Wiiの概要が正式発表

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
任天堂公式HPにて、Wiiの概要が正式発表されました!!
http://www.nintendo.co.jp/n10/e3_2006/index.html

本体
■ ファンの回らない静かな低電力スタンバイモードによるインターネット常時接続が可能(消費電力は豆電球1個程度)
■ インターネットに常時接続することによって、動作中でなくても、新アイテムや新コースなどのプッシュコンテンツや、友達からのメッセージを受信することが可能
■ ファミリーコンピュータ、スーパーファミコン、ニンテンドウ64、メガドライブ(セガ)、PCエンジン(NEC・ハドソン)のゲームソフトをインターネット経由でダウンロード(有償)しプレイ可能
■無線LAN(IEEE802.11b/g準拠)またはUSB-Ether変換コネクタ(オプション)によるインターネット接続
■任天堂独自プロトコル方式によるニンテンドーDSとの無線通信
ニンテンドーゲームキューブのソフト、コントローラ、メモリーカードなどの周辺機器が利用可能(但し、モ デムアダプタ、ブロードバンドアダプタ、ゲームボーイプレーヤー、AVケーブル、ACアダプタを除く)
■ CPU PowerPC CPU(Broadway) 90nm SOI CMOSプロセス
<共同設計> IBM
■ GPU システムLSI(Hollywood) 90nm DRAM混載CMOSプロセス
<共同設計> ATI
■ 対応メディア
Wii用12cmディスク(1層/2層ディスク)
ニンテンドー ゲームキューブ用8cmディスク
■ 出入力端子
●USB2.0 × 2
●SDメモリーカードスロット × 1
●ゲームキューブコントローラポート × 4
●ゲームキューブメモリカードスロット × 2
●AVマルチ出力端子 × 1(新AVケーブル採用)
●センサーバー接続端子 × 1
■ その他の機能
●アプリケーション、データ等の保存領域として512MBの内部フラッシュメモリ搭載
●オペラブラウザ(オプション)
●バーチャルコンソールのゲームやブラウザなどフラッシュメモリ内のアプリケーションを高速に起動

ゲーム機としても勿論魅力的なんですけど、
ブロードバンドに対応した子供にも手が届く簡易PCって感じがしませんか?
メールと通販くらいしか利用しないお年寄りなんかにもいいですね、
もちろん貧乏な学生さんにも(笑)。
格安なブロードバンド接続サービス込みパックみたいなのも出るのかもしれませんね。

コントローラにも新要素が有るようです。
コントローラにスピーカーが内蔵されています、 対戦するときなんか面白そうですね。
あと、ヌンチャクコントローラにも傾きセンサーが内蔵されているのも驚きです。
勿論振動機能付きですよ!
(どこかのメーカーは振動がセンサーに干渉するから外したとか苦しい言い訳してますが・・・)

ひとつ残念なのがクラシックコントローラが別売りらしい事くらいかな、
(ボタンやスティックの配置がPSとほぼ同じです、マルチ展開を見据えてのものでしょうか?)
少しでもコストを減らす為だろうし仕方ありませんね。
ひょっとするとGCユーザーへの配慮(WiiはGCのコントローラが使えます)なのかもしれませんね。


追記
発表されたWii向けタイトル一覧です。

Metroid Prime 3 Corruption/Nintendo
DRAGONBALL Sparking! 2 /NAMCO BANDAI Games
DRAGON QUEST SWORDS:The Masked Queen and the Tower of Mirrors/Square Enix
Disaster:Day of Crisis/Nintendo
Fire Emblem/Nintendo
SpongeBob SquarePants:Breature From the Krusty Karb/THQ
Cars/THQ
Super Mario Galaxy/Nintendo
SD GUNDAM G BREAKER/NAMCO BANDAI Games
Tony Hawk Downhill Jam/Activision
Sangoku Action/Koei
Necro-Nesia/Spike
Excite Truck/Nintendo
Elebits/Konami
Red Steel/Ubisoft
Rayman4/Ubisoft
Super Swing Golf PANGYA/Tecmo
Sonic Wild Fire/Sega
Project H.A.M.M.E.R/Nintendo
Finalfurlong revolution/NAMCO BANDAI Games
ONE PIECE UNLIMITED ADVENTURE/NAMCO BANDAI Games
Madden/EA
FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES:THE CRYSTAL BEARERS/Square Enix
The Legend of Zelda:Twilight Princess/Nintendo

サードパーティーの作品も多く、まずは一安心ですね。
及び腰だと思われていたナムコバンダイの作品が結構多いのが意外です、
まあ殆どがバンダイブランドなのでしょうけどね。

ブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
オンライン構想やコントローラ、色々なタイトルなどが公開されましたね。
私も自分のブログに考察記事を載せていますので、是非御覧下さい。
2006/05/10(水) 13:48 | URL | CROSS #-[ 編集]
早速拝見しましたよ、
これからもちょくちょくのぞいてみますね。
2006/05/10(水) 17:11 | URL | ほたるいか #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/49-c682f4cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。