今年のゲーム業界を予想 2008年版

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あけましておめでとうございます。今年もお付き合いよろしくお願いします。
さて年明け最初の記事は、昨年同様今年のゲーム業界を予測してみようと思います。
合わせて、1年前の予測がどの程度当たっていたかも検証してみます。

昨年の記事 今年のゲーム業界を予想

参考サイト VG Charts (Japanese Chart)

ニンテンドーDS
一昨年PS2から王者の地位を奪取したDSですが、昨年は完全にその地位を磐石なものにしました。
ただし、それまでのようにミリオンソフトが連発する状態では無くなっています。
タイトルが豊富になった反面、新作ソフトへの興味が失われつつあるのは事実でしょうね。
PS2の全盛期にも指摘されていた「軽いアタリショック状態」なのかもしれません。
まあ、発売が予定されていた「ドラクエ?」が実際に発売されていたとしたら、また違った状況だったのかもしれませんけどね。

現在は年末商戦ということもあり非常に好調な売れ行きのDSですが、さすがに行き渡った感も強いですので、今年は売上のほうは落ち着いてくるでしょうね。
現在までの累計販売台数は約2110万台です。
昨年始めには2500万台以上になるという超強気な予測をしていましたが、さすがにそこまでは伸びなかったですね。
ただ、今年の末には確実に越えてくるでしょう。これは「ドラクエ?」が間に合わなくても大丈夫です。
もしも間に合えば更に2?300万台の上乗せも可能ですし、3000万台の大台も夢ではありません。
今年もゲーム業界の主役はこの機種で決まりでしょうね。

プレイステーション・ポータブル
昨年後半のモデルチェンジ以降は売上好調で、今やSCEの屋台骨を支えているのはこの機種なのかもしれません。
本体が売れている割にはソフトが売れない不思議な機種ですが、あまり購買力が高いとは言えない上にPC関連の知識が豊富な男子学生層がメインターゲットであるがゆえの現象でしょう。
このことが「モンハン」以外のソフトの不振につながってしまっているのでしょうね。

新作ソフトの供給という点に大いに不安のある機種ですが、ゲーム以外の用途目的でも売れており、当面は現在の好調を維持しそうですね。
昨年始めには国内累計販売台数は600万台あたりだと予想していましたが、実際は約750万台にまで伸ばしてきました。
これは、予想されていた新型後継機が登場することなく、薄くて軽い改良型が登場したからです。
更に、新型以降のブーストが予想以上に大きかったというのもあります。
どうもPS3の不振により一時的に行き場を失っているPSユーザーの受け皿的な位置にもなっているようですね。
しばらくは、現在の好調を維持しても不思議ではありません。
上手くすれば今年中に1000万台の大台に到達しそうです、そうなればもう「負けハード」とは呼べないのかもしれませんね。

Wii
夏ごろまでは常に品薄という驚異的な好調を維持してきたWiiですが、その後急激に失速してしまいました。
このまま立ち直れないかもしれないという見方もされていましたが、もともと強い年末需要に加え「Wiiフィット」による新規ユーザーの掘り起こしが成功して、完全に息を吹き返しました。
次世代機3機種の中ではダントツのシェアを確保する事に成功し、携帯機DSと合わせて「任天堂時代」が完全に到来したと言って差し支えないと思います。

昨年始めには400?500万台と予測していた国内累計販売台数は、実際には約450万台とほぼ的中しました!
前世代機の「ゲームキューブ」の累計売上台数が約400万台ですから、発売後約1年で上回ってしまったことになります。
これは当の任天堂にとっても予想を超えた成果だったのではないでしょうか?

2006年のE3で急遽開発が発表された「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」が、それ以前に発表されていた「バイオハザード5」に先駆けて発売されたのを見てもわかるとおり、開発負荷が他機種と比べて非常に軽いのは開発会社にとっては魅力でしょう。
最近ではGC時代には数えるほどしか無かったRPG系の作品の開発もいくつか発表されており、元々PS2ユーザーだった層にも十分満足させることができるラインナップが整いつつあります。
もともと任天堂ハードを支持していた固定層と「Wiiスポーツ」や「Wiiフィット」で新規開拓された超ライト層はWiiの独壇場ですので、あとは従来からの(マニアではない)ゲーム好きな層をどれだけ引き込むことができるかが鍵ですが、「モンハン3」の移籍に代表されるように流れは来ているように思います。

