グランディア その2

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の続きです。

グランディアの大まかなストーリーを説明しますと、
前半が異世界を探検する冒険を描いており、後半が古代文明の科学を悪用する軍との戦いによる少年の成長を描いている感じですね。
宮崎アニメ(特にラピュタ)との類似性が指摘されることが多いです。

既に処分したソフトが多い中、未だに所持しております。
最近のプレイで、やり込む事しか手に入らない究極の魔法をようやく手に入れることが出来ました、正直辛かったです
(○○を止める事が出来る○の鐘です、フィーナのレベルが全てMAXになれば使えます。)

一番好きなキャラクターはリーンです、
後半のヒロインフィーナの双子のお姉さんです。
(双子にしては似ていませんが、二卵性なんですかね?)
「薄幸の美少女」であり「芯の強い軍人」でもあります。
長めのイベントとムービーで構成された彼女の特攻シーンは、涙無くしては観る事が出来ません。
(最後に復活するのですが、嬉しいような悲しいような・・・。)
あとリエーテも良いですね、実際会う前と会った後のギャップが楽しいお姉さんです。
どちらもいわゆる「サブキャラクター」に過ぎないのですが、
非常に魅力的なのは半端でない作りこみ故でしょうね。

街の人々との会話のパターンも多くて飽きませんし、
アイテムの種類の豊富さもコレクター魂をくすぐります。
続編でも評価され続けている独特な位置取り要素のある戦闘シーンの楽しさも重要なポイントです。

また、岩垂徳行氏による音楽も素晴らしいの一言です。
オープニングの「グランディアのテーマ」も良いのですが、
私が特に気に入っているのが「リーン愛のテーマ」です。
例の特攻シーンのイベント時に流れるとても悲しみに満ちた曲です。
勿論涙無くして聴くことは出来ません・・・。

もしも興味を持たれた方がいましたら、是非プレイしてみられるのをお勧めします。
特に大人のプレイヤーに進めたい名作です、今ならPS版が安く手に入ります。



もしサターンをお持ちならばこちらの作品もお勧めです、 新作ダンジョンと設定資料が入ったファンディスク(の域を超えたもの)です。



サントラもまだ売られています、 入手困難になってプレミアが付く前に是非どうぞ。



ブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
名作ですよね!!
グランディア、懐かしいですね~♪
自分が一番楽しんだRPGがグランディアだったと思います。
映像がきれいになった最近のゲームなんかよりも
キャラクター達が生き生きしていて素晴らしいゲームでした。
今でもたまに、
「グランディア+デジタルミュージアムを
 プレステ2にそのまま移植してくれないかな…」
なんていうことを思います。
2006/05/07(日) 06:55 | URL | ピエル@マニアはここ見ろ! #SFo5/nok[ 編集]
コメント有難うございました!
なかなか身近にいない「グランディア好き」が見つかって嬉しく思います。
本当にあれくらいの表現で必要十分なんですよね。
表情豊かなアイコンと出会う人々の豊富な台詞が有れば、あとは想像力でいくらでも補完できますから。
「グランディア+デジタルミュージアム」ですか、
3800円位で出せば、相当売れそうですけどね。
ゲームアーツ自体が、スクエニやらガンホーやらに侵食されているし難しいのかな・・・。
2006/05/07(日) 07:33 | URL | ほたるいか #-[ 編集]
グランディア面白いですよね。
スーが可哀相だけど。
スーがいなくなった途端、
ベタベタしはじめるフィーナ…。
2006/05/08(月) 07:33 | URL | ペンギン #-[ 編集]
そこがいかにも「少年から大人への入り口」っぽくて良いのですよ。
スーがかわいそうっていうのは確かにそうですね、ベタな別れのシーンなのに泣いてしまったし・・・。
当時はスーに感情移入し過ぎたために、
別れのシーンでゲーム止めてしまった人も結構いたみたいです。
最後までプレイすれば17歳に成長したスーが見れるんですけどね。
2006/05/08(月) 11:08 | URL | ほたるいか #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/36-c974e6cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。