ソニーが振動機能特許でImmersionと和解、PS3ソフトに振動機能が復活か?

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これは大きなニュースです!
SCEが「ゴネ得」を狙ってしまい、結果として話が大きくこじれて賠償額が大きく膨らみPS3のコントローラに振動機能が搭載不可能となってしまっていた「振動技術特許を巡る訴訟」が和解に達したそうです!
情報元 ゲーマーホリックさん ゲーム&情報ブログ(SF&NF)さん
Engadget Japanese ソニー、振動機能特許でImmersionと和解

これはPS3にとっては非常に大きいんじゃないですか?
なにしろPSやPS2との互換性が仮に完璧であったとしても、振動機能が無い事でユーザーはPS2を処分できない状況が生まれていましたし、旧ハードのコントローラ系の周辺機器はアダプタを介してもPS3に接続不可能という極めて不自然な仕様にならざるを得ない状況でしたからね・・・。

和解の詳しい内容については不明で、Immersion社側が譲歩したのかSCE側が要求を飲んだのかはわかりませんが、従来「PS3から振動機能をカットするのが賢明な経営判断」などと語られていたくらいですので、多少の譲歩があったとしても相当な高額の和解金だったことは間違い無いでしょう。
その金額は、ハードの価格に上乗せせざるを得ないわけです。勿論値上げされることは有り得ませんけど、(普及の後押しに必要不可欠な)値下げが可能になる時期は相当遅れることになるでしょう。
それでも、国内での週間販売台数が2万台程度の低レベルに落ち込んでしまっている現状を打破する為には「振動機能の復活」は必要不可欠で、まさに「背に腹は変えられない」経営判断だったのでしょう・・・。

結果的に和解するのであれば、絶対にPS3発売前にするべきでした。そして現在のような中途半端なモーションセンサー搭載はせずに「Wiiリモコンは子供騙し」と泰然と構えていれば良かったのです。
それなのに実に中途半端な「SIXAXIS」を一旦標準装備してしまったのは痛恨の失策だったと思います。
今後「SIXAXIS」のメリットを称えてきた自らの過去に縛られる事になるのも痛いですが、なにより任天堂Wiiの進めたい「次世代は入力デバイスの進化」という流れに自ら乗っかってしまったのは本当に痛いことだと思いますよ・・・。
(任天堂(宮本氏?)がここまで計算に入れていたとしたら、本当に凄いことです。)

すぐにでも振動機能を搭載した「SIXAXIS」の標準装備化を始めるべきだと思いますが、「すぐさまSIXAXISに振動機能を搭載することはなく、予定もない」とのことです。
それはそうでしょう、現在制作中の作品は「振動無し」前提で制作されているのですから、新たに振動機能を加えるとしたら更に半年くらいは待たねばならないでしょう。
振動機能が搭載されるのは、夏に発売予定の「みんなのゴルフ5」と同時期か、従来値下げの噂されていた年末あたりになるでしょうね。

ただ、PSやPS2の周辺機器を接続可能にするアップデートは早い時期に行われるでしょうし、これは結構大きな前進と言えます。
今後、ユーザーはPS2との互換性のある上位機種として安心してPS3に買い換えることが出来るようになるはずで、異常に高価だと思われていた価格も今までより「PS2本体の価格分」程度割り引いて考える人も多く出てくるでしょう。
それでも高いことに変わりはありませんが、少なくともドンキ特価「39800円」でも高過ぎとまでは思われなくなるでしょう。
下がる一方だった「転売相場」も、若干再上昇するかもしれませんね。

さあ、このSCEの経営判断は吉と出るのでしょうか、それとも凶と出るのでしょうか?
私は、「遅すぎたしコストも莫大に膨らむはずなので「凶」だが、このまま進んでも「大凶」だったので少しはまし。」程度なのではないかと思います。
ハード製造コストは更に上昇しビジネスとしては破綻してしまうかもしれませんが、ソニーにはそんな事を気にしている余裕はもはやありません。
ゲーム機としての価値が飛躍的に上昇するのはユーザーとしては喜ばしいことですし、(本来あまり好ましくない)未だ好調なPS2と競い合う形になっている販売台数も徐々に改善されていくでしょう。

