「デビル メイ クライ 4」がマルチ化決定!更に「ファイナルファンタジーXIII」も?

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
070320b.jpg

先日、PS3専用ソフトとされていたカプコンの「デビル メイ クライ 4」マルチプラットホーム化が、正式に発表されました。
株式会社カプコン プレスリリース

カプコンは、基本的に全てのプラットホームに力を入れる傾向のある会社ですので予想された範囲内の出来事だとは思いますが、「デビル メイ クライ」は「バイオハザード」をGCへ独占供給する代わりとしてPS2に独占供給されてきたタイトルだけに、PSユーザーとしてはやりきれない思いが有るのかもしれませんね。
この流れだと、「モンスターハンター3」あたりもかなり怪しいですね。
やはりスタート時点の躓きに加え、ハード普及を促すべき時期に有力タイトルを投入する義務をファーストであるSCEが怠っていることが、サードパーティの離反に繋がっているようです。

カプコンが真っ先に動き「鈴を付けた」ことで、他のサードもかなり動きやすくなりました。
複数ハードに同時に力を入れる事が可能な大手のカプコンは「マルチ化」で済みましたが、体力の無いソフトハウスはこれ幸いと「開発中止」あるいは「ハード乗り換え」に動くことも大いに考えられます。
この悪い流れを食い止める力を持つ「キラータイトル」を、SCEが自前で用意出来そうに無いのは本当に痛いですね。(というか、普通では考えられません。)


そして、PS3陣営の総大将とも言うべきビッグタイトル「ファイナルファンタジーXIII」も、どうやら例外では無さそうです。
ゲーマーホリックさんの記事  
[PS3] 『ファイナルファンタジーXIII』 がPS3独占かどうかは議論の余地がある


欧州では、モーターストーム、レジスタンス、バーチャファイター5を含む30以上の同時期発売タイトルの他にも、2007年には200ものタイトルが控えています。しかし、ソフトの開発費は膨れ上がり、ファーストパーティのタイトルを除き、他社のタイトルを独占するのが難しくなっています。
最後にファイナルファンタジーXIIIがPS3独占かどうかについてですが、Devil May Cry 4がマルチプラットフォームタイトルになったように、議論の余地があるでしょう。


これは悲観的観測を正直に語ったもので、実際にこうなるという話が持ち上がっているわけではないと思われますが、SCEの重役がここまで悲観的にならざるを得ないほど厳しい状況なのだという事なのでしょうね。

仮に「FF13」の独占が維持できたとしても、スクエニが「FF13」向けに自前で開発中の、高性能次世代機向けのソフトを開発する際のツール「ホワイトエンジン」は未だに研究中であるらしく、いつ「FF13」が商品化されるかの目処さえ立っていない様子です。
このまま発売予定が伸び伸びとなって結局発売は次々世代機の時代になるという、丁度「ドラゴンクエスト?」のような存在になってしまうかもしれません。

「ドラクエ7」は最初64DD向けに開発が始まり、次にセガサターン向けに開発が進められ、結局「FF7」の大ヒットで勝利が確定的になったプレイステーションでの発売が決定しました。
その後も開発は遅れに遅れて、結局発売された時には既に「PS」の後継機「PS2」の発売後でしたね。
「FF13」に同じような結末が待っていても、全く不思議ではないと思います。

ブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
もし・・・・
サスガにPS3から離脱は
スクウェアナショナリズム(プライドね
とPSの盟友としてはそこまでドラスティックには
動けないでしょうね。海外のように
問答無用な一方的解雇など平気で契約主義で
やっているのとは違ってまだアレでしょうし。
コレでX-BOX360とのマルチになっても
きっと「差」をつけたりなんなり
(日本未発売、アメリカヨーロッパのみ
もしくは時期を1年後にずらすなど)
が可能盛大。スクウェア系ってそう
自分的には認識していますねぇ~
ドラクエ7は個人的にはイロイロ残念賞。。
2007/03/22(木) 22:14 | URL | marukomu #-[ 編集]
PS3のネガティブな話を楽しそうに語るのが好きなようですね
2007/03/22(木) 22:31 | URL | 豚 #-[ 編集]
>marukomuさん

旧スクウェアは「FFムービー」の失敗で会社が傾きかけた時にSONYに救ってもらった恩義がありますので、簡単には動けないでしょうね。
現在でもスクエニの有力株主の一つですしね。

とはいえ、その影響下から逃れる意味もあってエニックスと合併したという話も聞きますが・・・。

旧スクウェアはPSへの移籍時に任天堂と絶縁状態に陥った為に、「ポケモン神風ヒット」でGB市場が活性化した際に参入できず、GB特需に潤う他社を横目にPS向けのみに高コストの作品を作りつづけるしかなかった苦い経験がありますので、今回は一気に動くことは無いでしょう。
しかし、様子を見つつ徐々に軸足を移動させていくことは十分考えられます。

