どちらが生き残る?「PS3 80GB版」「Xbox360 エリート」

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日北米市場において、PS3本体60GB版の値下げがおこなわれました。価格は従来より100ドル安い499ドルです。
また、韓国で先行発売されていた新型80GB版も8月に投入されます。価格は従来の60GB版と同じ599ドルで、レーシングゲーム「MotorStorm」がバンドルされます。
突然この時期に値下げされたのは、おそらく開催が間近に迫った新生E3「E3 Media and Business Summit」に向けて好材料を提示する必要に迫られたからでしょうね。

北米で値下げされたのなら日本でも値下げを期待してしまいますが、値下げされた60GB版の価格499ドルは現在の為替レートで約6万円で、現在の日本での価格とほぼ同じです。
(これは、発売前の先行値下げが日本でのみ行われたことに由来しています。)

このタイミングで日本でも値下げということになれば、おそらく海外のユーザーからの大ブーイングが発生するでしょう。
当面の間は、実質値下げの「ビギナーズパック」で我慢するしかなさそうですね。

【PS3】プレイステーション3ビギナーズパック(60GB) 7月26日発売予定 予約
PLAYSTATION 3 ビギナーズパック(60GB)


ライバルであるXbox360のほうは、ハードウェアの不具合によるリコールまがいの騒ぎが勃発しています。
もともと発売当時から「熱暴走する」「こわれやすい」と指摘されていましたが、マイクロソフトがこれを正式に認めて通常1年間の保証期間を3年間に延長して不具合に対応するそうです。
それにかかる費用は10億5000万?11億5000万ドルという巨額だそうです。

保証期間が3年間になるのは「Xbox360本体前面のリングライトが3つ赤く点滅するエラーメッセージが表示された場合」です。これは本体内にて故障を感知した場合に出るエラーメッセージです。
過去に有償で修理してしまった方には修理代が返還されるとのことです。
これらはもちろん日本国内でもサポートされます。

マイクロソフトがこの時期に不具合対応に動いたのも、「E3 Media and Business Summit」と無関係ではないでしょう。
最大のキラーソフト「HALO3」の発売も間近に迫っており、今のうちに膿を出し切ってしまおうという意図がうかがえます。

北米では「Xbox360 エリート」という最上位機種が既に発売されており、価格は479.99ドルとなっています。
「120GBの大容量HDD」「HDMI端子及びケーブル」「ヘッドセット」などが同梱された豪華版ですが、今回のPS3の値下げによって60GB版とほぼ同じ価格となってしまいました。
PS3にはBD再生機能がありますので、さすがにこの価格では厳しいと思われます。

今回勃発した「不具合騒ぎ」によって値下げは非常に厳しい状況だと思われますが、このまま黙って見ているわけにもいかないでしょう。
そこで10月11日に日本で発売される価格47800円が一つの答えになっているように思います、これは大体400ドル程度にあたりますので北米での通例にあわせると399ドルあたりに値下げされる可能性は大きいですね。
このへんはやはり「ゲイツマネー」の存在が大きいでしょう。

ちなみにこの日本での価格、内容を考えるとかなりお買い得です。すぐに飛びつきたいところですが、従来のタイプも同時値下げされる可能性が大きいと思いますのでもうしばらく様子を見たほうが良いでしょうね。

【XB360】Xbox 360 エリート 10月11日発売予定 予約



値下げとHDD容量アップで現状を打開したいPS3と、不具合の解消と後追い値下げで優位を不動のものにしたいXbox360、この争いは面白いですね。
ハードの価値が拮抗しているのであれば、普及台数が先行していて開発が容易なためにソフトが充実している分Xbox360のほうが有利でしょう。
残念ながら最大市場である北米でPS3が伸びる可能性は極めて薄いと考えざるを得ません。

この2つのハードがしのぎを削るのを横目に涼しい顔で台数を伸ばしているのがWiiです。
他社ハードが少々値下げをしても、まだまだ価格的な優位性は揺らぎません。
確かに性能では劣りますが、ハードがもたらす「面白さ」「満足感」では十分勝負になっています。
(ユーザーは「性能」にお金を払うのではなく、「楽しさ」にお金を払います。)
家屋が広く「パーティーゲーム」の需要が高い北米市場は、むしろ日本以上にWiiが向いているようにも思えますね。

どちらが生き残る?というタイトルの記事ですが、もしかしたらどちらも生き残れないというのが答えかもしれません。
まあXbox360のほうは生き残るでしょう。自国のハードですし、彼らの大好きなFPSやスポーツゲームが非常に充実していますからね。

ブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/529-7af19390
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。