さらに失速!!「PS3」の販売台数が「PS2」とほぼ並ぶ

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
21,105台

これは、今年の第3週(1月15日?1月21日)の「PS3」本体の販売台数です。
メディアクリエイト調べ

売上が激減した先週から更に約4000台売上を落とし、毎週約2万台を安定して販売し続けている「PS2」とほぼ同じ販売台数となってしまいました・・・。
仮にこのレベルで踏みとどまることが出来たとしても、普及しきったPS2の買い替え需要並みの年間約100万台しか売れません。
普通に考えれば、更に落ちていくでしょう。「PS2」の売上を下回る日も近いと思われます。

これは、可哀想ですけど典型的な「負けハード」の地位が確定したようです。
2強が並び立たない市場特性のある国内ゲーム市場では、おそらく「サターン」や「64」のように累計600万台売るのが精一杯でしょう。
それですら今のペースでは4?5年かかる計算ですが、SONYがそこまで事業を継続することすら危ぶまれる状況と言えるでしょう。
というのも、「PS3」には「PSP」同様ゲーム機以外の使用を主目的とした購入者が相当な割合で存在しますから、普及台数と比較してあまりにソフトが売れないことが確実なため、サードパーティの離反が今後更に加速することが予想されるからです。
「ドリームキャスト」は約2年粘ってギブアップしましたが、はたしてそこまで粘れるのでしょうか?
「PS3」のほうが本体の赤字額は大きく、ソフトの売上は低く、失速し始めた時期は早いのですから・・・。

安価なBDプレーヤーとして大きな赤字を抱えながら数百万台生産してしまった「PS3」ですが、この辺でとりあえずBD再生機能だけでも外して身軽になって再出発しないと取り返しのつかない事態になってしまうように思えます。
家電として考えれば全世界で1000万台も売ればメガヒットと言えるでしょうし、それで少なくとも「HD DVD」との規格争いは有利になるでしょう。
そして、ゲーム機として使いたい(大多数の)ユーザー向けにはDVDドライブのみを搭載した新型を新たに提供する、と言う形にすべきでしょう。
コントローラの振動機能も復活させて39800円なら、「PS」「PS2」のソフト資産が100%活かせますから、次世代機の主流になれる可能性も僅かながら残されています。

ただし、いまさら方針転換しても十分に量産効果が出てきた「360」と「Wii」の価格攻勢が始まるでしょうから、結局「64」のように出遅れが最後まで響くという落ちが待っているようにも思えます。
やはり、残念ながら「手詰まり」ですね。見通しの甘い事業の末路とはこういうものですよ・・・。

ブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
手詰まり?
PS2は国内では停滞してますが北米は未だに現役ですからね。PS→PS2の時は置き換わるのが速かったですが今回は新旧の価格差が大きいので流石にPS3が急速に置き換わるとは想定して無いでしょう。今は種まき段階で収穫期はまだまだ先では? 個人的な見解ですが例の久多良木会長の「隠し玉」発言とあの勝利宣言CMから考えて今年の夏か秋に勝負をかけてくるでしょうね。

>典型的な「負けハード」の地位が確定したようです。

確かにPS3に今後一切ソフトが出なければそうなるでしょうね。それともPS3ならではのソフトが全く出ないとでも言い切れますか?
2007/01/27(土) 00:01 | URL | マグドリ #rN6YxnbQ[ 編集]
頼みの北米市場でも、残念ながら「360」と「Wii」が易々と先行している状況に見えますが違いますか?
日本市場と違って複数のハードが平行して主流機になる多様性を持つ北米市場ですが、さすがに第三位のハードに多大な期待を持つ事は難しいと思いますよ。
同様に第三位のハード「ゲームキューブ」並みの1000万台強の普及ができれば御の字なのではないでしょうか?

