2007年は「PS3時代を宣言します」

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年最初の記事で相当な苦戦を予想した「PS3」ですが、私の知らない世界では2007年は「PS3時代」なのだそうです。特定アジアパラレルワールドでの話でしょうか?
情報元 ゲーム&情報ブログ(SF&NF)さん



元来、CMの上手さには定評のあったはずのソニーですが、「PS3」関連のCMはイメージ映像レベルの意味不明なものばかりなんですよね。
特に今回のCMは意味不明というレベルにおいては、360の「時代はハイデフ」並みです・・・。

ハイビジョン時代・・・まあこれは徐々に進んでいくでしょう。今年がそうだというのは時期尚早ですが・・・。
ブルーレイディスク時代・・・まずHDDVDとの規格統一が為されていない点がマイナスですし、将来録画機能のある機種が10万円を切ってからの話でしょう。
エンタテインメント専用ネット時代・・・ごく普通のインターネットで十分、というかむしろ上。有料コンテンツで儲けたい意図が見え見えです。
「世界でひとつ」のゲーム時代・・・PS3に限らずどの作品も「世界でひとつ」でしょうに・・・。今年中に間に合いそうも無い「FF13」の映像が出てくるのも詐欺に近いです、こんなCM流して「マルチ展開」になったら目も当てられないのですが・・・。

このCMを見て、「やっぱりPS3は凄い!さっそく買いに行こう!」なんて思う人は殆どいないと思います。
何より、広告宣伝費が捻出出来ないのか殆どTVで見かけません。(私は1度だけ見ました)
明石家さんまと松岡修三の出演する「Wii」の新CMは、Miiで似顔絵キャラクターを作る楽しさがストレートに伝わって来ますし、予算が潤沢なのか何度となく見かけました。

この現状を見るかぎり「Wii時代」は来る可能性もおおいにありますが、「PS3時代」なんて来そうも無いように思えます。
PS3には、こんな意味不明なイメージCMよりも、むしろDCの「湯川専務の自虐CM」のほうがお似合いだと思うのは私だけでしょうか?


久夛良木SCE会長自ら出演すれば、それなりに話題になって宣伝効果も高いと思いますよ・・・。

ブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
「世界でひとつ」のゲーム
あけましておめでとうございます!

今年はハイビジョンの時代だと思いますよ。BSデジタルは2000万台、地デジも1800万台普及したそうですからHDTVは既に国内全世帯の3~4割に普及してて今年は過半数を超えるはずです。BDは売れるんじゃない? TVでは無料のハイビジョン番組が一般的で高画質に慣れると画質の劣るDVDでは不満になりますから今後急速にBDへの置き換えが進みますよ。
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0612/29/news010.html
ここの記事ではソニーがBDの2層スピンコートの製造ラインが月産250万枚規模でフル稼働したと書かれており出遅れていたBDラインナップも充実してくるはずです。

「世界でひとつ」のゲームと言うのは今回のCMで初めて出てきたんじゃなくて12月中旬に駅構内などで展開された広告で
「世界でひとつ」のゲームをやる。PS3。
と言うキャッチコピーがあったようです。(自分は未確認)。これはFF13はPS3独占でマルチはしないと言う宣言ですよ。
http://www.square-enix.co.jp/zokuzoku/
スクエニのサイトでもFF13は一番上の目立つ位置に配置されており、PS3独占となっています。推測ですがソニーがスクエニに極めて有利な条件を提示してFF13独占契約を交わしたんじゃないでしょうかね?
2007/01/03(水) 12:45 | URL | マグドリ #rN6YxnbQ[ 編集]
あけましておめでとうございます
今年はお手柔らかにお願いします(笑)

PS3を取り巻く環境は「全ての事象がPS3有利に傾く事を前提に」語らないと、フォローすることすら困難な状況だと思いますよ。
例えれば「今年投手の3本柱が揃う楽天がプレーオフに進出して初優勝する」くらいの感じです。
ライバルの存在を全く無視してポジティブ情報のみをかき集めて語れば、あながち不可能ではないというレベルでしょう。

