Keyの新作「リトルバスターズ!」

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
top02.jpg

「Kanon」「AIR」「CLANNAD」といった数々の名作泣きゲーを送り出しているKeyの最新作「リトルバスターズ!」の予約が始まっています。
発売予定は7月なのですが、早速アマゾンのランキングの上位に顔を出しています。
ギャルゲーがランクインするのは通常コンシューマ機への移植版の場合が殆どで、PCソフトである「リトルバスターズ!」のランクインは異例と言えるでしょう。
前評判の高さが伺えますね。
リトルバスターズ! 公式サイト

リトルバスターズ! 初回限定版
リトルバスターズ! 初回限定版
KEY 2007-07-27
売り上げランキング : 1

おすすめ平均 star
starこの世界には秘密があるらしい
star遂に来ました・・・・
starKey最新作!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

主人公・直枝理樹は幼い日に両親を亡くし、絶望の中にいた。それを救ったのがリトルバスターズと名乗る少年たち(棗恭介・井ノ原真人・宮沢謙吾・棗鈴)だった。彼らは理樹を連れだし、いろんなものを悪役に仕立て上げ、成敗して回った。今日も恭介の発案の元、馬鹿を続け、彼らは青春をひた走る。

設定からしていかにも泣かせてくれそうな感じですね、ちょっとあざとすぎるくらいです。(まあ、今回に限ったことではありませんが。)
シナリオライターがおなじみの「麻枝准」氏以外は全て新人というのも気になるところです。
それまでの蓄積がありますので大きく外すことは無いでしょうが、過去の模倣に終始して小さくまとまりすぎてしまう危険性は多分にあると思います。
「ONE」「Kanon」の「久弥直樹」氏はともかく、「planetarian?ちいさなほしのゆめ?」の「涼元悠一」氏までもが不在なのはかなり痛いですね。

絵柄は「Key」特徴だった「樋上いたる」氏の「いたる絵」とは大分違ったものになっています。
前作「CLANNAD」までは以前の面影が残っていましたが、もはや全くの別物です。
このほうが良いという方も多いでしょうが、個人的にはちょっとキツいですね。

ボリューム的には大作だった前作「CLANNAD」よりも更にアップしているようです、ノベルを読み進めるだけでなくゲーム的な要素も挿入されているらしく、コストパフォーマンスは最高でしょう。
Keyの中心人物「麻枝准」氏はこの作品を最後にシナリオライターをやめるという話も出てきており、まさに集大成的な作品だと思われます。

今回も「全年齢向け」作品ですので、女性などにも幅広くプレイしていただきたい作品です。
Keyブランドに恥じない名作であることを期待しましょう。



ブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
アニメ版はHD制作か!?
keyの作品は
PC版→家庭用ゲーム機版→アニメ版TV放映→DVD-BOX→BD-BOX
と何と5回も使いまわして何度も収益を上げるビジネスですね。実際持っているのはDC版の「Kanon」「AIR」のみで「CLANNAD」は持ってません。BD-BOXが出たのは現状AIRだけですが、そのうちKanonやCLANNADもBD-BOXが出るんでしょうね。KanonとAIRはアプコン放映でしたがCLANNADやリトルバスターズ!のアニメ版は最初からHDで制作される可能性が高いと思っています。4月のアニメ改変で特徴的なのはHDアニメが増えてきたことで今後の新作アニメはHD制作が主流になりそうな勢いです。高画質素材の流用が可能なことからリトルバスターズ!の家庭用ゲーム機移植版はHDゲーム機つまりPS3で出るのではないでしょうかね? 最終的にBD-BOXを出すつもりならPS3との相乗効果も高いですしね。
2007/04/12(木) 19:04 | URL | マグドリ #rN6YxnbQ[ 編集]
アニメの話は気が早いですが・・・
「Key」に限らず、ギャルゲー(エロゲー含む)の成功パターンとしてはおっしゃるとおりの流れでしょうね。
特に未だに強力なブランド力を保持しているKey作品であればなおさらで、ほぼ確定事項でしょう。

それを何とかPS3の好材料に結びつけようとする姿は涙を誘いますね。
まあ、BD版「AIR」観たさでPS3を購入したユーザーも少なくないようですしね。
DVDで供給される作品ですからPS3独占となる可能性が高いとは思えませんが、PS3に「ギャルゲーハード」を担当していただく未来も悪くないですね(苦笑)。
2007/04/12(木) 20:51 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/440-93aa2bd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。