PS3向けの新作はいつまでたっても「発売予定」のままで放置しつつ、他のハード向けの作品はコンスタントに発売されていく・・・なんて展開は容易に想像がつきますね。

「ドラクエ神風」がサターンに吹かなかったのは本当に残念です。
「七つ風」(ギブロの遺作)は吹いたけど・・・。


>豚さん

ニュースを淡々と紹介しているだけですが、そういう風に感じる方もおられるのでしょうね。
まあ「名は体をあらわす」とはよく言ったものですが。
2007/03/22(木) 22:46 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
まさかとは思うが…
正直言ってSCEにある手札はGTぐらいですからね。坂口氏の獲得に動いたMS、元から腐るほど人気シリーズを持っている任天堂に比べ、ソフトの魅力に欠けるのは周知の事実でしょう。PS初代の勝利も任天堂からのサード引っぺがし戦略が図に当たったからであって、自社ソフトだけで何とかなる任天堂のような「我が道を進む」風の戦略は禁じ手のはずだったと思うのですが…どうも「調子に乗りすぎた」感が否めませんね。
2007/03/23(金) 15:39 | URL | どざえもん #rqsSqHgI[ 編集]
なんつーか一年前は想像もつかなかった展開へ向けて突っ走ってませんか?これ。
エースコンバット6も360行っちゃったしSCEはどーすんのでしょう。
そもそも確実な弾がGT、GOW、上田氏の新作ぐらいっつー状況を正確に把握してるのかどうか。
ま、とりあえずMH3が360でも出ると個人的には嬉しいです。PS3代が浮くのでw
2007/03/23(金) 18:07 | URL | #-[ 編集]
絵が綺麗なゲーム
特に北米やイギリスでは「絵が綺麗なゲーム機」というくくりでPS3とXbox360はどっちでも一緒(高いか安いか)と認識されつつあるのでは?
 ますますマルチが増える傾向は明らかですし、そのハードでしかできないゲームが少なくなればなるほど差別化は困難になるでしょう。そうなっては泥沼の消耗戦。これは言うまでもなくどう考えてもMSに分が有ります。日本では豪快に深海に沈没しているので今更浮上可能とも思えませんが。
 ソニーとしては「ゲーム機ではない」などと言ってブルーレイも含めたハードとしての豪華さで差別化するはずが、結局「ゲーム」での価値提案を軽視したツケが緒戦から一挙に吹き出てきましたね。今後の焦点は値下げをいつするか(できるのか)でしょうか?
・・・携帯機共々末期的な話ですね。

2007/03/23(金) 18:51 | URL | ごくう #-[ 編集]
>どざえもんさん

「キラーソフト」になり得る自社タイトルは、おっしゃるとおり「GT」くらいしかありません。(アメリカでは「ゴッドオブウォー」もあり)
「トロ」は無料で提供してしまいましたし、「みんゴル」「ぼく夏」「サルゲッチュ」あたりがハードを牽引するとも思えません。

サードが当然自社ハードを選ぶはずという安易で傲慢な思考は、「セカンドパーティ構想」がもろくも崩れ孤立状態に陥った64時代の任天堂を彷彿とさせますね。
当時の任天堂は、自社+レア社の最強コンビとポケモンの神風ヒットで難局を乗り切ったわけですが、現在のSCEにそこまでの力はあるのでしょうか?

スクエニは、PS3を殺してしまうよりPS3を助けて恩を売るような気もしますが、それも程度問題がありますからね。
勝ちハードで出せば確実に200万本以上販売できるドル箱タイトルを、むざむざ腐らせる愚は犯さないでしょうし・・・。


>名無しさん

かなり前から不穏な空気は有ったんですけど、「結局売れるのはPS3だろうし、それならば長いものには巻かれないと仕方無いよなあ・・・」という感じでしたね。
それが崩れたのは、やはり「価格発表」がきっかけでしょう。
そして蓋を開ければこの惨状です、これは「レジスタンス」以外は「GTHD」にしろ「アフリカ」にしろ「イメージ映像」レベルの物しか用意しなかったSCE自身の責任でしょうね、全くの自業自得です。

カプコンはどんどん積極的にマルチ化するでしょうね。
それでもPS3を見捨てる事も無いでしょうから、むしろ良心的なのかもしれませんよ。

サードは利を得やすい方向に流れていくだけです、本当に64時代の任天堂の凋落そのものですよね。


>ごくうさん

特に北米では360が「自国ハード」なわけで、ただでさえそちらを贔屓目で見るでしょう。
その上今後急速に「マルチ化」が進めば、高価なPS3を積極的に選ぶ必要性は殆ど無くなります。

強いて挙げれば「後方互換性」でしょうが、今後製造原価を抑えることで悪化するという話ですし、和解に持ち込んだ「振動」についても具体的な動きは今のところありません。

今更「BDドライブ」を外す事もほぼ不可能でしょうし、残念ながら状況が好転する要素が見当たりません。

やはり、任天堂が「ポケモン」を生み出すことで窮地を脱したように、自力で何らかの「神風」を吹かせるしか無いのでしょうね。



2007/03/23(金) 20:05 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/421-ecca0517
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。