旧世代機の市場の残存と言えば、日本では「スーパーファミコン」北米では古くは「ジェネシス(メガドライブ)」最近では「ゲームボーイアドバンス」を思い出しますが、まさに時間の問題としか言いようがありません。
「ジェネシス」から「サターン」へのバトンタッチのように、旧世代機市場を引っ張り過ぎて壮絶な大失敗をした前例もありますよ。

まあ「PS3」に今後一切ソフトが出ないという事はないでしょうが、今後一切「キラーソフト」が出ないという事はあり得ると思います。
頼みの「FF13」のマルチ化あるいは開発中止は予想できる範囲内ですし、そもそもライトユーザーが今までと同様に盲目的に飛びつくのかさえ疑問です。

ライトユーザーは「Wii」の楽しさに触れ、「高品位グラフィック至上主義」の呪縛から解き放たれつつあるのですから・・・。
2007/01/27(土) 07:57 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
さすがに
まだ負けハード決定のレッテルは時期尚早かと思います。
まぁ一年たてばはっきりすることかと思いますが。
腐ってもソニー、何かしらの手は打ってくるかと。
関連するかは分かりませんが、ソニーとバンダイナムコが新会社作るようですね。

あ、ちなみに自分は360をS端子で繋いでいます(笑)
2007/01/27(土) 15:26 | URL | へろ #Zp5gm5qQ[ 編集]
まあ、個人のブログですし
ゲーム情報誌のような「しがらみ」は一切無いのですから、思った事をのびのびと書きなぐっても問題無いでしょう。
というか、そうでなければブログである意味がありませんしね。

360は、機能の割り切りがしっかりできていますし、母国アメリカ市場を確実に押さえたのは大きいでしょう。
日本では残念ながら売れていませんけど、「ギア-ズオブウォー」の大ヒットで市場が確立しましたので、今後はワールドワイド向けの大作が確実に供給されそうですね。

「360」と「Wii」に共通しているのは、「PS3」がどんな手を打ってきても対応可能な余力を残しつつ戦っていると言う点です。
対する「PS3」は、「先行値下げ」という切り札を国内市場では既に切ってしまっていて、いっぱいいっぱいのはずです。
この価格で「夢が実現する」はずだったわけで、これ以上どんな手を打てるんでしょうかねえ?
2007/01/27(土) 16:28 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
恐縮ですが・・・
どうも。いつも楽しく拝見させて頂いてます。
僕なりに思った事を、少しだけ書かせていただきますと、
確かに、PS3を負けハードと言ってしまうのは、
さすがに少し時期尚早ではないかと感じます。
「FF13」のマルチ化の可能性を示唆されていますが、
可能性としてはあるかもしれませんが、
それはあくまで可能性の話。負けハードと断言するのは、
「FF13」のマルチ化が決定してからでも遅くはないかと。
ただ、「このままでは負けハード確定」という部分は、
ほたるいかさんと同意見ではありますけど(笑)
ブルーレイ機能を抜いた低価格版を発売するなど、
なにか対策が必要なことは、間違いないですね。

あと、これは意見というより忠告ですが、
あまりに過激な記事作成は、
もう少し控えられたほうが良いかもしれませんね。
もちろん、ほたるいかさんの意見が間違っているとは思いませんし、
何を書こうと、第3者たる僕の関知することではないと、
重々承知してはいますが、「人を呪わば穴二つ」、
という諺の示す通り、いつか手痛いしっぺ返しがやって来ます。
そしてそれは、主張の正誤は関係ありませんから。

生意気なことを言うようで、大変恐縮ではありますが、
このブログの更新を楽しみにしている人間の一人として、
これからも、平穏無事にブログ更新を続けて欲しいと思いますので、
もう少し、柔らかい表現を心がけていただければと思ったりもしています。

では、今後のご活躍を楽しみにしております。
2007/01/27(土) 20:26 | URL | GD #-[ 編集]
お気遣い感謝です。
実際結構過激なこと書いているなあと自分で思う事もありますけど、根拠の無い中傷をしているつもりはありません。
ネット上に入り乱れる数々の怪しい情報の中から、あくまでも信頼の置けるソースを元に客観的な考察しているつもりです。
それすら「我慢ならない」と感じる一部ユーザー層が存在するのもよく知っていますが、それを恐れて自説をセーブしても仕方が無いではないですか?

