PS3の本当の実力とは?

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の脳内では既に白旗が上がっているPS3ですが、
一方で価格はともかく間違いなく最高性能だし、ゆえに問題なく普及すると考えている人も多いみたいです。
PS3の仕様の詳細は、セグメントゲームズさんの記事「PS3の仕様」に詳しくまとめられていますので、参考にさせていただきたいと思います。

CPU(Central Processing Unit)
PS3の核となるメインプロセッサには、2000年からSCE/ソニー/IBM/東芝の4社により共同開発された「Cell(セル)」プロセッサを採用。 Cellプロセッサは 1PPE+8SPE の構成のマルチコアプロセッサである。Cellは一度に10個の命令スレッドを処理できる。

64bit PowerPC プロセッサコア1つと「Synergistic Processing Unit(SPU)」と呼ばれる別々の計算処理が可能な8つのサブコアをワンセットとしたものが Cell である。Cell は主にデジタルホームアプリケーション向けに設計されているが、幅広いプログラミングモデルで利用できる。Cell の各コアは仮想化技術を通じて複数の OS とプログラミングモデルをサポートし、複数の仮想マシン上で複数のOSを走らせることを可能にしている。(そのためPS3では仮想マシンを管理するハイパーバイザーが最初に起動する事になっている)尚、PS3では8つのSPEの内7つのみ使用され、1つはリダンダンシ(冗長)のため使用されない。(SPEのうち1つが不良品であっても製品に使用できるため、チップ生産の歩留まり向上に繋がる)

GPU(Graphics Processing Unit)
GeForceシリーズ等のPC向けグラフィックス・プロセッサで有名な米国NVIDIA社と共同開発した「RSX Reality Synthesizer」を採用。
PS2では720×480 pixelsのSD解像度だったのに対し、PS3では1920×1080 pixelsの16:9 フルHD(High Definition)解像度表示を可能とし、プログレッシブ表示にも対応している。AV出力にはHDMIも採用され、アナログを介さない完全なデジタルtoデジタルの映像出力が可能である。

ディスクメディア
PS3では、SONY、松下電器産業などが提唱する次世代の光ディスク規格である「Blu-ray Disc(以下BD)」を採用した。BDは一層最大27GBの容量を持ち、HDTVの録画媒体として既に各家電メーカーからレコーダーが発売されている。また、映画等の映像コンテンツ媒体として「BD-Video」ソフトを2006年から発売していくとしている。尚、PS3ではBD-ROMの他にBD-RとBD-REを扱えるが、いずれも読み出し専用となっており書き込みは不可となっている。

コントローラ
Bluetoothによるワイヤレス通信でケーブルやマルチタップ等の煩わしさから解放される。USBケーブルによる有線接続と充電が可能。コントローラの新要素、アナログスティックの精度向上(8Bitから10Bitへ)、R2/L2ボタンのトリガー化、前後左右傾き・左右振り・3次元加速度を検出するモーションセンサーを搭載、の3点である。モーションセンサーとの兼ね合いから振動機能は削除された(これは、イマージョン社と係争中の振動型コントローラの特許に関する裁判の影響も考えられる)。尚、PS3にはPlayStation、PS2用のコントローラ端子は装備されていない。

HDDスロット
PS3におけるハードディスクはPS2でのオプション装備のような形ではなく、20GB/60GBハードディスクが標準で装備される。 HDDにはフルスペックのLinuxをおまけで付けるとのSCE社長発言有り。

今までのゲームの「豪華版」が制作可能なのは間違い無いのでしょうね、予算が有ればですが。

株式投資等の経済的な側面からPS3支持をしていた層はあっけなく離れてしまいましたが、
大容量のデータと精密なグラフィックこそがゲームを面白くすると信じて疑わない層は未だに支持し続けているようです。
ある程度自由にお金が使える青年男性がゲームを購入する消費者の何割を占めているのかが勝負の分かれ目でしょう。
(可哀想だから結果は見えているなんて言わないように)

実際彼らにとっては面白いのでしょうから、他人がどうこう口を挟むべき事では無いのかも知れません。
10年前に3万円位していたネオジオのROMカセットですら作品によっては数万本売れていたんだし、
それと比較すれば遥かにお買い得とも言えますしね・・・。

ブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
相互TBさせていただきました
大容量のデータと精密なグラフィックこそがゲームを面白くすると信じて疑わない層って…どれくらいいるモンなんですかね。
現にFFとかHALO3とか見て「キャー!」言ってる人もいますが、逆に「どうせムービーだろ」程度で流している人も多いですね。というか私の周りのブログはほとんど映像美について取り上げていません。もはや歴史は変わりましたね、ホンット…。

余談ですが、
相互ブログをとらせていただいているみなさんに、これまでブログをやってこれた感謝の一言をつづってみました。
http://blog.goo.ne.jp/partygame/e/de085432d7e68bc8705810a13221902d
まだ知り合って1週間も経ってはいませんがw
2006/05/14(日) 22:27 | URL | partygame #hCLbhaFQ[ 編集]
次世代ゲーム機はムービーと同等の画質のキャラクターがそのまま動かせるのが凄いところで、
それ故に「Wii」は次世代機の範疇に入らない。

これは岩田社長も暗に認めている事ですが、
だから「PS3や360は面白い、Wiiはつまらない」とはならないのが面白いところですね。

純粋にゲームをゲームとして楽しみたい層がどのハードを支持するかは既にあきらかです。
「良いものを作れば自然に売れる」というある意味高飛車な発想を捨てた今の任天堂は、
ライバル他社からすれば相当な驚異に違いありませんね。

PS3の映像を観て「凄い凄い」と騒いでいるのは、
弾幕で画面が埋め尽くされる2Dシューティングの映像を観て「凄い凄い」と騒いでいるのによく似ています。

一般のユーザーにとっては、どうでもいい方向への進化なのかもしれません。
(よく恐竜的進化と揶揄されていますね)
2006/05/15(月) 03:47 | URL | ほたるいか #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/54-66f762f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。