飯野賢治氏がWiiで復活か?

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海外から凄いニュースが飛び込んできました!
なんとあの飯野賢治氏がWiiにクリエイターとして参入するというのです!!
http://revolution.ign.com/articles/709/709812p1.html
(海外サイトです)
ちょっと翻訳ソフトの力を借りて訳してみます。

飯野賢治Wiiプロジェクト [非公式] (Wii)

D2クリエーターはWiiに移ります
有名なデザイナー飯野賢治は、彼の新しい会社が任天堂の新しいコンソールのためにゲームを作っていることをほぼ認めました。

2006年5月23日-そのゲーム歴が3DOとドリームキャストに及ぶ人のほとんどは、開発スタジオワープおよびそのカリスマ的指導者飯野賢治を思い出すでしょう。その会社は、エネミー・ゼロ、Dの食卓およびDの食卓2のようなタイトルを含む本当に先駆的なソフトウェアを作成しました。それらの後期はSEGAの不運なプラットフォームで制作されました。

数年前に、飯野はワープを解散し、新しいスタジオを始めました。そしてビデオゲーム以外のエンターテイメント・プロダクトの開発に注力しました。しかしながら、Gamasutraによる報告書によれば、彼は、フロムイエロートゥオレンジ(彼の経営する会社)へ全く新しいスタジオをたずさえて戻っていて、ビデオゲームの開発にもう一度取り組んでいます。
Gamasutraは、エレクトロニクス・エンターテインメント・エキスポ 2006で飯野に簡潔に遭遇しました。そこで彼は、彼が「真新しいゲーム」を製作中であると知らされました。突っ込んだ質問をすると飯野は、「新しい制御装置を備えたコンソールのために」タイトルが作成されていたと単に言うでしょう、それは任天堂の革新的な新しいポインターを使用する事を示しています。その後、伝えられるところによれば、彼は手を振り回す仕草をしました。

ワープでの飯野のゲームは、異色作であるという事で主として知られていました。 3DOのDの食卓は、その時に非常に深みのあるストーリーを構築するために生き生きとしたCGのカットシーンを利用しました。セガサターンのエネミー・ゼロは、未来を舞台にしたストーリーの中の目に見えない怪物を識別するために音の合図を使用することをプレーヤーに強いました。その間、ワープ自身は5人のスタッフだけを雇いましたが、メンバーのひとりは上田文人でした。(その上田は、のちにプレイステーション2でIcoを作りました。)


どうやら「飯野氏Wiiで復活」ということで間違いなさそうですね。
個人的には「エネミー・ゼロ」のリメイクが第一希望ですけど、
ショートワープ」みたいなミニゲーム集も面白いかなと思います。
おやじハンターは今時やばすぎるかな、年齢制限されたりして・・・。)

当時、ジェラシーからか宮本茂氏をこき下ろすような発言もみられた飯野氏が、
任天堂ハードで復活するというのも実に皮肉なものですね・・・。

過去の関連記事 その1
過去の関連記事 その2
Nintendo INSIDE さんにも記事が来ましたね



追伸

飯野賢治氏のブログに可愛らしいムービーがUPされていました。
少し前の仕事とのことですが、今の時期になって紹介するということは何か意味が有るのかもしれませんね。
(現在製作中のゲームと雰囲気が似ているとか?)
http://pinkyfilm.jp/
この人のセンスはやはり間違いなく高いです、ちゃんとゲームとして形をまとめる事さえ出来れば凄い物が出てくる予感がします。

ブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
「霧のオルゴール」
「300万本RPG」
2006/05/24(水) 20:18 | URL | ペンギン666 #-[ 編集]
当時の彼の「ビックマウス」が相当反感を買っていたのは理解できます。
「エネミーゼロが初めて泣けるゲームになった人」が果たしてどれくらいいたのか微妙ですし・・・。
しかし当時は「20代のベンチャー企業の社長」ですからね、
多少気張りすぎていた面も有ると思いますよ。
2006/05/25(木) 06:48 | URL | ほたるいか #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/66-38dd2cdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。