今年のゲーム業界を予想

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
本日は1年の最初の記事ということで、今年のゲーム業界を独断と偏見によって予想しようと思います。

今年の年末に、この予想がどの程度当たっているか自分でも興味があります。
まあ、ファミ通のヒゲ予想よりは当たる可能性は高いのではないかと思いますが、どうでしょうか?

情報元 ぬるいゲーム時事ブログさん ゲーム&情報ブログ(SF&NF)さん

参考海外サイト VG Charts.org

10013814339.jpg
nexgenwars.jpg
hw_japan.jpg

ニンテンドーDS
去年は不動の王者「PS2」の牙城を完全に崩し、特に日本国内においてはゲーム市場の主役の座に君臨することになりました。
現在、ミリオンソフトを連発させることが出来るのはDS以外に考えられず、更に年内には国内で最も売れるタイトル「ドラゴンクエスト?」の発売が予定されており、サードパーティは更に集中していくことが予想されます。
任天堂ソフトに至っては、トリプルミリオンソフトが複数出現するという絶頂期を既に迎えており、新機軸の作品を更に投入してこの状況を維持し続けることが求められてくるでしょう。
今年も間違いなく国内ゲーム市場の主役であり続けると思います。作れば作っただけ売れる状況は年内一杯続くでしょう。
国内累計販売台数は2500万?3000万台まで伸びるでしょう、まあ出荷しただけ売れます。

プレイステーション・ポータブル
本体の普及台数は、国内400万台と「ワンダースワン」は超えてますので、任天堂以外の携帯ゲーム機としては1番売れた機種という事になります。
とはいえ、もはやDSとの勝負は決しており、独自に生き残る道を探る時期に来ています。
PSP市場の特徴は、本体普及台数と比較してとにかくソフトが売れないということです。
これは逆に言えば、「ツールとしての本体は魅力的」ということでもあると思います。
大きくて綺麗な液晶を活かした「カーナビ」など、大人向けのゲームも出来る便利ツールという性質を売りにすれば、本体の普及は更に進むかもしれません。
「もはやゲーム機ではない」ということです、悪い意味でですが・・・。
国内累計販売台数は、600万台あたりまで伸びるかなあ?噂されている後継機種が出なければですが・・・。

Wii
国内100万台全世界350万台を出荷してほぼ完売というロケットスタートを決めて、次世代機3機種の中でも勢いではトップと言えます。
これは、DSの世界的な大ヒットによって開拓されたユーザー層の受け皿になる事にどうやら成功したという事を意味しているでしょう。
特に国内市場においては、ライトユーザー向けソフトを前面に押し出すマーケティングで「任天堂ブランド」「ファミコンブランド」を思い起こさせる事に成功したのは大きいと思います。
もともと任天堂ハードが強い年末商戦しか経ていませんので確実な事は言えませんが、一般家庭のリビングの大きなTVに接続されるのは、家族全員に好まれる「Wii」が一番最初になる事が多くなると思います。
これは、勝ちハードのみに許される称号「国民機」になる可能性があるのは、次世代機3機種の中ではWiiのみだということを意味します。
あとは、「ゲームは携帯機だけで十分」という流れになるか「据え置き機でもっと深く楽しみたい」という流れになるかですが、「任天堂ブランド」が復活した今、DSとの無線連動機能もあるWiiの売れ行きはそうそう簡単には鈍らないと予想します。
おそらく、今年の年末は据え置き機の中ではトップのハードという位置付けになっていることでしょう。
毎週約10万台、年末までに累計400?500万台まで普及しても全く不思議はありませんね。

PLAYSTATION 3
国内50万台北米70万台を出荷していますが、その価格の高さもあって既に在庫のだぶつきが発生しています。
既に転売相場は定価割れを起こしており、北米では在庫を持て余した転売屋が購入店舗へ返品を始めている程だそうです。
最も「PSブランド」の強い欧州での発売が約半年遅れてしまった事で、海外サードが相当醒め始めているというのも痛いですね。
比較的好意的な状況が続いている国内サードも、販売台数の割には売れないソフト数に驚愕し始めており、撤退あるいはマルチ化が進むと思われます。
国内販売台数は、以前予想したとおり100万台販売したあたりが大きな壁になると思われます。
日本人は「右へならえ」になりがちな国民性が有るため、最初から買う予定だったユーザー層に行き渡るであろう100万台程度販売した時点で需要が止まってしまうというのがその理由です。
これを打破するには、リモコンを振動可能にした上で価格を3万円台にする位のウルトラCで、現「国民機」PS2の正統後継機をアピールするしか無いでしょう。
そこまでやって、ようやくWiiと同じ土俵に立てる程度です。しかしおそらくはそこまでやる余力は持っていないでしょう。
一般ユーザーにとっては、「まだいらないハード」という状況が続くことになります、おそらくはずっと・・・。
年末までの累計普及台数は150?200万台程度で終わると思われます。
強力なライバルとして360が立ちはだかる海外では、更に苦戦してもおかしくありません。