これが「商業サイト」なら、過去の発言に対する責任も生まれ、まさに「自説に縛り付けられる結果」となってしまうわけですが、
ここでは一言「ごめんなさい予想外れました」で済む問題だと思いますし、また幸いな事にそういう状況には未だ直面していません。

多少の毒も「叱咤激励」の類なのではないかと思いますし、この手の毒はブログでも大手だと出しにくい特色だと思いますので、たまには思い切った発言をしている弱小ブログが有っても面白いのではないかなあ?と考えています。

ただ、「PS3」についてはもう少し誉めてバランスを取らないとまずいかもしれませんね。しかしなかなか見つからないのですよ・・・。
2007/01/27(土) 21:38 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
>確かに、PS3を負けハードと言ってしまうのは、
>さすがに少し時期尚早ではないかと感じます。

ゲーム開発ですが、既に開発を頓挫したメーカーが
多数出ています。
残念ながら復活の兆しはありませんよ。
2007/01/30(火) 08:19 | URL | #-[ 編集]
そうですねえ、特に海外からは良い話が入ってきませんからね。
ほぼ同じ性能で、しかも開発環境の整った360が十分な市場を開拓しつつあるのに、わざわざPS3向けにソフトを開発する必要はありませんからね。
360は、とうとう発売された「Windows Vista」との親和性が高いというのも強みでしょう。
Wiiも海外では「ゼルダ」が馬鹿売れしていますし、ロンチの「レッドスティール」も好調で、UBIソフトに続けとばかりにサードの流入が相次いでいます。

国内向けソフトについては、360市場が死に体だけに迷いどころでしょうが、Wiiの今の勢いはサードの戦略練り直しを促すには十分なもののように思えます。
Wiiへ主力タイトルの乗り換え、あるいはPS2とのマルチ化という流れは今後強まっていく事でしょうね。
2007/01/30(火) 10:30 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
PS3のキラーソフト
現状のPS3販売状況、他社の動向のみを見て結論を出しているのがおかしいと言っているんです。PS3が売れていない原因はおっしゃるように価格ですね。PS3のキラーソフトですが水面下で複数用意していると見ています。以前PS/PS2の時もいきなり発表して驚かされましたからね。どういうタイミングで発表すればより効果的か研究しているはずです。今の所、キラーと呼べるのはFF13とMGS4の2本だけであと最低でも2~3本は必要でしょう。強力なソフトなら発売が先でも発表するだけで効果的です。DQ7は「出るぞ」と言っただけでPSが売れましたからね。そして中堅クラスのソフトをいくつか続けて投入し、同時にBDタイトルの充実も実行していけばPS3の販売状況は改善されるはずです。

BD機能を外すというアイデアは危険です。今後コンテンツはHD化されるのは間違いないし、次世代DVD市場は急速に拡大していくと予想しています。BD再生機能が標準装備というアドバンテージは大きいです。取り外すことで安くなるのは最初だけでしょう。BDドライブは構造的にはDVDドライブと殆ど同じでピックアップは量産で価格が下がりますし映像処理はソフトでやってるのでコストはないようなもの。もし外すとすればHDDでしょうね。
今のPS3の価格設定はわざとやっている感じさえ受けます。ゲーム機とは思えないごっつい黒塗りの高級志向で無駄な所にお金をかけてます。ゲーム機として適正な価格に出来なかったのではなくわざと高額な作りに仕上げた感じを受けるのですよ。一体どういう意図があって高価な作りにしたのか謎です。PS3のビジネスモデルを今後どう展開していくのかは不透明ですね。
2007/01/30(火) 19:15 | URL | マグドリ #rN6YxnbQ[ 編集]
まず、良く話に出てくる「MGS4」ですが、これはキラーソフトとは言えないと思います。
もともと国内ではミリオンを超えた事のない作品ですし、海外の評価もそこまで高くありません。
(類似する「スプリンターセル」ほどは人気無し)
360とのマルチ化の噂も絶えませんしね。
「小島監督」ブランドが過大評価されているだけですよ。
キラーソフト候補は、現状では「FF13」と「GT5」くらいでしょうが、どちらも相当先になりそうですし、何にせよライトユーザーに対して「5万円」のハードの普及を促す力はありません。
それ以外のソフトで順調に普及させつつそれらの大作が売り出される頃には29800に値下げ・・・なんて夢物語ですよね、他社商品が爆発的に売れている現状では。

