・。

まがりなりにも一時代を創ったクリエイターが、5年以上練りに練った構想をどんな形で世に出してくれるのか、本当に楽しみです。
2006/10/01(日) 16:32 | URL | ほたるいか #-[ 編集]
>D2の発表会

5000人収容のホールと言う事で16:00開演の一時間前に行ったら既に満員で入れない人が大量に出たから急遽2回目の公演を行うことになって2回目(19:00)の整理券をもらいました。人数が多くて2回目の整理券も17時位には全てハケてしまったみたいで、入れない人も大量に出たみたいです。(2回合わせて1万名で打ち切り)

当日もらえるはずだった「D2プロモーションビデオ」が完成しておらず、後日ワープから送られてきましたが葉書をワープに送っていた為、毎年年賀状がワープから届いてました。ここまでやる会社は珍しいですからね。

それから「飯野氏の作品の為だけにWiiを買う」と言うのはジョークです。すみません。実際には任天堂ハードは殆ど持っていますし(FC+ディスクシステム、SFC、N64、GC+GBP、GB、GBC、GBA、DS、GBM)Wiiも間違いなく買うことになると思います。発売日に買うかは未定だけど、クラブニンテンドーやTouch-DSのメーマガも登録して情報を集めてます。
2006/10/01(日) 19:45 | URL | マグドリ #rN6YxnbQ[ 編集]
あの頃のワープは・・・
本当に独特の乗りが有りましたよね。
ソフトに封入されたアンケート葉書なんか、「飯野氏宛?」という乗りの文章が踊ってましたし。
私は出しませんでしたけど、出すと年賀状が届いていたんですねえ。
(これは熱烈なファンが出るのも頷けます。)
良くも悪くも「飯野氏のワンマン企業」だったワープらしいエピソードだと思います。

大川会長のCSKグループだったセガ及びアスキーの強力なバックアップで様々なプロモーションが打てたD2発売前までが華でしたねえ・・・。
(ファミ通で相当長期間何らかの記事が掲載されていた)

その後消えてしまうのが普通なのに、たった一人になりながらコカコーラに自販機携帯電話自動決済システムを売り込んでしまうバイタリティはさすがの一言。
何か面白いことをやってくれる期待感は、他のクリエイターの比ではありません。

余り期待しすぎると失望しかねませんので、静かに情報を待つことにします。
2006/10/01(日) 20:54 | URL | ほたるいか #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/237-4bbb53f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。