Xbox 360
発売時期が他機種より早かったこともあり全世界では800万台近くを販売していますが、日本では30万台と既にPS3にすら抜かれています・・・。
PS3と並んでHD画質が楽しめるコアユーザー向けの次世代機ですが、FPSなどの「洋ゲー」ばかりでは国内市場は今後も厳しいでしょう。
期待の大作「ブルードラゴン」も、それ1本だけでは10万台程度台数を伸ばすことしかできませんでした。(今後、アニメが始まれば幾らか上積み可能だとは思いますが・・・。)
今後は「アイドルマスター」「ロストオデッセイ」「Trusty Bell ( トラスティベル)?ショパンの夢?」といった日本人好みの作品がリリースされますし、何と言っても海外サードが元気一杯なのは最大の強みでしょう。
その上「バーチャファイター5」を見てもわかる通り、PS3独占供給だったはずのソフトのマルチ化が今後進むと思われ、その受け皿の第一候補として360が挙げられることが多いというのも、意外な追い風になると思われます。
とはいえ、国内では「コアゲーマーの自室」にしか行き場が無いという状況は打破される事は無いでしょう。
ということは、まがりなりにも「BDプレイヤー需要」を持つPS3に追いつき追い越すことは、残念ながらかなり難しいと考えざるを得ませんね。
年末までの累計販売台数は70万?100万台程度でしょう、ちょっと甘すぎるかな?


「今年のゲーム業界予想」を総括しますと、「任天堂ハード」への回帰が更に進み、丁度「スーパーファミコン時代」が再現されるような状況になるのではないかと思います。
あとは「携帯機」であるDSのみが突出してしまうのか、「据え置き機」のWiiもつられて市場を形成できるかでしょう。
いちはやく200万台程度売ってしまって春先に発売されると思われる「スマッシュブラザーズX」「ドラゴンクエストソード」が期待どおりにヒット(できればミリオン)すれば、後者への期待も大きく膨らんできます

絶対的王者と思われた「ソニーハード」は、丁度当時の「セガハード(メガドライブ&ゲームギア)」的な地位に転落してしまうでしょうね。
PS2市場がかなり残ると考えている方も多いでしょうけど、後継新機種が発売されて市場がしぼみ始めると早いです。96年のスーパーファミコン市場を思い出してください。

「Xbox360」は、残念ながら現状の不振を打破するまでには至らないでしょうが、旧Xbox以来最高の市場は形成可能といったところでしょうか?

ブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
新年明けましておめでとうございます!本年もよろしくお願いいたします。

意見はほぼ一緒ですがあえて付け加えて言うならば、PS3は2006年に「なぜ損してまで売るのか?」と言われました。それにはやはりPSPと同じく「ゲーム機ではない」「ツールとしての本体が魅力的」ゆえにPSPと同じような売れ方=ハードの赤字に対してソフトでの儲けが…という状況になりかねないのでは?という考えもあるのではないかと思います。ましてやPS3はPSPとは比較にならない開発費になるでしょうから、余計心配です。

また、DSは市場はできれば、サードパーティのソフトも売れるという状況がユーザーにもっと見せ付けることが出来たならよりベストです。どうにも任天堂ハードは任天堂のソフトしか売れないという印象が強いみたいですので…。しかし実際にはロケットカンパニーの漢検DSを筆頭とし、知名度に関わらないサードパーティの目覚しい活躍も垣間見えるので、この勢いで突き進んでもらいたいです。それにサードとしてもやはり売れているハードのほうが力の注ぎ甲斐があるでしょうからね。
逆に言えばその力の注ぎ甲斐という面では次世代据え置き機が心配であり、課題でもあると言えます。
2007/01/02(火) 23:32 | URL | partygame #hCLbhaFQ[ 編集]
あけましておめでとうございます
「なぜ損してまで売るのか?」
これの答は決まっていますよ、たくさん売れて最終的には得をすると思っていた(思い込んでいた)からです。
実際は、全く現実が見えていなかったわけですけどね・・・。
(実際は「現実は見えていたけど口に出せなかった」だろうと思います。本当にご愁傷様です。)