ただ、Wiiに先行を許し「Wiiリモコン革命」が成功してしまった現状を見ると、やはり時既に遅しと言わざるを得ませんね・・・。

ブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ただソニーはこの報道のちょっと前あたりで
「振動機能は前世代の遺物」的発言をしてたり。

ポーズとしてはPS3で振動機能はいらないって格好です。
今回の和解は、PS、PS2をまだまだ売りたいためのものでしょうね。
2007/03/03(土) 10:05 | URL | まるーく #-[ 編集]
「PS3に振動は不要」というポーズは
ユーザーに向けてではなく「Immersion社」に向けていたのではないか?という説もあります。
「Immersion社」は実は倒産寸前と言って良いほど経営状態が思わしくなかったらしく、気の無いポーズを取り続けることで大幅な譲歩を引き出そうという魂胆だったというのです。
実際のところ痺れを切らして譲歩に応じたのが「SONY」なのか「Immersion」なのかはわかりませんし、双方がお互いに歩み寄ったという可能性が一番高いかな?とも思いますね。

ただ、つまらない「ポーズ」のおかげで失ったものは大きいですよね、本当に。
とりあえず、PS・PS2のソフトが今後(互換性を抜きに考えて)普通にプレイ可能になるであろうというのは、歓迎すべき事ですけどね。
2007/03/03(土) 13:53 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
革新的な振動コントローラーを開発中!?
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070302i214.htm

今日の読売朝刊ではSCEが支払った損害賠償金は約100億円と見られるとしていて今後、PS3のコントローラーにも振動機能を搭載する可能性があると書かれてます。本件に関してSCEサポセンにメールで問い合わせした所、何と回答メールが来ました!!

----------- ここから
PLAYSTATION 3につきましてご意見をお寄せいただき、
誠にありがとうございます。

現在のところ、振動機能を取り入れた製品に関してご案内できる情報はありません。
各メーカーや開発者と、協力・連携しながら、イマージョン社の技術を取り入れた新しく革新的なプレイステーション製品の開発に関する進捗を適宜お伝えできればと思います。

なお、お書きくださいました内容は担当部署に申し伝えさせていただきます。
----------- ここまで

文面から推測すると新型の振動機能を搭載したコントローラーを開発中の様子ですね。これは楽しみです。
今回の和解は過去のPS2での特許侵害を解決しただけでPS3には無関係と言う噂もありましたが、このメールの回答を読む限りPS3への振動搭載を検討している様子が伺われるので、SCEの前向きな取り組み姿勢は評価できますね。
2007/03/03(土) 20:56 | URL | マグドリ #rN6YxnbQ[ 編集]
PS3ソフトに振動機能を採用すると使用料が上乗せされていくので、過去ハードの分のみとりあえず清算しただけだとの噂もありましたけど、いくらなんでもそこまで愚かな方針は取らないでしょうね。
「約100億円」という本来ならば途方も無い巨額の賠償金も、エレキが立ち直ってSONY本体が好調な今なら何とかなるということでしょう。
実際今の低調な販売ペースが続いていけば、次世代DVDを普及させたい本社の思惑をも潰しかねませんしね。

これでPS3はまともに戦える準備がようやく整ったと言えます。なにより「PS2と互換性のある上位機種」だとはっきり言えるようになったのは大きいです。
記事中にも書きましたが、PS2本体分(1万5千円位?)今までより感覚的に安くなった感じがしますね。
賠償金のおかげで値引きされる日は遠のきましたが、「振動付きコントローラ」が同梱されれば実質値下げのようなもので、このタイミングに有力なソフトをぶつければ、流れは変わってくるかもしれません。
ただ、それにしてもWiiを楽に先行させ過ぎたのは大いに悔やまれるところではあるでしょうけど・・・。

余談になりますが、「100億円」といえば松下が「3DO」の権利を買い取った額とほぼ同じですね。
大手家電メーカーならば「勉強代」としてなんとか負担できる金額なのでしょうね。
2007/03/03(土) 22:20 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/400-87dd5550
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。