今のPS3の価格設定はわざとやっているとのことですが、それなら何故発売前に緊急値下げしたのでしょうか?
今思えば、あの価格でも普及台数は現状と大差無かったはずですしね。
赤字も軽減できますし、早期に値下げして「値下げ待ち組」の目先を変えることも可能でした。
結局SCEは、現在の価格設定で「間違いなく売れる」ものだと思い込んでいたように思うのですが?
当時、ネット上では早々と「勝利宣言」するPS3派ユーザーも多かったとも記憶していますよ。
2007/01/31(水) 00:11 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
ナワヤ
MGSとFF13は出るぞと言ってますが、普通に売れてませんね。PS3時代を宣言、市場を驚かせるソフトがある。全て絵に描いた餅です。E3以降殆どソフトが発表されないどころか、開発中止・マルチ化が相次いでいます。メーカーは商品力のある企画を思いついたらPS3で発売しなければ良い訳です。売れますから。SCEが頑張れば良いんじゃないでしょうか。それがファーストの役目です。
2007/01/31(水) 01:52 | URL | #X.Av9vec[ 編集]
名前とタイトル間違えましたorz
2007/01/31(水) 01:54 | URL | ナワヤ #-[ 編集]
本体発売直後を除けば、ロンチから1年程はハードの絶対数不足によりソフト販売に苦しむ時期で、ここを乗り切るのはファーストの使命と言って良いものだと思うのですが、この一番しんどい時期をサードに丸投げしてしまっている感があるのは問題ですよね。

任天堂独裁に対する不満がサード各社にくすぶっていた「PS」時代や、強力なライバル不在&DVD再生機能特需で初動で爆発的に市場を押さえてしまった「PS2」時代と同じ手法が今回も通用する、なんて安易に考えていたことが伺えます。

サードは「開発費が高騰して回収不能となるリスク」を回避したくてたまらない(そりゃあビジネスですから)わけですから、好き好んで未開のPS3市場を開拓してくれるはずはありません。
おそらく、現状の「お見合い状態」が延々と続いたあげく衰退していき終了、という可能性が一番高いのではないかと思います。
2007/01/31(水) 02:47 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
PS3は爆発的に拡大する
http://japan.cnet.com/interview/story/0,2000055954,20341902,00.htm
ソニーのストリンガーCEOは「私はPS3は問題なく目標を達成すると考えています。」とPS3の成功を宣言しています。つまりPS3は目標通りPS/PS2を超える1億台以上売れるということですよ。北米で売ったPS3の100万台全部に「Talladega Nights」を同梱したそうでBDソフトの市場シェアが跳ね上がったみたいですね。国内でもBD圧勝なので次世代DVD戦争では既に決着が付いた感じを受けます。

HDTVは爆発的に売れてます。地デジの期限が大きい。今後一般家庭にもHDTVが確実に浸透していきます。HDの時代が来るのですよ。現在ご存知のようにDVD市場は圧倒的に大きいですが今後全てHDに切り替わるでしょう。それを牽引するのがPS3です。地デジの普及と連動してHDTV、BD、そしてPS3の売り上げが爆発的に拡大すると確信しています。
2007/01/31(水) 20:54 | URL | マグドリ #rN6YxnbQ[ 編集]
こう言うと可哀想ですが
「宣言」だけなら馬鹿でもできます。

