XBOX360の本当の実力とは?

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本国内での余りの不振ぶり(なにしろ取り扱ってすらいない店舗も多い)を見てるとにわかに信じ難いのですが、
360は欧米では品薄になるほどの人気が有るそうです。

まあドリームキャストですら発売後数ヶ月は品薄だったわけですからもう少し様子を見るべきでしょうけれど、
少なくとも我々日本人が普通に想像出来る範囲を超えて売れているのは間違い有りません。

このあたりの考察は、ゲーム業界ニュース.ゲームクリエイター話さんが詳しく語っておられますので参照してください。

GAMEWatchさんに、ピーター・ムーア氏インタビュー日本での成功なくしてXbox 360の成功あり!?との興味深い記事が載っていました。
非常に長い文章なので、ムーア氏の発言のみ抜粋してみます。

「日本でのシェア拡大に向けては、日本のゲームユーザーに喜ばれるタイトルを出すことを続けていくしかないと思っている。『ブルードラゴン』(ミストウォーカー/Microsoft)や『ロストオデッセイ』(ミストウォーカー/フィールプラス/Microsoft)などのタイトルがその代表的なタイトルとなるだろう。Xbox Liveの普及も重要で、クラシックなアーケードゲームを手軽に楽しめるXbox Live Arcadeも、日本のユーザーに受け入れられると考えている」

「夏というのは、みんな、ゲームから離れて外に出る季節だ。それは日本も、北米も欧州もです。それに今年はサッカーのワールドカップもあるからね」

「我々、Microsoftは『征服』という言葉は使えない(笑)。それはともかくとして、いや、そういう戦略を採っているわけではない。確かに我々は今、日本以外の国に注力しているが、同時に日本にも力を注いでいる。日本のゲームユーザーの求めているものを提供して日本のゲームユーザーから支持を得られるようにしていきたいと常に考えてはいるつもりだ」

「全く聞いたことがないほどの馬鹿げた話だ(笑)。SCEにPS3をどうやってコンピュータとして使えるのかと聞きたい。コンピュータとして使うにはデータを入力してそれを出力するというデータの流れが必要になるわけだが、PS3にはそうした手だてがないではないか。PS3をエンターテインメント“コンピュータ”と呼ぶのは別にそれはそれでいいが、いずれにせよ、今世代で重要になるのはネットワークだ。ネットワークに接続して相互に接続することでもたらされる経験というのが重要になる。SCEにはまだそういったものがなく、対して我々にはXbox liveという強力なネットワークシステムがある。これは最大の強みとなるだろう」

「いうまでもなく当然、我々がトップだろう。何しろ我々には今勢いがある。9日にビル・ゲイツが1,000万台の出荷を予見したがあの通りになる。今年の後半、WiiとPS3が発売されたところで、この予見は覆らない。ナンバーワンは確実に我々だ」

インタビューの最後に、こうまとめられています。
確かに、世界市場のシェアでは本当にこうなるかも知れない。
ムーア氏の顔には「Xbox 360の成功は日本での成功なくしてもあり得る」と書いてあるように思えた。

ムーア氏の言葉ですが、何か「余裕」と「不安」が入り混じっている感じですね、
余裕があるように振舞っているようではありますが。

私の個人的な印象ですが、
Xbox360は正統に進化したゲームを表現するには問題ない高性能誇っているものの、
小回りや融通が利かない印象を受けます。
PS3程ではありませんが、いわゆる恐竜的進化というやつです。

一般層が本体を買い始める時期に、ユーザーのゲームというものに対する意識そのものが変革していた場合にどう対応していけるのでしょうか?
それは非常に難しいと思います、日本市場に於ける惨状が良い例です。
360が日本で売れないのは洋ゲーがうけないから・・・確かにそうかもしれません。
しかし、正攻法でアクセルを目いっぱい踏んでいる状態にもかかわらず、
一般層に興味すら持たせることが出来ていない事実を直視するべきです。
日本人はもうゲーム自体をしなくなったのですか?そうではありませんよね。
むしろ空前のブームの訪れる寸前だと言っても良い状況ではないですか。
任天堂が新規開拓したユーザー層につられるように、既存のユーザー層までが意識の変化を起こしているようにも思えます。

そして、その変革が全世界規模に拡大する可能性は決して低くは無いと思います。
北米と欧州に於ける「脳トレ」の発売によって、日本同様にゲームを全くやらない層にもユーザー層が拡がりつつあります。
そしてなにより、秋には「ポケモン新作」が発売されます。
「どうぶつの森」と同様に成年層へのユーザー層拡大が見込めますし、
世界規模でのWifi対戦やトレードがゲームをますます楽しくしてくれるのではないかと思います。

恐竜は地球規模の環境の激変に付いていけず、とうとう絶滅してしまいました。
同様の激変がゲーム業界にも起こっても何の不思議も無いのではないでしょうか?

そして、一度は「日本での成功なくしてXbox 360の成功無し」と言い放った当のピーター・ムーア氏が、
その事に薄々気付いていないはずは無いと思います。

ブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
DSがこれほどヒットしている事実を踏まえることが大切なのかなと思います。
洋ゲーの独特な感じはわりと好きなのですが、どちらかといえばPC向けのRTS的なのがイイのかなと思ったりしております。
いずれにしても、今後の市場推移が楽しみであります。
2006/05/17(水) 20:58 | URL | 35式 #-[ 編集]
Xboxの風
わざわざどーもです。
ゲーム業界ニュースのセイントです。

Xboxが開幕コケた理由の一つが
DSの旋風にあると、ファミ通の浜村さんも
言ってましたね


カジュアルゲームもDSに合わせて
追い風になってますし

まさに蛍さんが仰る
恐竜が環境に適応しやすい
哺乳類に勝てなかった状況が
日本では起こったと思います

はてさて、これからどうなるやらわ
何はともあれ楽しみですわ
2006/05/17(水) 23:42 | URL | セイント #-[ 編集]
コメント有難うございました
>35式さん
洋ゲーの人気作の多くがもともとPC向けに作られており、
従来のコンシューマ機のコントローラでは非常に操作しづらいものが多かったように思います。
そのインターフェース部分を改革した「Wii」(PS3も?)は、欧米人に対しても強い訴求効果が有るように思われます。
その事に対する「恐れ」のようなものは既に彼ら(Xbox陣営)は感じ取っているはずだと思いますよ。

>セイントさん
浜村さんと一緒だったんですね、それは知りませんでした。
特に日本人は横並び意識が強いですから、
家族や友達に新規ライトユーザーが増えてくれば、
既存のユーザーの意識もそちら側に引き寄せられてしまうのだと思うんですよね。
本来ゲームとはコミュニケーションツールの一種でもあるのですから、
より多くの人と触れ合えたほうが楽しいですしね。
欧米は日本よりは個人主義的でしょうけど、
特に間接税の高い欧州では高価格がネックになるのではないでしょうか?
よりカジュアルで低価格な携帯ゲーム機やWiiで360やPS3と同様の体験がもたらされるのであれば、
多くのユーザーがそちらに流れても何ら不思議では無いと思います。
もともとPC向けゲームが主流だった欧州市場にPSが普及していったのも、同じ理由だったと思いますよ。
まあ、アメリカは愛国心が強いですから自国製品にこだわるかもしれませんけど、
中さんがどのプラットホームのソニックをメインするのかが鍵になるのかもしれませんね。
2006/05/18(木) 05:18 | URL | ほたるいか #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/58-2a001d0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。