「モンスターハンターポータブル 2nd」がミリオン達成!

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
mhp01.jpg

PSP(というかPS陣営)で一人気を吐く大ヒットを記録している「モンスターハンターポータブル 2nd」の出荷数が100万本を突破したそうです!
情報元 GAME Watchさん

モンスターハンターポータブル 2nd
モンスターハンターポータブル 2nd
カプコン 2007-02-22
売り上げランキング : 2

おすすめ平均 star
star感想
star初プレイ
star好きな人にはたまりませんね〜

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

数年前から続いているゲーム不況の中で「負のスパイラル」に陥るタイトルの多い中、久々にコアユーザーが注目し売上が伸びることでライトユーザーもつられて買ってしまう「正のスパイラル」に乗った作品の登場と言えますね。
(任天堂作品は、まあ例外でしょう。)

この作品がここまで大ヒットを記録したのは、やはり「手軽」「わかりやすい」からではないかと思います。
タイトルを聞いただけでどんな作品かイメージしやすく、誰もが納得するであろう綺麗なグラフィックを持ち、一目で面白さが理解できて、友人と持ち寄るだけの簡単な通信対戦で更に面白さが拡がり、価格も比較的安い。
さすがにここまで条件が揃うとヒットするんですねえ。
それに、決して生活必需品ではない「ゲーム」というものに、いかに「新鮮な驚き」というものが重要かというのが本当によくわかります。

また敵が(人間型でない)モンスターだからか、この手のゲームにしては珍しく女性のファンも多いというのも特徴ですね。
男性ユーザー好みの作品が多いカプコンの作品の中では、こういう面でも異色の作品です。

この「モンハンP2」の大ヒットにつられる形で、「初代モンハンP」の出荷本数もベスト版を合わせて100万本をまもなく突破するようです。
かつてミリオンタイトルだった「バイオハザード」にもはや多くを望めない状況の中、ようやく現れたカプコンの柱となり得るタイトルの登場は、ゲーム業界全体の為にも喜ばしい話題だと思います。

関連記事
「モンスターハンター ポータブル2nd」が初週70万本の大ヒット



ブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
すごいですねぇ~
100万本突破!は今の時代
ナカナカできる数字じゃないですしね。
ここにかつてはファンタシースター
オンライン&ユニバースも仲間入り
だったのにねぇ~オワタ。
ゲーム制作管理もパチっぽっくなってしまったのが
負の問題ナリ。
逆にカプコンはゲームをわかった制作手法を
続けている数少ない会社ですね。
大神メンバーが抜けてしまいましたが
開発環境から整えてしっかり構築しているので
基本的には体制的に大丈夫なんでしょうね。
・・・すべて国内CSのセガに掛けている。。
2007/03/07(水) 07:30 | URL | marukomu #-[ 編集]
発送の転換の勝利
もともと「モンハン」はオンライン専用ゲームとして企画されたものらしく、実際オンラインプレイにはまったプレイヤーも多いです。
しかし、実際はインフラや課金のせいで敷居が高いですし、見ず知らずの人との協力プレイに馴染めない人も多いでしょう。
その辺を「知り合いとゲーム機を持ち寄って顔を見合わせながら協力プレイ」という、簡単で抵抗感の全く無い形で実現できたのは大きいと思います。
PCや据え置き機と遜色無いグラフィックで楽しめる本格感も大きいでしょうね。
それにソフトの価格も安いです。据え置き版の焼き直しとはいえ、売れるとわかっているソフトなのでもう少し儲けたい気持ちもあったでしょうが、ぐっとこらえた良心的な低価格に拍手です。

「ファンタシースター」も、同様の発想でPSPで企画されていたらもっと受けていた可能性があります。
名声が地に落ちた今となっては、もはや手遅れかもしれませんが・・・。

この「モンハンP」に倣ったと思われるDS版「ドラクエⅨ」は、面白さの面では全く心配無いとは思いますが、「良心的価格設定」は為されそうに無いのがちょっと心配ですね・・・。
2007/03/07(水) 10:05 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
PSPの場合、売り切れが続くDSと異なり本体の店頭在庫が潤沢にありますから、本体同時購入も多かったのではないでしょうか? 常に在庫がある状態と言うのは一見負けハードのイメージですがキラータイトルが出た直後は非常に強い武器になりますよね。PS3も大量に店頭在庫があることを問題視されてますが、本来は売り切れで手に入らないよりも「いつでも買える状態」のほうが理想的です。