「HD画質」とやらに相当な思い入れがあるようですが、一般ユーザーはそんなものは必要としていませんよ。
ただ、「アナログ停波、地デジ切り替え」のために仕方なく「薄型大画面TV」を購入しているに過ぎません。
「高い買い物だからどうせなら良い物を」ということで未だ高価なHDTVを買っているわけで、「次世代高画質のゲームを遊びたくて」購入するユーザーなど極々僅かですよ。

ゲーム機を接続するにしても、家族と一緒に遊びたいから「Wii」を接続する、という可能性のほうがむしろ高いでしょう。
それは、現在の売れ行きが証明しています。
2007/01/31(水) 21:20 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
仕方なく買うって???
>「アナログ停波、地デジ切り替え」のために仕方なく「薄型大画面TV」を購入しているに過ぎません。

まさか本気で言っているんではないでしょうね? あはは。面白いジョークですよ。

地デジのCM見ました? 「2011年アナログテレビ放送終了」の黄色いシールが貼られたアナログ専用機は外付けの地デジチューナーが必要になりますってスマップの草薙さんが説明してますよね。映らなくなるから仕方なく買うのであれば地デジチューナーを買って今のTVをそのまま使えばいいんです。つまり嫌々買っているんじゃなくてハイビジョンの高画質を見たいからじゃないですか。それで一度見たら戻れなくなる。TVでやっている映画は殆どがHD放送でDVDより圧倒的に綺麗です。今までDVDで映画を集めていた人は次にとる行動は何? 当然HD版の映画を欲しがるに決まってます。アニメのDVD-BOXは売れているけどコレクション要素が強いからで高画質需要も当然あるでしょう。アニメのフルHD版のBD-BOXが出たらかなり売れると思いますよ。今後急速にTV、DVD、ゲームのHD化が進んでいくでしょうね。それでDVDとゲームのHD化を牽引するのがPS3なんです。
2007/01/31(水) 22:08 | URL | マグドリ #rN6YxnbQ[ 編集]
現実を直視しましょう・・・
>まさか本気で言っているんではないでしょうね?
勿論本気ですよ、私の主張は一貫してると思いますが?

確かに「地デジチューナー」を接続すれば、デジタル放送の受信は可能です。
おそらくそういう形で相当数のTVは残るでしょうね。
特に、子供部屋のTV(つまり、TVゲームが接続される可能性が高いTV)はそうなるはずです。

しかし、せっかくのデジタル放送なのだから「ハイビジョン画質」で楽しめる大型TVも一家に一台位は欲しい、というのが一般的な考えでしょう。
だから、HDTVが普及しているのです。
それに直接繋がる機器は、現状では残念ながら「PS3」でも「BDプレーヤー」でもなく、「ハイビジョン対応DVDHDDレコーダー」なのですよ。
(「BDレコーダー」ならば、10万円を切ってくれば候補に入ってくるでしょう。)
稀にゲーム機に接続されるとしても、第一候補は「みんなで遊べる」Wiiでしょう。
「リビングに置かれる一番大きなTV」なのだから当然です。
これが、普通の感覚なのですよ。
2007/01/31(水) 22:50 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
横から失礼しますが・・・
はじめまして。最近、ここのブログを見つけて、楽しく拝見させて頂いてます。
どうもPS3ネタだと食い付きがいいようですね(笑)
ほたるいかさんとマグドリさんのやり取りを楽しく読んでます。

実は私も嫁と結婚するまでは、マグドリさんの思考回路でした。
つまりHD画質は普及を促進する力があると。

でも嫁にそんな考えを打ち砕かれました。
我が家にはHDのプラズマがあるのですが、嫁は別にHD画質だからといってデジタル放送でしかTVを見ないという訳ではないのです。
画面にアナログ放送が映っていても、わざわざ綺麗なデジタル放送に切り替える訳ではなく、そのままアナログ放送を見ています。
私には考えられないのですが別に問題はないようで、重要なのはコンテンツらしいです。
「なぜ切り替えないのか?」と聞くと、「切り替える操作がメンドくさい」らしいです。
リモコンのボタンを押すだけの話なのですが、嫁にとってのHD画質など、その程度の物なのです。

