「DSテレビ」予約集中で回線パンク状態に!

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8日から予約受付が開始されたニンテンドーDS用ワンセグチューナー「DSテレビ」ですが、注文サイトへのアクセスが集中したために一時パンク状態となったようです!
(現在もアクセス制限が続いているようです)
情報元 J-CASTニュースさん

DSテレビ 公式サイト

オンライン販売ページ(直接リンクのため、いつでも表示可能です。)

DSテレビ 紹介ムービー


任天堂としてはできるだけひっそりと発売したつもりだったようですが、さすがに普及台数が半端ではありませんからね。
ニンテンドーDSの国内普及台数は既に2000万台を突破していますので、例えば1%の方が購入したとしてもあっという間に20万台以上売れてしまいます。
ファミ通のアンケートでは18.5%の方が「購入したい」と考えているらしいですから、話半分と考えても200万台ほどの巨大な需要があるということになりますね。
さすがにこれほどの数を用意しているとは思えません、手に入れるのはいつでも良いと考えている方はともかく、年末の旅のお供に考えている方やクリスマスプレゼントにと考えている方は早めに注文しておいたほうが良いでしょうね。

早速ネットオークションには「転売屋」が出現しています。
現時点では異常な相場にはなっていませんが、殆どの場合本来無料なはずの送料を負担しなければなりませんので、利用しないに越した事は無いと思います。
それだけに、任天堂が在庫を持っていて注文を受け付けているうちに早めに注文することをおすすめします。

ちなみに、電話(任天堂オンライン販売受付センター)でも注文可能となっていますよ。
TEL:0570-000-727(ナビダイヤル) 
03-4330-7839(PHS、IP電話からはこちら)
受付時間:午前9:00 - 午後5:00(祝日は除く)


関連記事
「ワンセグ受信アダプタ DSテレビ」の発売日と価格が決定!
「ニンテンドーDS用ワンセグ受信カード」の年内発売が決定?

追記
どうやら、20日発送分の予約受付が終了したようです。
次に予約を受け付けるのは20日頃になるとのことです、認知度が高まるであろう次回はもっと激しい争奪戦になると思われますが、頑張って手に入れてください。

ブログランキング CoRichブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
DSテレビ、これほど人気が出るとは予想外でした。
データ放送非対応、録画機能なしなど、他のワンセグ機器に機能面で
劣っている部分もあるにも関わらず、アクセス不可能になるほどとは……。

発売後のレビューなどで評判がよければ、さらに人気が高まるかもしれませんね。
電波の受信感度がいいなら購入を検討しようかと思います。
2007/11/11(日) 08:11 | URL | victor #-[ 編集]
機能面では物足りない面も多々ありますが、その分は「遊び心」で上手くカバーされている様子です。
メモできる機能なんかは、外出先では結構重宝しそうです。

それになんといっても母数が大きいですからね、DS所有者のほんの数パーセントが欲しいと思うだけでもあっさりミリオンを超えてしまいます。
実際、個人用のTVの無い小学生あたりとっては、非常に魅力的なアイテムなのではないかと思います。
クリスマス需要も相当ありそうですね。

感度はちょっと気になりますが、これだけ長いアンテナが2本もありますので(エリアにもよりますが)問題無いのではないでしょうか?
次の予約は更に熾烈な争奪戦になるでしょう、案外電話注文が穴場かもしれませんね。
全然繋がらないかもしれませんが・・・。
2007/11/11(日) 10:07 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/654-462792d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。