「ニンテンドーDSライト」国内販売累計台数1000万台を突破

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現在も品薄状況が続き、もはや「国民機」になりつつある任天堂の携帯ゲーム機「ニンテンドーDSライト」の累計販売台数が1000万台を突破したそうです!
情報元 まんたんウェブさん

発売からわずか61週の1000万台突破は、ソニー・コンピュータエンタテインメントのプレイステーション2の131週の2倍以上の物凄いハイペースです!
勿論携帯機と据え置き機の違いや、「脳トレ」「ぶつ森」発売後の最も勢いのある時期でのモデルチェンジという相当有利な条件があるのも事実ですが、それにしても凄いハイペースです。
すでに旧DSとあわせて1600万台を出荷しているにもかかわらず、全く販売ペースが落ちる気配が無いというのも凄い話ですね。

おそらく最終的には3000万台程度は普及するでしょう。
国民の4人に1人はDS本体を所有するということになります、まさに桁外れですね。
とりあえず、年末までに旧DSとあわせて2000万台を突破するのは間違い無いでしょう、「ドラクエ?」がDSに乗り換えたのは当然の流れなのだと改めて思い知らされましたね・・・。



ブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
カジュアル
カジュアルゲーが時代の中心になったという
決定的な出来事ですよね。
脳トレで「お子様だけのもの」は払拭されたのが
大きいですよね。GBAでは考えられなかったこと。
PSPはDS陣営の引き立て役になっている 
皮肉な感。北米では4:3でマダマダいける?
2007/05/08(火) 19:11 | URL | marukomu #-[ 編集]
DSそのものの成功だけでなく、ゲーム業界全体の流れを世界的に変えてしまったのは大きいですね。
おばあちゃんと孫が一緒に楽しめるユーザー層の拡がりが、この成功の背景にあるのは疑いの余地はありません。
(大人が子供に合わせてあげるのではなく、同じレベルで一緒に楽しめるのがポイントです。)

最近「セガガガ」をやりなおしているんですけど、DSやWiiによる市場の改革を予言していたのでは?という描写が多く、改めて驚かされます。
業界の人の多くが早くから「このままの流れではまずい」と気付いていたんですよね。
ただ改革を実行に移すことは大きな賭けだけに任天堂しかその方向へ向かえなかった、それゆえに得られた現在の「一人勝ち」の状況なのでしょうね。
2007/05/08(火) 20:11 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/470-5e6630fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。