よく考えれば、現在のHD放送も差別化は画質だけです。
例外として、BSデジタル放送やデータ放送がありますが、BSデジタルではコンテンツがショボイので、我が家でもあまり見ないです。データ放送にしても、面白い番組を見ている途中ならデータ放送なんか見ている暇はあるはずもなく、見る場合というのは、特に見たいコンテンツがないから「ちょっと見てみるか」という程度の物です。
他に品質を追求している物としてSACDがありますが、CDとの差別化は音質とマルチチャンネルだけであり、もう消えていく運命かと心配しているぐらいです。

ビデオがDVDレコーダーに取って代わられましたが、HDDやDVDの画質がいいからではなくて、単に便利だから普及したと思います。タイムシフトや追いかけ再生、テープの管理をしなくていいなど、生活スタイルが変化するからです。
画質・音質だけでは、品質が上がるだけでなので、嫁の様な一般ピープルは「いいなあ・・」とは思うのですが、自腹で買うには至りません。別に汚いアナログ放送や普通のCDでも同じ内容が楽しめるからです。
要するにマニア以外の一般ピープルには、画質・音質がいいというだけでは訴求効果はあまりないのです。

なぜマグドリさんはこの事実が理解出来ないんですかね?
マグドリさんや私などはマニア側にいて、その他大勢側にはいないということが。
重要なのはコンテンツの存在であり、画質・音質は二の次であるとういう事実が。
綺麗なだけで面白くないコンテンツには、マグドリさんだって反応しないでしょ?
マニアではないごく普通の人の感覚を理解する努力をしてみて下さい。
2007/02/01(木) 11:44 | URL | isp2 #gIYQI5Sw[ 編集]
コメント有難うございます
実に客観的で的確なコメントだと思います。
とても有り難いことです。

「従来のTV」と「HDTV」を並べて「どちらが綺麗?」「どちらが欲しい?」と聞かれれば、誰だって「HDTV」と答えるに決まっています。
ですが、「従来のTV」に特に不満がある訳ではないのです。
なのに何故「HDTV」がこれほど売れているのか?これはやはり国策による「アナログ停波、地デジ切り替え」とそれに伴う「CM攻勢」等によって、消費者がかなり煽られた結果なのだと思います。
実際に電器店の売り場に行くと、「地デジ対応薄型大画面TV」が所狭しと並べられており、販売員も猛烈にプッシュするでしょう。「せっかくだから頑張って買ってみるか」と考えるのも無理はありません。

しかし、一度「HD画質」に触れたからといって、もう従来の「SD画質」には戻れない・・・なんていうのは余りに短絡的過ぎます。
一般ユーザーは従来の画質に特に不満は無く、HD画質には「どちらかというといいなあ」と感じるだけです。
「モノクロ画面」と「カラー画面」程の劇的な変化では無いのですよ。

これは、ゲーム機の世界でも同じ事です。
実際に携帯機の世界では「PSP」は「DS」に惨敗を喫しました、これは何故でしょうか?
「GBA」との互換性?違うでしょう。
「犬」や「脳トレ」の神風ヒット?これは確かにそうかもしれません。
では何故それらが世界的な大ヒット商品になったのか?これを一から考え直す必要があると思います。

「PSP」と「DS」はどちらの画面が綺麗?と問われれば答えは決まっています。
しかし少なくとも、「PSP」の美麗画面で一度プレイすれば糞画面の「DS」なんて全くやる気が起きない、なんていうユーザーはかなりの少数派だというのは事実でしょうね。
これは、据え置き機の世界でも同じ事ですよ。
2007/02/01(木) 12:49 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
はじめまして
どうも初めまして。

ほたるいかさんの上の書き込みを見まして、少々前の記事ですがレスさせていただきます。

PSPとDSの比較をなさっているのですが、これは当たり前のことではないでしょうか。
つまり、任天堂が常々言っているとおり、DSやWiiというのは今までの客層ではない新規のゲームファン開拓が成功したということです。美麗画面を求めるゲームファンがいなくなったわけではなく、美麗でないけど面白いからやる、という新しい顧客が増えたわけです。

