「Wii Fit」で勢い復活!やはり勝ちハードはWiiだった

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
余りにライトユーザー寄りでしかも高価なため、発売日前は「売れるのか売れないのか半信半疑」と言われていた「Wii Fit」ですが、蓋を開けてみると土日の二日間で約26万本を販売するという上々のスタートとなりました!
メディアクリエイト調べ)
これは約29万本を販売したレイトン教授と悪魔の箱に次ぐ第二位となっています。
「バランスWiiボード」の供給が限られていることや、客層的にじわ売れ型なのが確定的なのを考慮すると、かなり凄い売れ方なのではないかと思います。
ちょっと気が早いですが、ミリオンどころか「Wiiスポーツ」に続いてのダブルミリオンをも射程圏に捉えているのではないかと思います。

Wiiフィット(「バランスWiiボード」同梱)
B000NWDXLS
任天堂 2007-12-01
売り上げランキング : 1

おすすめ平均star
star革新的
star肩の力は抜いて!
star悪くなかったです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「Wii Fit」の好調に引きずられるように、Wii本体の売上も全盛期並みの約74000台に回復しています。
これにはもちろんクリスマス需要なども含まれているでしょう、おそらく「スマブラX」の発売される1月いっぱいまではこの水準を維持し続けるでしょうね。
あとはこの勢いがどこまで続くかでしょう。
2月3月とジリ貧になってしまう可能性も少なからずありますが、スマブラ登場後に普及が更に加速するようなことになれば、勝ちハードの地位を完全に不動のものにしてしまうでしょうね。
まさにDS市場の再現といった感じでしょうか?

一方、11月は新型効果で初めてWiiの販売台数を上回ったと言われているPS3の販売台数は約37000台と失速傾向にあります。
これはやはり、大人向けのボーナス需要はあっても子供向けのクリスマス需要はまだまだ微々たるものだということでしょうね。
安くなったとはいえまだまだ約4万円、子供にぽんと買い与えるにはまだまだ抵抗感のある価格ですからねえ。

PS3については、今月待ちに待ったキラーソフト候補「グランツーリスモ 5 プロローグ ブルーレイディスク版」の発売が来週に控えており、この週はさすがに10万台近くまで売上を伸ばしてくると思いますが、おそらくここがピークになってしまうのではないでしょうか?
あとはおそらく、週販2万台前後で落ち着いてしまいそうな予感がします。
最悪の時期こそ脱していますが、これではWiiの追撃など夢のまた夢という感じですねえ・・・。

Xbox360は約6600台と、これも最悪の時期は乗り越えているようですね。
しかし、なにやら韓国人に都合の良い反日的な言語規制の問題がネット上を賑わせているようで、せっかくの上昇基調に水を差さなければ良いですねえ・・・。



ブログランキング CoRichブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
これからの任天堂
『Wii Fit』はいいですよ~。私も毎日続けてますよ~。
フィットネス機器として抜群の完成度を誇っていると思います。ただし「ゲーム」ではないのでもちろんそちらの層にはほとんど売れませんけどねw

11月には新型を発売したPS3に上回られてしまいましたが、やはり年末は強い任天堂ハード。そして来月には『大乱闘!スマッシュブラザーズX』も発売されるので、勢いはそれなりに続くでしょう。

しかし、2月3月がが「ジリ貧になってしまう可能性」が、私は実は「少なからず」ではなく「けっこう」あるかもしれないと思っています。今のところ、その時期に目立ちそうな行動としては『Wiiウェア』くらいでしょうか?
もちろん任天堂のことですから、その点も抜かりなく準備万端としてくるかもしれませんが、ただ今のところWiiがDSと違って不安なところは、「ゲームらしいキラータイトルが少ない」というところです。今まで本体の売り上げに大きく貢献してきたのは「Wii sports」だとか、今回の「Wii Fit」だとか、全て「Touch!Generations」シリーズです。ゲームらしいゲームでは任天堂でもゼルダ、マリオが思ったより振るっていない(マリオパーティは別ですが)ですし、スクエニを筆頭とするサードパーティも、そんなに大した功績は残せていません。評価自体は高いものも少多いですが、結果として売れていないものも非常に多いです。

これから先、Wiiはより高みを目指してあらゆる戦略をたたき出してくることと思いますが、そのうちどんどんいわゆるWii sportsのような「ゲームっぽくないゲーム」というのがより売れ始めてくると、Wiiでゲームらしいゲームが益々売れなくなり、Wiiという方向性がどんどんそちらに偏り始めていきます。それはそれでいいとは思うんですが、いちゲーマーとしては若干不安も隠せなかったりしますね。
2007/12/09(日) 00:29 | URL | partygame #hCLbhaFQ[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/12/09(日) 00:42 | | #[ 編集]
そうなんですよねえ
携帯機と据え置き機ということで価格が違いますので数的には見劣るものの、Wiiの売上の推移はDSのそれと似通っています。
現在は、DSで言うところの「マリオカートDS」や「どうぶつの森」が発売された時期に当たりますね。

DSの場合、その後任天堂が取った策は「DSライト」の投入と「NEWスーパーマリオ」の投入でした。
これは両方とも当たりに当たって、まさに「2段ロケット」のようにDS市場を勢いづかせたものです。

Wiiの場合はどうでしょう?
まず、DVDを再生できる新型本体を投入してくる可能性はありますね。
DVD再生機能だけでは芸が無いですので、他にも目玉があるかもしれません、例えば「バランスWiiボード」を同梱して価格据置とかですね。
ボードが2枚あれば、対戦型ゲームもプレイ可能ですからね。

ソフトだと、やはり「ぶつ森」「モンハン3」あたりですかねえ?
あと、ドラクエのナンバリングタイトルをWii向けに確保できればかなり磐石の体勢になると思われるのですが、どうでしょうかね?
発売は当面先でも、発表だけで十分な効果が期待できると思うのですが・・・。
あっ、飯野賢治氏の新作にも期待していますよ!!!
2007/12/09(日) 00:44 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/677-cc5c944c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。