伝説のバカゲー「トリオ・ザ・パンチ」がPS2に登場

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アーケードゲーム全盛期にそれなりの地位を築いている中堅メーカーだった、今は無き「データイースト」の怪作「トリオ・ザ・パンチ」が、PS2ソフトとして来月発売されます。
「オレたちゲーセン族」シリーズです、価格は2000円(税込)と安価です。

オレたちゲーセン族 トリオ・ザ・パンチ
オレたちゲーセン族 トリオ・ザ・パンチ
ハムスター 2007-02-08
売り上げランキング : 1433

おすすめ平均 star
star迷作

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1989年、ゲーセンに『艶姿三強男』が現れ、爆笑の渦に包まれた!?神父が吼える!羊に呪われる!そして、熱い漢が駆け巡るナンセンスアクションの決定版!ステージだけで35面。「考えるよりも感じて遊ぶ!」歴史に残る輝ける迷作です。

「トリオ・ザ・パンチ」プレイ動画





全35面ということで大変なボリュームのように思えますが、一つ一つの面は非常に短くむしろお手軽な感じですね。
元々アーケードゲームですから、難易度はそこそこ高めのようです。

このゲーム独特の少々イカれたテイストは製作担当者(他にも「カルノフ」「チェルノブ」等を担当)独特のセンスで、他の人ではなかなか出せないものでしょう。
また、この癖のある作品をそのまま世に送り出してしまう「データイースト」の器の大きさも大したものです。
(まあ、それが「ゲーム不況」の第一波をもろに喰らって真っ先に倒産してしまう原因となったのかもしれませんが・・・。)

この当時のゲームは、少人数低予算で作られるが故に製作者の個性が前面に出た作品が多く、この作品のように「記憶に残る」名作(迷作?)も多かったように思います。
最近こういった「個性的で心に何となく引っかかる作品」が本当に少なくなりましたねえ・・・。



ブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/367-75aaa232
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。