「FF13」も旧スクウェアであればPS3独占確定で間違いないと思って良いでしょうが、現在は証券マン上がりの和田社長が最終決定権を持つスクエニですからね。
冷徹なビジネスマンである彼なら、供与された資金をSCEに返却した上でマルチ化するくらいの事は平気でやりかねません。
北米での優位を見せ付け始めたMSが実弾攻撃してくれば、簡単に折れる可能性もありますしね。

いままでは高品位グラフィックの必要性を語る事の多かった和田社長ですが、「FF」を筆頭とした自社のソフトを援護する意図が込められているのはあきらかで、DSに「ドラクエⅨ」を送り込んだ以上、今後は発言内容が180度変わることも十分考えられますよ。
2007/01/03(水) 13:59 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
はじめまして
いつも楽しく読ませていただいております。
HDTVの世帯普及率ってどのくらいなんでしょうかねぇ。液晶テレビ全体に対してフルHDの割合は3%程度、販売は年200万台って話を聞いたことがあります。エンスージアストの買い換え需要も大きいとも。
最近言われているのは二極分化ですね。フルHDを購入する人と、しない人は明確に分かれるのではと言われています。(おそらくPS3支持層は前者により多く被っているでしょうが)
まぁPS2だって、大画面でプレイしている人も小さい年代物のテレビでプレイしている人もいましたから、今に始まったことではないですが。HDTVが本格的に普及するのは23インチ程度まで小さなHD対応テレビが登場する頃じゃないでしょうか。

米国での話ですが、DVDはつい先日VHSの普及率を超えたそうですね。DVDが、手が届く値段に下がってきてから6年くらいかかっています。そうそう買い換える物でもないと考えると、BD/HD DVDの普及は相当先になりそう・・・。

で、最近のDSをPSPやWiiを見ているとですね、FF7・8報道を思い出します。あのときは深夜番組までがFF特集を組み、ゲームに興味がない人もPS、PS2を購入したわけです。性能はそれぞれN64、GCよりずいぶん劣るのにですよ。いまはDSですよね。
PS-FF7、PS2-FF8があれだけ票を伸ばしたのは、要するに報道の大きさ、あおり方であって、映像はあんまり関係ないんじゃないかという気がするんですよね。もちろん映像の良さはマスコミが煽る口実になっていたわけですけども。
2007/01/04(木) 23:12 | URL | たぬ~ #z8Ev11P6[ 編集]
はじめまして
>いつも楽しく読ませていただいております。
これは恐縮です。

まあ、世の中の流れを見る限り二極分化は必至でしょうが、仮に購入したとしても「大画面フルHDTV」なんて一家に一台ですよ、子供部屋にはとても設置されるような代物ではありません。
それなのに「HDTV」への接続が前提となるゲーム機というのは、やはりかなり時期尚早なのではないかと思います。

そもそもHD画質の恩恵は30インチ程度の大きさがないと殆ど感じられないと言われていますから、先々小画面の普及タイプのHDTVが出回ったところで何の意味もありませんしね。
(文字を綺麗に表示することは可能ですが。)

>PS時代のFF報道
「トゥナイト」ですね。
当時出現した「大人の鑑賞に堪えるゲーム」と「大人の情報番組」との相性は抜群だったですからね。
当時は3DCG自体が物珍しかった時代なわけで、TVの情報番組などで普通に高品位のCGが使われている現在に同じアプローチを続けるのは、まさに「馬鹿の一つ覚え」と言わざるを得ませんね。

同様にDSの「脳トレ」ブームにも、多分に「物珍しさ」が含まれているのは間違いありませんので、消費し尽くす前に次の一手が必要になってきます。
そして、それに全く怠りが無いのが今の「岩田任天堂」の強みなんですよね。
やはり「敗北を知っている」というのは最大の強みでしょう。

SCEには敗北の谷底から這い上がることのできる余力は残っているのでしょうか?少し心配です・・・。
2007/01/05(金) 02:34 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/340-13b1185a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。