PS2版の1と2はここまで話題にはならず地味な売り上げだったと思います。どうぶつの森が64、GCでそこそこの実績を積んでDSで大ブレイクしたのと状況が似てますね。これも据置型から携帯機への流れですかね? でもDS版の勢いをうまく生かすことが出来ればWii版も売り上げが期待できそうです。そうなると気になるのはモンハン3の売り上げですね。PS3は販売が伸び悩んでますが、PSP版の勢いを繋げることが出来ればPS3でも十分ビジネスになると思うんですけどね。
2007/03/07(水) 20:52 | URL | マグドリ #rN6YxnbQ[ 編集]
品薄による機会損失は確かにあります。
しかし「人気商売」でもあるゲーム市場では、「品薄による枯渇感」というファクターもかなり重要です。
良い例が「たまごっち」です。
第一次ブームの時は、品薄によって煽られたユーザーによる争奪戦となり大ブームとなりましたが、増産されて潤沢に出回り「ありがたみ」が無くなると同時にブームが終了し、バンダイは大きな痛手を受ける結果となりました。
あまり良い手法とは言えないと思いますが、任天堂の「出荷調整」はDSやWiiの人気を長期間持続させる手法としては非常に有効だと言えるでしょう。
思えば、PSが他のハードを引き離して大きく伸びた時期は、PSのみが常に品不足で任天堂やセガとの勢いの違いが素人にも店頭で一目でわかる状況でした。
今は、当時のPSがDSやWiiに完全に置き換わっていますよね。

「モンハン」はやはり協力プレイが楽しい作品ですので、現時点では携帯ゲーム機のアドホック通信が一番手軽で馴染みやすかったということでしょうか?
家族の人数分の本体とソフトが売れることも考えられ、これは「どうぶつの森」とも良く似ていますね。
(「お母さん」や「おじいちゃん」までが参加することは稀でしょうが・・・。)

そういう意味では、PS3版「モンハン」に過剰な期待をかけるのは難しいですが、ここまでくると「ブランド買い」も多少は期待できますね。
振動機能の復活の見通しが立ったのも、良いニュースでしょうね。
2007/03/07(水) 22:25 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
出荷調整?
どうなんでしょう? 在庫が無くて買えないというのは明らかに販売機会の損失ですからね。意図的に品薄感を演出して人気を持続させる行為は販売店や消費者にはいい迷惑じゃないでしょうか? DSやWiiでは時々抽選販売とか緊急入荷の行列とか見ますがユーザーは並びたくて並んでいるんじゃない、貴重な時間がつぶされるのに並ばないと買えないから泣く泣く並んでいるんですよ。任天堂はユーザーに過度の負担をかけている事実を分かっているんでしょうかね? 販売店にとっても在庫が無いのは打撃でしょう。在庫がないと買いにきた客を逃がしてしまいますからね。他店やネットで買われてしまうと大事な客を取り逃がし売り上げが減ることになります。個人的な見解ですが実際には出荷調整なんてしてなくて単に供給が間に合ってないだけじゃないでしょうか? 要するに任天堂は供給責任を果たしてないんですよ。何で増産をしないんでしょう?
2007/03/08(木) 21:38 | URL | マグドリ #rN6YxnbQ[ 編集]
慌てて増産することが
結果的に人気を急速に冷え込ませかねない事を、自社や他社の経験を通じてしっかり学んでいるのですよ。
何度も「百戦錬磨のしたたかな企業」だって言っているではないですか。
特に、本来子供をターゲットにした商品がまかり間違って大人も巻き込んでしまった結果起こった「たまごっちショック」の轍を踏まないように細心の注意を払っているように思えます。

良い実例が「Wiiの出荷台数」です。
未だ店頭に並んだその日に綺麗に売り切ってしまう店舗が多い人気商品ですが、販売台数は何故か徐々に減少しているんです。
普通じゃ考えられないことですよね?
勿論「ワールドワイドに販売エリアを拡げているから」とか「アジアが旧正月の時期で生産が追いつかない」とかいう表向きの理由はあるのでしょうけど、実際は様子を見ながら小出しにしているようにしか思えません。
そして「ファイヤーエムブレム」のような本体込みで売れるソフトが発売される週だけ若干出荷量を増やしたりしています。
今後、増えたその出荷数が一定になるかといえば「NO」でしょう。
今後も市場にある程度の「枯渇感」を演出しつつ出荷していくはずです。

