「あつまれ!ピニャータ」のDSへの移植が決定

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もともとは任天堂の最強セカンドパーティであり、現在はマイクロソフト傘下にある「レア社」が制作した、ライトユーザー向け育成シミュレーション「あつまれ!ピニャータ」のDSへの移植が決定したそうです。
情報元 iNSIDEさん

あつまれ!ピニャータ
あつまれ!ピニャータ
マイクロソフト 2007-01-11
売り上げランキング : 880

おすすめ平均 star
star良作
starまさかのファインプレー
star私にはいまいちだった

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



そのあまりにも毒々しい色使いで、日本ではネタゲー扱いされてしまいましたが、実際はかなりの良質シミュレーションゲームとのことです。
それもそのはず、このゲームの原型は任天堂の宮本茂氏が企画し糸井重里さんも制作に参加していた64DDの「キャベツ」だと言われています。
それがどういう経緯かは不明ですが、当時任天堂と密接な関係にあったレア社に受け継がれたということらしいですね。
(「64DD」の大きな特徴だった「書き換え領域」は、現在の家庭用ハードにおいては「ハードディスク」という形で標準装備されていますからね、世の中進みましたねえ・・・。)

マイクロソフトは、任天堂からレア社を引き抜くことで低年齢層向けソフトの充実任天堂のパワーダウンを狙う作戦だったのでしょうが、残念ながらそのどちらも上手くいっていないように見受けられます。
結局、超一流ソフトハウスとして名高かったレア社も「飼い殺し」に近い現状で、せめて携帯機向け作品くらいは任天堂ハードで出さないとビジネス的にも勿体無いという判断なのでしょうね。

その他、隠れた名作「カメオ」などもDSに移植される可能性があるらしいですね。
それになにより、この任天堂とマイクロソフトの急接近が、今後どのように転んでいくのか見物ですねえ。



ブログランキング CoRichブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/554-c4711956
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。