任天堂「Wii」全世界で年内400万台の出荷に向けて順調!

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
任天堂の次世代機(新世代機?)「Wii」の生産は、年内に全世界で予定されている400万台の出荷に向けて順調なようです。
情報元 Nintendo INSIDEさん

Wii(仮称)
Wii(仮称)
おすすめ平均
starsわくわく
starsマイ ハーーンド!!
stars1人のゲームファンとして期待します。
stars比べるのは間違い
starsリアルとは

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

GCに早々に見切りを付けて、これだけ長期間周到に準備を積み重ねてきたのですから当たり前といえば当たり前ですけど、
この当たり前のことを当たり前のように実行するということの難しさは、大市場である欧州での発売時期を大幅に先送りしてもなお、国内での初週出荷台数が僅かに10万台(一説には8万台程度)しか用意出来ないまま見切り発車せざるを得ない某社を見ているとよくわかります。

任天堂オブアメリカの社長は、こう語っているそうです。
「Wiiは経験者、未経験者を問わず全ての人のためのゲーム機です。需要は膨大で、購入者には油断しないように言いたいと思います。需要のレベルは通常を遥かに超えていて、小売業者はWiiの予約がこれまでゲーマーでなかった人ではなかった人達にまで広がっていることを伝えています。そしてそれはWiiの実現したかったことでもあります。」

確かにDSによっておおいに拡がったユーザー層のうち、新規追加された「高齢層」や「女性(女児)層」が移行してくる据え置き機が有るとすれば、「Wii」を置いて他にはありません。
国内でのCMも、実際のTV画面を使ってコントローラの操作法を説明する段階に入っており、ゲーム情報に疎いライト層も相当興味津々なのではないでしょうか?
ただ、現段階ではヘビーユーザーにもライトユーザーにも支持者が浸透していて非常にバランスは良いものの、相当取りこぼしている割合も大きくて「広く浅く」支持されている感も否めません。
まあ、DSも最初はそうでしたけどね・・・。

あと遅れましたが、Wiiの目玉の一つ「バーチャルコンソール」でダウンロード販売されるタイトル第1弾が公表されたようです。
(数字はWiiポイントで、1ポイント=1円です。)

ファミリーコンピュータ
アイスホッケー 任天堂 500
アーバンチャンピオン 任天堂 500
影の伝説 タイトー 500
グラディウス コナミ 500
五目ならべ 任天堂 500
サッカー 任天堂 500
スーパーマリオブラザーズ 任天堂 500
ゼビウス バンダイナムコゲームス 500
ゼルダの伝説 任天堂 500
ソロモンの鍵 テクモ 500
テニス 任天堂 500
ドンキーコング 任天堂 500
ドンキーコングJr. 任天堂 500
忍者じゃじゃ丸くん ジャレコ 500
ピンボール 任天堂 500
ベースボール 任天堂 500
マリオブラザーズ 任天堂 500
ワリオの森 任天堂 500

スーパーファミコン
F-ZERO 任天堂 800
R・TYPE III アイレムソフト 800
悪魔城ドラキュラ コナミ 800
魂斗羅スピリッツ コナミ 800
シムシティー 任天堂 900
ストリートファイターII カプコン 800
スーパードンキーコング 任天堂 800
スーパーマリオワールド 任天堂 800
ゼルダの伝説 神々のトライフォース 任天堂 900
ファイアーエムブレム 紋章の謎 任天堂 900
マリオのスーパーピクロス 任天堂 800

ニンテンドウ64
スーパーマリオ64 任天堂 1,000

メガドライブ
エコー・ザ・ドルフィン セガ 600
ガンスターヒーローズ セガ 600
ゴールデンアックス セガ 600
コラムス セガ 600
シャドー・ダンサー セガ 600
獣王記 セガ 600
スペースハリアーII セガ 600
ソニック・ザ・ヘッジホッグ セガ 600
トージャム&アール セガ 600
ぷよぷよ セガ 600
リスター・ザ・シューティングスター セガ 600

PCエンジン
PC原人 ハドソン 600
邪聖剣ネクロマンサー ハドソン 600
スーパースターソルジャー ハドソン 600
高橋名人の新冒険島 ハドソン 600
ダンジョンエクスプローラー ハドソン 600
バトルロードランナー ハドソン 600
ビクトリーラン ハドソン 600
ボンバーマン'94 ハドソン 600


まあ、最初だから仕方ないなあ・・・という感じのラインナップですね。
各ハードの初期に発売された定番のアクションゲームが殆ど、「マリオ」「ソニック」等のシリーズものは初代のみというラインナップにがっかりした方が殆どなのではないでしょうか?
特に期待を寄せていたファミコン世代にとっては、肩透かしを喰らった感じですね。
まあ、最初からこちらが充実しすぎているというのも戦略的に得策ではありませんからね。
今後続々とラインナップが増えるのは間違いのですから、気長に待つとしましょう。

ただ、サードパーティのタイトルが思いのほか少ないのが気になります。
任天堂と同額の価格設定では旨みが少ないからでしょうか?サード製ソフトの供給には今後もあまり期待が持てないのかもしれませんね・・・。

ブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/274-db83d124
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。