北米で「Wii60」が現実のものに?

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年のE3におけるPS3の価格発表以来、特に北米のゲームファンの間での合言葉となった「Wii60(ウィーシックスティ)」(次世代ゲーム機を楽しむ為には、比較的安価なWiiとXbox360を買っておけばOKという意味)ですが、どうやら現実化し始めているようです。
情報元 Nintendo INSIDEさん

07年2月米国ハード・ソフト売り上げ(NPDグループ調べ)

・NDS 485,000
・Wii 335,000
・PS2 295,000
・360 228,000
・PSP 176,000
・PS3 127,000


1. 360 『Crackdown(ライオットアクト)』 427,000
2. Wii 『Wii Play(はじめてのWii)』 371,000
3. NDS 『ディディーコングレーシング』 262,000
4. Wii 『ゼルダの伝説トワイライトプリンセス』 130,000
5. PS2 『Guitar Hero 2』 130,000
6. 360 『Gears of War』 119,000
7. 360 『Major League Baseball』 113,000
8. 360 『ロストプラネット』 111,000
9. Wii 『Wario Ware Smooth Moves(おどるワリオ)』 109,000
10.360 『NBA Street Homecourt』 102,000


日本のゲーム市場とは、やはりかなり様子が違います。
ソフト売上上位を携帯ゲームソフトが占めるようになった日本と違い、未だに据え置き機向けのソフトが上位を占めています。(ハード売上は日本同様に携帯機が好調です。)
その中でも「Wii」「360」のソフトが人気を分け合うような形で上位を占めていますね。
売上のトップが、マッチョで不死身な主人公が大暴れするGTA系3Dアクション「Crackdown(ライオットアクト)」だというのも、いかにもアメリカンな感じです。

もう一つの次世代機「PS3」は、日本と同様に全く元気がありません。
格差社会の影響からか、未だに「PS2」の市場が残っている影響も大きいと思われますが、それにしても厳しい状況なのではないでしょうか?
丁度「DS」と「PSP」が発売された後もしばらくは「GBA」の市場が大きく残って、特に「DS」の普及の阻害をしていたのを思い起こさせますが、それにしてもここまで酷い状況ではなかったと記憶しています。

次世代機発売前は、北米市場は「リアル志向」が根強く、HDに未対応のWiiは厳しいのではないか?という意見も多く見られました。
実際、FPSで次世代機3機種マルチの作品も登場していますが、Wiiリモコンによる操作性の向上というメリットがあるにも関わらず、評価は芳しくありません。
日本よりは「リアル志向」が根強いのは間違いありませんが、その受け皿になるハードはどうやら「360」で決定的な状況です。
おそらく、昨年末に発売された「Gears of War」で次世代レベルのグラフィックを見せつけることに成功したことが大きいと思います。
今後も最大のキラーソフトと思われる「Halo3」が控えており、現在の勢いが衰えることは考えられません。
これは、最大市場である北米でのシェアを、持ち前のハイスペックで押さえ込むつもりだったはずの「PS3」にとっては大誤算だったと言えるのではないでしょうか?

Wiiは、日本でキラーソフトとなった「Wiiスポーツ」が本体にバンドルされて販売されている為、本体ばかり売れてソフトが全く売れない状況に陥っても仕方が無いにも関わらず、しっかりとソフトも動いています。
それどころか、日本では期待ほどの売れ行きではなかった「ゼルダの伝説トワイライトプリンセス」がしっかりと売れています。
もともと海外での人気が高いタイトルなので、当然といえば当然ですけどね。
それになにより、据え置き機の月間売上台数でトップに立ったというのは大きいです。
トップシェアハードの地位を獲得する為には第一段階に過ぎませんが、その切符を一時的にでも手に入れる事に成功したのは大きいと思われます。

PS3は、北米においては今後も相当な苦戦を強いられるでしょう。
日本ではキラーソフト候補と目されている「FF13」や「MGS4」は、そんなに人気のあるタイトルとは言えませんし、おそらく最大の人気タイトルの一つ「God of War」の最新作は、旧世代機の「PS2」で発売されるというちぐはぐな状況です。
「EA」を始めとする有力ソフトハウスが、次々と離反し始めているのも大変気になるところです。
(任天堂も「GC」時代に同様の状況に陥りましたが、ファーストの力で何とか乗り切りました。)

2月は物が売れない時期ですし、有力ソフトの発売も無かったようですので、ここだけで判断するのは難しいとは思いますが、北米市場で「Wii60」が現実のものになる可能性はかなり高いのではないでしょうか?

ブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/415-23558784
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。