Wi-Fi対戦対応と効果的なCMで復権を狙う「ぷよぷよ!」

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンパイルからセガに権利が移行して以来ぱっとしない感じの「ぷよぷよ」ですが、この年末に発売されるぷよぷよ生誕15周年記念DSソフト「ぷよぷよ!」では、ようやく実装されるWi-Fi対戦機能に加え、特に女性からの人気の高い「エビちゃん」こと蛯原友里さんをCMに起用することで、以前のような人気ソフトの地位への巻き返しを期しているようです!
情報元 ファミ通.comさん ゲーム&情報ブログ(SF&NF)さん


ぷよぷよ!
ぷよぷよ!
セガ 2006-12-14
売り上げランキング : 83

おすすめ平均 star
star何だかなぁ…
starありがとう!生誕15周年の記念大作!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

CMのつくり自体は、「脳トレ」や「Newマリオ」の松嶋菜々子さん「ロコロコ」の篠原涼子さんなどと同様に、人気女優が楽しげにゲームをプレイするというものです。
目新しさは有りませんがDS人気が盛り上がっている現在の時流にうまく合ったCMで、とても良いと思います。

ただ、CMに登場するゲームキャラクターが今回復活する「魔導物語」キャラクターの「すけとうだら」だというのは、「ぷよぷよFever」以降の新キャラクターのインパクトの弱さ、ひいては魅力の無さを表しているように思います。
h-103_62759_4.jpg

結局セガ自身も問題点に気付いているんですよね、だったら元の「コンパイル時代の魔導キャラ」に戻せば良いだけだと思うんですけどねえ。
arule.jpg
アルルはこのほうが可愛かったし、
ske.jpg
すけとうだらはこの姿のほうがユーモラスだったんですから。



ブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そもそも
なんでセガはキャラデザをチェンジしたんでしょうか?特権がそのままセガに移っていたのならそのまま継続でよかったでしょ?「コンパイル時代のと差別化を計りたかった」という理由ならそれは完全にそっちの都合ですし、「イメージキャラとしてあややを起用したかった」だったらもっとそっちの都合です。絶対コンパイルにの築き上げてきた積み重ねをあのイメチェンは崩したように思います。コンパイル時代の頃も充分かわいかった(というかこっちのほうが良かった)のに、今のキャラデザはなんかよりかわいくしたというより手抜きしてるようにしか見えなかったりします。ついででフィーバーモードも劣悪。

今作も何だかんだいって旧メンバーは相当少ないですし、Wi-Fiコネクション対戦は魅力なんですが、なんかフィーバーモード以外で遊べそうにない気がするんですが…どうなんでしょうか?
2006/11/09(木) 07:47 | URL | partygame #hCLbhaFQ[ 編集]
始めまして
marukomuさんのリンクからやってきましたヾ(@~▽~@)ノ
いろんなゲームを紹介されててすごいですね★

有名人の起用をどんどんして欲しいですねぇ。
それだけで効果は全然ちがうんだからネ!
WiiのCM頑張れよぉ!!
2006/11/09(木) 17:18 | URL | バブリシャス #-[ 編集]
コメント有難うございます
>partygameさん
本当に勿体無い事をしたものですよね、セガは。
例えれば「ドラクエ」のキャラクターデザインを鳥山明氏以外に依頼するようなものですからねえ。
まあ、イメージを一新したかったのでしょうけど、見事に失敗した例ですね。

あと、コンパイル時代のメイン絵師だった「壱」さんのホームページが2年ぶりくらいに更新されていますね。
コンテンツが大きく減っている上に、絵柄自体もだいぶ変わってしまって寂しい限りです・・・。
http://club.pep.ne.jp/~watanata/top.html


>バブリシャスさん
初コメント有難うございました。
いや、最近はニュースも減ってネタ探しも大変なんですよ・・・。
marukomuさんのブログは変わった視点からのネタが多く、最近はちょくちょく引用させていただいてます。

Wiiは売りさばくのに苦労するかなと感じていましたが、なんと入手困難な状況になりつつあるそうです。
まあ「転売屋」の存在も大きく影響しているのでしょうね。

心配なのは、売れてしまうことで任天堂が油断してしまうことです。
まだまだ二手三手打って出ないとシェアを固めるまでは至らないはずなのに「出し惜しみ」してしまい商機(勝機)を逸してしまいはしないかと不安です。

実際、現状だと「Wii」より「360」のほうに、私自身は魅力を感じてしまってますしね。
2006/11/09(木) 18:10 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
セガ。。
セガファンだからといってなんでも
GJ!ではないですよって感。
ぷよぷよというより別の新感覚パズルを
作ったほうがよかったんだろうけど、それじゃ
ネバーリューがないということで
玉虫色の決断なのは否めない的。

名作チューチューロケットもGBAで第一弾
としてリリースしたのに
まったく売れず玉砕の経験が経緯にありそう。
(同じソニックチームだし

セガはゲーセン屋さんだから、ゲーセンで話題
→コンシューマ移植の路線でパズルをやるべき
でしたね。とはいうものの売れそうな。

イマのユーザーがフィーバーになじみあれば
まぁいいかという部分も。
売れればとりあえずGJなのはファン心理っす=3
2006/11/09(木) 18:35 | URL | marukomu #-[ 編集]
ぷよぷよ
ゲーム性やネームバリューやキャラクター性を考えれば、
Wi-Fi対戦機能を実装した今回は、本来ならば「テトリス」に匹敵するような売上でなければならないはずだと思います。

どれだけ売れるかは未知数ですが、2・30万本程度の売上で終わってしまうとしたら、やはり「新キャラクターデザイン」に問題が有るのではないかと思えてなりません。

権利は丸ごと受け継いでいるはずなので、何とか元に戻して欲しいものですが・・・。
2006/11/09(木) 19:29 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
はじめまして

Wi-Fi対戦の実装はうれしい限りです
PC版ぷよぷよフィーバーも買ったクチではありますが、ユーザー数も違うでしょうし、より手軽に遊べるのはうれしいです

キャラデザインというか、キャラクターがぷよフィで総入れ替えかつ、旧キャラを真似たようなキャラだらけだったのがいけなかったと思います
漫才デモも、ほとんど笑えなかったし

今回のCMはぷよシリーズCMの顔、たらを起用してくれたことは素晴らしいと思いますが、
なんで生手・生足じゃないのか…キモカワのハシリだったたらの魅力が伝わらないじゃないか(笑)

とりあえず「ぷよぷよ!」では旧キャラが登場する漫才デモに注目ですかね
2006/11/20(月) 23:45 | URL | #xfuJKL/2[ 編集]
コメント有難うございました。
PC版はネット対戦が可能だったんですね、さすがにユーザー数は桁外れに増えることになると思います。

キュートなキャラクターに漫才デモ、「ぷよぷよ」が落ち物パズルというジャンルそのものまで牽引して、多くのライトユーザーを取り込んでいったのは事実なのですから、そのキモともいえるキャラクターを変えるにあたっては、もっと慎重であって欲しかったなあと思います。

今回数名の「魔導キャラ」が復活しますが、絵のタッチは完全にフィーバー以降のものなので、やはり少し寂しいですね。
2006/11/21(火) 01:15 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/281-e219296c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。