そこで、もう綺麗な画面のゲームはやらなくていいや、と旧来のファンがそちらに全部移り、次世代ハード、つまり360やPS3のゲームは必要ないと思うかというと、僕はそうではないと考えます。任天堂は新しい顧客を開拓し、一気に国内ではトップの座に躍り出ました。ですが、PS2などで今までゲームを楽しんできたコアゲームファン層が、DSやWiiのゲームだけで満足できるかというわけではないと思います。

ですから、WiiやDSがこれから、新しく開拓したisp2さんの奥さんのような飽きやすい「一般層」の顧客を満足させつづけ、さらに層を広げられるかどうかはともかくとして、PS3や360が「終了する」とは僕は思えないのです。うまいこと競合せず共存する可能性もあるのではないかと考えます。

僕自身は、今のところDSやWiiには興味をそそられるゲームがありません。やはり旧来の、エースコンバットやメタルギア、FFシリーズなどのゲームに惹かれます。そういった方向性のゲームは、北米型のようなグラフィック重視の進化を続けるでしょう。ですが、WiiやDSで面白いゲームが出たら購入すると思います。同じように、360やPS3のゲームにも期待しています。

ほたるいかさんが、市場の大きさだけで「負けハード」という言い方をしているのであれば、負けハードになるかと思います。ですが、「消える」「消滅する」とお思いなのでしたら、賛成しかねます。
2007/02/08(木) 03:40 | URL | 名越し #qbIq4rIg[ 編集]
>もう綺麗な画面のゲームはやらなくていいや、と旧来のファンがそちらに全部移り、次世代ハード、つまり360やPS3のゲームは必要ない

あの、私は一言もそんな事を言った覚えはありませんよ?
どうも、PS3擁護派の方は話を極論に持ち込もうとするきらいがあると思うのですが?

ただし、「ゲームビジネス」の枠の中で主流でありつづけるのか?という問いには、(特に国内においては)おそらく無理でしょう、と答えるでしょうけれど。

またそうなった場合に、5000億もの先行投資により「売っても赤字、売れなければもっと赤字」という状況に自らを追い込んでしまった「PS3」のプラットホーム消滅という事態も有り得ると思います。

しかし、それでコアユーザー向けの「グラフィック重視路線」の作品開発が無くなってしまうわけではありません。
幸いなことに「Xbox360」は北米を中心に1000万台以上を既に販売し、200万本以上販売したヒット作「ギアーズオブウォー」(これは「グラフィック重視路線」の作品です)も既に登場しています。

「Windows Vista」登場により、PCゲームの世界ではリアルグラフィック志向が更に強まっていくことと思いますし、これは同時に「Xbox360」の作品が充実していくことを意味することでしょう。

あと、これを勘違いしている方が非常に多いのですが、「Wii」でも「グラフィック重視路線」の作品は作れます。一般ユーザーの満足していた「PS2」よりも格段に綺麗なグラフィック描写能力があるのですよ。
「PS2」で開発されていたシリーズものの続編程度なら問題なく展開可能でしょうね。
実際、今度発売される「ファイアーエムブレム」のCMが既に始まっていますが、ムービー部分はまさにPS2系のゲームそのものですよね?
あとはサードの取り組み次第としか言いようがありませんが、国内市場では当面「PS2」と「Wii」のマルチという形でのソフト供給も多くなるような気がします。

ですから、旧来の路線を継承する「グラフィック重視路線」の作品を楽しみたい方が不安を感じる必要は全く無いと思いますよ。
「消える」「消滅する」なんて全く考えていません、しかし「一時的に減少する」ことはあると思います。

その理由は「回収不能なほどの開発費高騰」と「(大ヒットには欠かせない存在である)ライトユーザーの意識の変化」です。
これらは、時間の経過によって徐々に解決あるいは変化していく部分でもあるかもしれませんね。
2007/02/08(木) 07:23 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/364-76883aa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。