パラッパラッパー復活!

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初代プレイステーションを象徴する名作「パラッパラッパー」が、PSPソフトとして再登場するそうです!
情報元 セグメントゲームズさん ゲーマーホリックさん

パラッパラッパーパラッパラッパー

ソニー・コンピュータエンタテインメント 2006-12-07
売り上げランキング : 559

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「パラッパラッパー」はプレイステーション勝利を決定付けた「ファイナルファンタジー7」を買った、当時のライトユーザーの受け皿となった大変重要な作品です。
そして、その後の「みんなのゴルフ」「どこでもいっしょ」の登場により、プレイステーションは「(子供でもゲーマーでも無い)ごく普通の人が親しみやすいスタンダードなゲーム機」として、磐石な地位を築くことに成功しました。

また主人公の「パラッパ」は、いまいちキャラクター性の弱かったプレイステーションの看板キャラクターとして、その後「トロ」が登場するまでの間プレイステーションのイメージキャラクターとして大活躍することになりました。
(それまでは「ムームー星人」くらいしかいませんでした。)

独特のポップなキャラクターをぺらっぺらの1枚ポリゴンを使って表現したのは、当時とても斬新なアイデアでした。
これは、後の「トゥーンシェーディング」にも匹敵する発明だったんじゃないかと思います。

今度発売されるPSP版は基本的にはPS版の移植で、新曲や通信機能を追加した感じみたいですね。
当時のスタッフは既にいないようですので、あまりいじらないのが正解でしょうね。
(DSの「たまごっちのぷちぷちおみせっち」の制作に携わっているとの噂も有ります。)

思うんですけど、こういうライトユーザー向けの良作をもっと早い時期に出せなかったんですかね?
夏に出た「どこでもいっしょレッツ学校」同様「時既に遅し」という感は否めません・・・。
「PSPクオリティには足りない」なんて考えていたのだとしたら、思い違いも甚だしいです。
まさに「痛恨の失策」だと言えるでしょうね。

まあ、そのくらい期待の持てる作品です。
携帯機との相性も良さそうですし、価格も安くお買い得です。
「リズム天国」が今20万本位売れているんですから、本来なら同じくらい売れてもおかしくないのですが、さてどうなることでしょうか?



ブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/259-ba5fadce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。