それは、余り良い事ではないとは私も思います。
しかし、実はWiiに「Wiiスポーツ」以外にめぼしい弾が無いのはご存知のとおりで、Wii本体を手に入れることの「ありがたみ」がもし無くなってしまったらどうでしょうか?
お祭り気分で買っている「ライトユーザー」が醒めてしまって、急激に市場が消滅してしまう可能性はありませんか?
そうなってしまっては、いかに「Wiiオーケストラ」や「ヘルスパック」を出しても、もはや手遅れかもしれませんよ?

本来一過性であるはずの「ブーム」も、工夫次第では相当長い期間引き伸ばすことが可能です。
任天堂はそれを「DS」で実現し、「Wii」で再現しようとしているように見えます。
確かに「欲しくても売ってないから買えない子供達」が出るのは心苦しいことですが、ありふれてしまえば「欲しいとも思わなくなる」のが消費者です。
市場経済とは、ある意味「冷酷」なんですよ。

勿論「DS」のように週20万台近い出荷が週末のみで綺麗に無くなるレベルになれば、そんな気遣いももはや無用でしょうけどね。

それにゲームは基本的に「買い切り」なのですから、単価の高い本体が「入荷即売り切れ」という状況の「DS」や「Wii」は小売にとっては非常にありがたいはずです。
(そういえば、一台5万円程で仕入れた本体の店頭在庫がぴくりとも動かなくなった次世代機もあったような・・・。)
2007/03/08(木) 23:40 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
やっぱりおかしい
ユーザーってやりたいゲームがあるからゲーム機を買うわけでしょう? 発売直後とかは特に欲しくなくてもお祭り気分とか「面白そうだから」と言う単純な理由で買う人もいるでしょうけど、普通はゲームがやりたいから買うんではないですか? 売り切れてて人気だから買うわけじゃないでしょう? 本来、ハードに絶対的な自信があるんだったら店頭在庫があろうが無かろうが関係なく売れるはずです。在庫が潤沢になった途端に売れなくなるなんて、それってゲーム機として魅力が無いということじゃないですか。 任天堂のサイトを読んでもWiiの開発思想には絶対的な自信があるように思えるのにおかしくありませんか? 自信があるんだったら在庫が増えても売れ行きは落ちないはずじゃないですか?
2007/03/09(金) 21:30 | URL | マグドリ #rN6YxnbQ[ 編集]
ゲームへの「無関心」と戦う
岩田社長が語っていた言葉です。
要するに「ゲームなんて別に興味ない、必要ない」という「無関心」との戦いなわけです。
その「無関心層」がゲームをやらない買わないというわけではなく、もともと「ファミコン世代」だったり「携帯にテトリスをダウンロード」していたりするわけです。
また、人口に対する比率も相当高いでしょう。

それらの「無関心層」を惹きつけるために、「新機軸ハード」「ライト向けソフト」といった「正攻法」だけで通じると思いますか?
意図的に「ブーム」を過熱させ、その火を消さない工夫を続ける事だって当然必要となってきます。
無理矢理「子供向けのおもちゃ」を大人にも認めさせようとしている危うさを、任天堂が把握していないわけはありません。

それに、簡単に「増産」と言ってますがその為には当然設備投資が必要です。
投資したからには「稼動」させなけれならない、作りすぎたと気付いても簡単に減らすことは出来ないのですよ。
店頭にいくらだぶついても困らなくなるのは、「独占市場」を形成した後の話です。
「SFC」の時代のように様々なジャンルのサード製ソフトが集結し、もう誰もが「Wii」を選ぶのが当然という状況になれば、いつでも簡単に買えるようにしても大丈夫でしょう。
それまでは、安易な増産をするとはとても思えません。

そもそも今のペースでも、国内ではPS3の3倍の普及ペースで独走体勢に入ろうとしていますし、
ワールドワイドでも、1年先行を許している360に今にも追いつきそうな勢いなのですから、全く問題は無いのではないでしょうか?
2007/03/09(金) 22:33 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/404-1d9abd14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。