オンラインカート ステア

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


現在、オープンβテストが実施されているオンラインレースゲームオンラインカートステアを紹介します。
まあ、ひらたく言うとマリオカートに萌えキャラクターを足したものですね、手法としてはみんなのゴルフの萌え要素を強化したオンラインゲーム「スカッとゴルフ パンヤに似ていると思います。
当然のことながら「基本無料」でプレイできます。
無料オンラインゲームというとMMORPGが主流なのですが、最近はこの手のカジュアルゲームも増えてきましたね。




無料で気軽にレースが楽しめるオンラインゲーム オンラインカートステア!
オンラインカート ステアでは、魔法のエネルギーを使用するカート(ステア)に乗り、魔法を使った熱い駆け引きと爽快な走りが楽しめます。
また、多種多様なお邪魔アイテムを駆使することで一発逆転を狙ったり、ジャンプ台やショートカットなどの地形を上手に利用することで試合を有利に運んだり・・・と、常にワクワクドキドキできるギミックが満載!


この手のゲームは韓国メーカーの作品が多いのですが、これは企画は株式会社クロスゲームズで開発は元気株式会社という純国産ゲームというのも嬉しいポイントです。
元気というと「首都高バトル」というレースゲームを制作してきた実績があります。
韓国製だから悪いというわけではないのですが、やはり「パンヤ」のような日本的なセンスの韓国作品を見るにつけ「何とかならないものか?」という思いもありましたからねえ。
株式会社クロスゲームズ ホームページ
元気株式会社 ホームページ

ゲーム部分には「横風」なども取り入れられて本格的ですし、なにより「着せ替え要素」は楽しいと思います。
(まあ、ここで課金されちゃうわけですが・・・。)
キーボードでも操作可能ですが、やはりゲームパッドは用意しておくべきでしょうね。
なにより基本無料なのですから、興味のある方は一度プレイしてみないともったいないですよ♪

登録(無料)はこちらからどうぞ!
オンラインカートステア




ブログランキング CoRichブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>無料オンラインゲームというとMMORPGが主流なのですが、最近はこの手のカジュアルゲームも増えてきましたね
確かにそうですね。個人的には、今オンラインゲームに必要である、新しいオンラインゲームユーザーを獲得するという点では、MMORPGに偏らず、あらゆるジャンルのゲームに幅を広げていくことは正解だと思います。まあ、今のDSに若干通じなくもないですが。
MMORPGは逆に難しいですよね…。有料にすれば固定客はできるとは思いますが大抵は新規ユーザーが恐ろしく入りにくい世界になりますし、無料だと入りやすい反面出て行きやすくもあるので、わりと長続きしないケースが多いような気もします。さらにMMORPGは永遠に続けられてしまうシステムが当たり前になってしまっているのも個人的にはマイナス要素なのでは?と思います。ここはひとつ、家庭用ゲーム機のように「終わりのあるMMORPG」を出してみるのも、一興なのかもしれません。もちろんやり込み要素はあってもいいんですけどねw

「オンラインカート ステア」、ちょっと一目でやってみたくなったので、今から登録してみようと思います。
2007/08/16(木) 09:57 | URL | partygame #hCLbhaFQ[ 編集]
MMORPGというのは、面白いのはわかっているんですけどプレイする時間が限られている人にはちょっと敷居が高いんですよね。
それに、無料だとプレイヤーの低年齢化による質の低下が気になりますし、有料の場合は毎月の出費が痛いですしね。

「終わりのあるMMORPG」というのは面白いですね。毎月新しいシナリオを配信するとか工夫すれば受けるかもしれません。
まあ、無料にするのは難しいでしょうが、日本人の嗜好には合っているように思います。

短時間でちょっと遊べるカジュアルゲームにユーザーが流れるというのも自然な流れなんでしょうね。
「ファミスタ」や「テトリス」までオンラインPCゲーム化してますし、そのうち「脳トレ」なんかも登場するかもしれません。

「オンラインカートステア」は、純国産ゲームというのが嬉しくて紹介してみました。
この手の作品(萌え+パクリ?)は、韓国メーカーの活躍ばかりが目立っていましたが、国内でオンライン配信される分くらいは日本のメーカーに頑張ってもらいたいですからね。
2007/08/16(木) 11:49 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/571-cc5faffd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。