「DS」にしろ「Wii」にしろ、ハードを知り尽くした任天堂ソフトの出来が総じて良い上に安価ですから、どうしても「任天堂ブランド買い」になってしまうんですよね。特に新品を定価で買う場合には、失敗を避けたいですし。
それが結局「任天堂ソフトばかり売れる市場」を形成してしまっているのですが、「ドラクエⅨ」参入をきっかけにサードが主力タイトルを投入するようになってくれば、多少は変わってくるように思います。

任天堂ソフトが強いのは当時も同じだった「スーパーファミコン」の時代に、「サードが売れない任天堂ハード」なんて言う人はいませんでしたからね。
2007/01/03(水) 00:04 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
明けましておめでとうございます☆
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
毎日楽しみにチェックしていますので、
無理のない程度に更新がんばってくださいね^^

さてさて、自分のまわりでも「サードが売れない」なんて話をする人がいたんですけど、
そのときほたるいかさんと全く同じ話したんですよー(笑)
「スーパーファミコンの時代はどうだったの?」みたいな。
そう考えると、最強のソフトメーカー・任天堂と戦わないで済んだPS市場は
サードにとっていい「逃げ場」だったのかもしれませんねー。

1年前に「PS3ではなく、レボが勝つ」だなんて言ってたら
「何いってんのお前」
なんて言われそうな空気でしたが…

いやはや、不思議なもんですね。
2007/01/03(水) 01:09 | URL | みときち #O2KIGeII[ 編集]
あけましておめでとうございます
これはこれはどうも・・・こんな「一人2ch」みたいなブログを毎日チェックしていただいているとは恐縮です。

「スーパーファミコン時代」
本当にそうですよねえ。
安くて質の良い任天堂ソフトは確かに魅力的でしたが、あえて「アクションゲーム」ばかりに偏った構成にしてくれていたおかげで、「ドラクエ」「ファイナルファンタジー」といったRPGや「ダビスタ」のようなシミュレーションは約1万円という現時点でもびっくりの高価格でもミリオンを連発していましたし、光栄の「三国志」や「信長の野望」は1万5千円くらいするのにとても人気があり、実際よく売れていました。
この構図は、現在の「DS」や「Wii」の市場でも価格面を除けばそのまま再現可能なはずだと思います。

サードにしてみれば、ファーストの色付きの「任天堂ハード」や「セガハード」は、「超えられない壁」が存在するようで面白くないのかもしれません。
その点「ソニーハード」はサード自身が主導権を握って自社色に染めることが可能ですし、自主流通の権限も大きいですから一発当たれば大きいというのは魅力的だったのでしょう。
まさに「いい逃げ場」だったわけですが、ここまで活力が失われてしまっては「蜘蛛の子を散らすように」逃げ出してしまうのは当然で、SCEにとっては残酷な現実ですね・・・。

1年前に「PS3ではなく、レボが勝つ」
さすがに断言できるほどの材料はありませんでしたが、「振動裁判問題」「CELLへの過剰投資」「高価な青色レーザーを使用するBDの採用」などの不安材料は当時から指摘されていましたし、レボのリモコンには新時代を感じさせるワクワク感がおおいにありました。
ただ、それでも「PS3の価格は初期のPS2同様3万円台に抑える」という噂が主流でしたから、それなら普通にバトンタッチする可能性も大きいという意見にも納得していました。
それが大きく崩れたのは、E3での価格発表でしたね。
以後、擁護派は「この内容でこの価格は安い」という啓蒙活動に終始するようになりましたが、どう考えても「ゲーム機としては高い」わけで、それは他でもない「サードパーティ自身」が感じ取っていたからこその現状なのでしょう。
実際「VF5」に続いて「鉄拳6」も360とのマルチになるとの噂も出てきているようですし、「サードのSCE離れ」は今後ますます加速していくことでしょうね・・・。
2007/01/03(水) 09:22 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/339-3607aa1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。