プレイステーションの生みの親「久夛良木健」氏が第一線から退く

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070426-00000010-maia-game-view-000.jpg
「4つ目のプレイステーションプラットフォームを導入し終えた今、これらのプラットフォームにより最先端の技術と全世界のクリエイターの皆様の創造力を結び付けることによって、コンピュータエンタテインメントの新しい世界を加速できたことは私にとっても大変エキサイティングな経験でした。今後はこの経験を活かし、更なるチャレンジを、SCEを離れて更に広いネットワークで加速していきたいと思います。」
(株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント代表取締役会長兼グループCEO久夛良木健)


「プレイステーションの父」である久夛良木健会長兼SCEグループCEOが6月19日付で取締役を退任、代表権のない名誉会長に就任することを明らかになりました。
「名誉会長」と言えば聞こえは良いですが、実態は「更迭」に近い形だと思われます。
完全に失脚という形で処理することはイメージ戦略としては得策では無いため、「名誉職」の肩書きを与えて権限の殆どを剥奪したというところでしょうね。
情報元 まんたんウェブさん

役員人事のおしらせ
http://www.scei.co.jp/corporate/release/pdf/070426.pdf

PS3発売後半年でのこの人事は、SCEにとってPS3はやはり失敗だったという事を公に認める形になるだろうと思います。
そして、傷口が致命傷になる前に何らかの手を打っていくという意思のあらわれとも取れます。

PS3に限らずプレイステーションシリーズ全般に言えるのですが、良い意味でも悪い意味でも「久夛良木色」が非常に強いです。
「PS」「PS2」の時代はこれがおおいにプラスに出て、久夛良木氏は「カリスマ経営者」の一人として名を連ねられる程の名声を得ました。
しかし「PSX」では初の失敗を経験し、「PSP」はそれなりに成功したものの「DS」には完全に水を開けられ、そして「PS3」では莫大な投資の回収の目処が全く立たない時点で完全に失速しているというのが現状です。
この3つの機種に共通しているのが、ゲーム機能以外のマルチメディア性を強調しすぎた故の高コスト化です。(「PSX」は仕方ありませんが)
それらは「プレイステーションブランド」を過信しすぎたが故の過剰投資から成り立っており、まさに久夛良木氏の暴走に近いものでした。

今後は平井一夫SCE社長を中心に久夛良木氏抜きでの事業立て直しが始まると思います。
そして、PS3事業は大幅な方向転換が計られる可能性が非常に大きいと思います。
大幅な事業縮小から撤退という流れも現実味を帯びてきました。

しかし早い時期での決断であったため、次の一手には非常に期待が持てます。
以前の活力はもはや無いとはいえ、現在の主流ハードは未だにPS2です。
ということは、まだまだ「PS2との後方互換性」がおおいに売りの一つになるということです。
「スーパーファミコン」から「プレイステーション」へとサードがごっそり流れてしまった頃のような致命的な状況に至るには、まだまだ時間的な猶予があります。
現実には非常に難しい話だとは思いますが、ソフトの開発が容易で消費者の買いやすい価格帯の「新たなPS2上位互換機(真のPS3?)」を早い時期に用意できれば、SCEが奇跡的な巻き返しを果たす可能性もおおいに有り得るのではないかと思います。
この厳しい状況下での舵取りを任せられた平井氏の手腕に期待したいですね。

ブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コレは難しいw
上位機種の発想はなかった。。
だれよりも「PS3はなかったこと」に
したいのは平井氏だったりしてw

PS3でシンプルシリーズでたら
4800円だったりして。(普通ジャンw
2007/04/28(土) 00:08 | URL | marukomu #-[ 編集]
今後は「久夛良木氏の目の黒いうち」には絶対手をつけられなかったような抜本的な策が打ち出される可能性がありますので、期待したいですね。

平井氏は正直荷が重いと感じているとは思いますが、ここを乗り切ることができれば相当株が上がるはずですので、是非頑張って欲しいものです。

「PS3はなかったこと」にするのも一つの手です、(いろんな意味で)今ならまだ間に合うはずだと思います。
2007/04/28(土) 00:42 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
初めまして。
以前のエントリも読ませて頂きましたが、
PS2.5を作るという発想は目から鱗が落ちる思いです。
CELLとかのの部品が無駄に割高なPS3では未来が無いのは
火を見るより明らかですからね。

でも新たに新ハードを開発するとなると更に開発費用がかかるし、
発売できる頃には殆どのソフトがWiiに移行した後ですよね。
どんなアーキテクスチャーで作ればいいのでしょうね。
2007/04/29(日) 12:24 | URL | タカミネ #9fYgSNmk[ 編集]
コメント有難うございます
うーん、難しい質問ですね。
まず「BD」を外すのは当然でしょう。
これだけで1万円はコストが下がるはずです。

「Cell」については、既にコストをかけてしまったものは仕方が無いという感じですよね。
制作途中の作品が無駄になってしまう事態も避けたいでしょう。
ただ、7つのコアを全て活かした作品というのは将来的にも少ないはずですので、コアの数を減らすという手があるかもしれません。
コアの数を3つ程度に減らせば、歩留まりも向上してかなりコストが下がりそうです。
発熱も抑えられるので、内部構造もかなり簡素にできるでしょう。
現行PS3との互換も容易でしょうしね。

それと、コントローラをPS2と同じ「デュアルショック2」にするという手もあります。
モーションセンサーは殆ど使われそうにありませんし、使うとしても「釣りコン」などの別売りコントローラでしょうから、標準のものは旧来のもので十分でしょう。

これでも、まだ29800円にするには足りないような感じもしますが・・・。
2007/04/29(日) 19:35 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
ちょっとした感想のつもりだったのですが、質問をしたみたいに読めますね。
悩ませてしまったとしたら申し訳ありません。

成る程、Cellを簡略化するという裏技がありますね。
それなら費用も時間も少なくて開発できそうですね。
コントローラは、私もデュアルショックで十分だと思います。
ただPS2との互換性向上はちょっと期待できそうにないですね。
2007/04/30(月) 00:38 | URL | タカミネ #9fYgSNmk[ 編集]
まあ、一応「放言するだけ」で終わらすわけにはいかないと思いましたしね。
とはいえ、技術畑の人間ではありませんので的確な方針を示すことは難しいです。
それは、実際に掛かるコストを把握しているソニーの技術者の仕事だと思います。
今後の何らかの動きを期待したいですね。

PS2との互換性については、向上させることはしんどいでしょうね。
さすがに、よりPS2との親和性の高いハードを一から設計しなおすわけにはいかないでしょうからね。
とはいえ、振動復活とコントローラ接続口の追加だけでもかなりの前進と言えると思います。
2007/04/30(月) 01:02 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
度々有難うございます。

そうですね。
どう転んでも苦戦は避けられそうに無い感じですけど
ソニーの出方を待つしかないですね。
2007/04/30(月) 17:41 | URL | タカミネ #9fYgSNmk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/459-4f4a78ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。