PSPの秘密兵器「素顔の微笑」

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
素顔の微笑 (UMD Video)
本日、PSP向けに「素顔の微笑(すがおのほほえみ)」という作品が発売されます。
ジャンルは恋愛アドベンチャー、対象年齢は15歳以上、UMDVIDEOゲームという形で供給されます。
何て事のない作品のように見えますが、実はある秘密が隠されています。
素顔の微笑 公式サイト

素顔の微笑 (UMD Video)素顔の微笑 (UMD Video)

JIN企画 2007-06-28
売り上げランキング : 139

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「素顔の微笑」を楽天市場で検索


その秘密とは・・・これです!








えっと、○○○が見えてしまっています!これって15歳以上推奨ですよね?アダルト作品ではありませんよね?
もしやサターンの「X指定」が復活したのでしょうか・・・?

実は種明かしをすると、この作品は「家庭用ゲーム」ではなく「UMDビデオ」であり、「DVDビデオ」と同様の一般的な倫理基準が適用されるからなんですね。
実写でなければ、女性の裸の上半身が描写されるのも「ちょっとしたお色気」程度であれば問題無いのでしょうね。
これは、「PSP世代」にとってはストライクゾーン直撃ですねえ。

それに、小規模ソフトハウスにとっても大きな利点があります。
いわゆる「ギャルゲー」は比較的制作費が安く抑えられますが、最近は大手メーカーが「PCアダルト」→「コンシューマー」という形で市場をがっちり押さえていて、小規模メーカーの入り込む余地がありません。
(昨年末に、コンシューマ向けソフト中心に展開していた大手老舗ギャルゲーメーカー「KID」が経営破綻したのは記憶に新しいです。)
PSPだけの独自規格であるUMDビデオの一般枠(つまり誰でも買える)の「微エロゲー」というのは、もしかしたら小規模メーカーに残された最後の砦なのかもしれません。

ポロリもあるよ!?手軽に楽しめるUMD専用恋愛アドベンチャー登場!! 学生生活最後の夏休み。 主人公と幼馴染みの橘美羽、その友達の柳結衣の3人で遊びに行ったプールで美羽が突然倒れてしまう。 そこに現れる1人の女性。 ひとつの出来事をきっかけに、運命の歯車が静かに廻り始める・・・。

この作品を制作した「JIN企画」さんは今年の5月に設立されたばかりの非常に新しい会社です、頑張ってほしいものですね!

追記
アマゾンをはじめとする通販サイトで続々と品切れ状態になっているようです。
やはり絶妙なターゲットに商品を投入したことが功を奏したようですね、これは小規模ソフトハウスには心強い前例になるでしょう。
制作期間も少なく済みそうですし、今後は類似作品が続々登場するのかもしれません。
PSPにとっては望ましくない事態かもしれませんが・・・。



ブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
実にナニでナニな
自分も先日この存在を知ったんですけど
このメーカーが結構ナニらしいですね。
ただアダルトソフトでなく、ティーン向けな
作り方をしているので中身に注目なのかも。
自分の感覚だと某ファミコンディスクのころ再来かw
普通にゲームの棚にはならばないでしょうから
通販が基本でしょうねぇ~。。
2007/06/28(木) 22:27 | URL | marukomu #-[ 編集]
昼の時点でアマゾンの在庫が切れていましたので楽天のリンクも張っていたのですが、殆どの店舗で売り切れてしまってます。
情報を出すのが結構ギリギリだったですから、ネット上で急激に話題になった感じですね。
広告費をかけられない状況でしょうから、上手いやりかただったと思います。

アダルトゲーム業界も飽和状態な上に手詰まり感がありますからね。
最近は3D化したりと高コスト化が進んで、その分リスクも大きくなっていますしね。
この抜け道的な「ちょいエロ路線」は、業界に残された最後のオアシスなのかもしれませんね。
2007/06/28(木) 22:36 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
ご無沙汰してます
やっと自宅PCが復活したので
チョクチョク遊びに来ますので、よろしくお願いします。

PSPの未来って・・・

B地区がポロリで、この手のキャラデザのソフトは
個人的に嫌いじゃないんですけど

この手のソフトに頼り始めたコンシューマ向けハードは
数年後、跡形もなく消滅してしまう運命が・・・
セガサターン末期を見ているような
なにか辛いものを感じますね。

小さなメーカーが、大企業の製品ラインナップの
間隙を付いて、怪しいソフトを展開するのは
非常にイイことなので、メーカーさんには
がんばって欲しいですね。
2007/06/29(金) 12:31 | URL | kankan #-[ 編集]
コメント有難うございます
ちょっと終末感が漂う展開ですよね。
「ゲーム」ではなく「UMDビデオ」だと言っても、いまのところ再生機器はPSPしか存在しないわけですしね。
「勝手に出されて困惑している」なんて理屈はもう通用しないでしょう。

PSPは海外での失速が目立ちますし、国内では意外な健闘が続いているものの、既に「ギャルゲーハード化」しているPS2の市場がそのまま移ってきている印象があります。
それに「ベスト版」の出るサイクルが早過ぎます、昨年末に好評を博した「ジャンヌダルク」がもうベスト化されるんですからね。
PSPのハードとしての生き残り策としては正解かもしれませんが、これではサードは堪らないでしょう。
これではどのみち先は長くない感じですね・・・。

ただ、アダルト枠ではない作品で合法的に「ポロリ」が可能だったというのは盲点で、早速中小メーカーは動いているでしょう。
おそらく粗製濫造されるでしょうが、光る作品が現れることを期待しています。
2007/06/29(金) 14:44 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
本当ですね
数年前なら、任天堂がここまで
復権しているとは想像もできなかった訳で・・・

PSP、PS3と苦戦続きのSONY
さらに弱ったハードには、海外のサブマリン特許の罠が

う~~ん
どこぞのハードの終焉を彷彿させる
これ以上は辛い記憶なので書きませんが

別枠でコメントしたほうが良いんでしょうが
XBOX360は、ある意味で
自分の立場をわきまえて
怪しいハードへ突き進む姿は潔ささえ感じてしまう??

我が家もスッカリ任天堂に毒されてしまっているので
ドンドン、ファミリー向けヌルゲーマーになってしまうのかも
2007/07/01(日) 19:05 | URL | kankan #-[ 編集]
任天堂ハード
勝ちハードになれば様々なジャンルの作品が集まってきますから、なにもファミリー向け作品ばかりを買う事は無いと思いますよ。
ちょうど全盛期のPSシリーズのような感じの商品構成になるでしょう。

ただし、ゲームの制作が楽な任天堂ハード(特にDS)には粗悪な作品も目立ち始めており、これがいわゆる「アタリショック」を引き起こしてしまうのではないか?との懸念が生まれ始めています。
山内前社長はそれを防ぐ為に「少数精鋭」を打ち出しましたが、サードが大量離脱してしまい「ただの少数」になってしまうという失敗を招きました。
(最近も似たような話があったような・・・)
しかし今度は「粗製濫造」をどうやって防ぐか?という新たな問題に突き当たりつつあるんですね。
傍目には絶好調な任天堂ですが、乗り越えなければならない問題は常に山積みなのでしょうね。

360は、もう一皮突き破れない感じですね。
マニア向けハードという評価が定着してしまっていますからね、余程のことが無い限り今のポジションからは抜け出せないでしょう。
それこそFF13のマルチ化くらいのサプライズが必要でしょうね。
2007/07/01(日) 20:27 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/518-c1ee6445
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。