なかなかの期待作「ぼくとシムのまち」

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界最大のソフトメーカーであるEA(エレクトロニック・アーツ)が「Wii」向けのソフト制作に本腰を入れてきたとの情報は以前から伝わって来てましたが、早速具体的な形となって現れてきました。
それが、今回紹介する「ぼくとシムのまち」です。
情報元 Nintendo INSIDEさん ゲーム&情報ブログ(SF&NF)さん
公式サイト


最初にタイトルを見たときは、「どうせ子供向け『シムピープル』だろう」くらいに思っていたのですが、実際の画面を見る限りかなり日本の若者に受けそうなキャラクターの造形でびっくりしました!
どことなくオンラインゲームのアバター風でもありますので、とりあえずアジア圏では問題無く支持されるでしょうし、どことなく「パワーパフガールズ風」でもありますので欧米でもそれなりに受けそうな絵柄です。
フィールドの雰囲気は「どうぶつの森」あたりに倣ったのでしょうね、「Wii」向けソフトにふさわしい仕上がりだと思います。

この作品、おそらく日本人のスタッフが制作に関わっているのではないかと思います。「萌え」に代表される「愛らしい」キャラクターを作り出す能力は日本人独特のものだと言われていますしね。
同じようなものでも、欧米人のセンスで作られると微妙にグロテスクになってしまうものです、その良い例が「あつまれ!ピニャータ」でしょう。
これはあの「レア社」制作のもので、かなり「どうぶつの森」を意識した作品ですが、我々の思い描く「可愛らしさ」とは微妙にずれています。


欧米の子供達には受けるでしょうが、日本ではまず売れることは考えられません。
(実際、「東京ゲームショウ」では一番お客さんが少なかったらしいです・・・。)

とりあえず、「EA」が「Wii」に対してかなり本腰を入れているという事が伺える作品ですね!
ほぼ間違いなくオンラインに対応してくるでしょうし、ひょっとしたらかなりのヒット作になるかもしれません。楽しみですね!

ブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/300-fe95c899
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。