あともう一押しあれば、今年中に現在の倍以上の1000万台突破も夢ではありません。
具体的には「ドラクエ10」でしょう。水面下で大変な綱引きが行われているのでしょうけど、これがWiiに来る事になれば国内市場においては完全に勝負は決してしまうでしょうね。
それだけに、スクエニも簡単には動けないとは思いますが・・・。

PLAYSTATION 3
そのあまりに高価な価格設定と発売直後の品薄が尾を引き、未だに立ち直れない状況が続くPS3です。
「みんゴル同梱ビギナーズパック」「新型新価格40GB版」「(別売り)振動コントローラの復活」といったてこ入れを再三行っているものの、効果は一時的なものに終わってしまっています。
特に痛かったのは年末の目玉ソフトと目されていた「グランツーリスモ5 プロローグ」の不振でしょう。
キラーソフト候補として大々的なプロモーションが展開されていましたが、現在のところ発売後2週を経過して14万本程度しか販売されていません。
この「無双系」にも及ばない販売状況というのは、さすがに誰も予想していなかったのではないでしょうか?
本体普及への牽引効果も殆ど見られず、かなり深刻な状況なのではないかと思います。

昨年始めには累計普及台数は150?200万台程度で終わると予測していましたが、実際は約160万台ということでこれも的中しましたね。
海外では更に苦戦するという予測も、残念ながら当たってしまいました。
まあ、もともと無理だと言われていた「FF13」はおろか「MGS4」すら年内に間に合わず、唯一間に合った「GT5プロローグ」がこの惨状なわけですから、むしろ健闘しているのかもしれませんけどね・・・。

今年もかなり厳しい状況が続くのは間違い無いでしょうね。
とりあえず、今年度中(3月)には間に合いそうな「MGS4」がどれだけ健闘して本体普及に貢献できるかが大きな鍵になると思いますが、ここで万が一コケてしまえば懸念されている「サード離れ」が一気に進んでしまうことも考えられます。
そうなれば、頼みの「FF13」すら白紙になってしまう最悪の事態も考えられますね・・・。

今年中には250万?300万台の累計売上にとどまると見るのが妥当でしょう、ドリームキャストを若干上回る程度でしょうか?
もちろん今年中に大きなニュースがあれば、この数字も大きく変動します。
それは良いニュースなのでしょうか?それとも悪いニュースなのでしょうか?

Xbox 360
ソフトの質・量ともに豊富で、従来からのコアユーザー層からの支持は非常に高い360ですが、残念ながら一般層の支持は相変わらず殆ど得られていません。
特に、「ブルードラゴン」「トラスティベル ショパンの夢」「ロストオデッセイ」といった和製RPGの大作が、一般層向けのキラーソフトになり得なかったというのはちょっと予想外でした。
旧Xbox時代に染み付いてしまった「洋ゲー専用機」というレッテルは、想像以上に日本市場では足を引っ張っているのかもしれませんね。

昨年初めに予想した70万?100万台程度という予測はやはり甘すぎたようで、実際は50万台を若干超えた程度にとどまっています。
これは旧Xboxとほぼ同じ数ですけど、初動である程度普及した先代とは違いじわ売れでここまで積み上げてきた訳ですから、中身はかなり濃いと思います。
実際、市場らしい市場が形成されなかった先代と比較すれば、小さいながら5?10万本の手堅い売上が見込める市場が形成されており、「アイドルマスター」のように有料ダウンロードコンテンツを上手く利用して数字以上の利益を生み出せる作品も登場しています。
これに非常に好調な海外市場が加わるわけで、WindowsPCとの親和性が高く比較的開発が容易なことも手伝って、制作会社にとってはそれなりに魅力的なプラットホームだと言えるでしょうね。

ただし、日本では「マニア向けハード」という枠から出ることは非常に困難なことに変わりは無いでしょう。
おそらく今年中に80万台あたりまで伸びれば御の字でしょう。
100万台あたりまで伸ばすことも最近の売上を維持できれば可能性が無くもないですが、それには何かしら大きな「良いニュース」が必要になってくるでしょうね。


「今年のゲーム業界予想」を総括しますと、任天堂が策を怠らなければスーパーファミコン時代以来ようやく奪い返したトップシェアの地位を不動のものにするでしょう。
携帯機の分野は当然として、据え置き機でも未だ勢力を維持しているPS2に完全に成り代わってしまう可能性は十分にあるでしょうね。
まずは、発売まで1ヶ月を切っている「スマッシュブラザーズX」の動向に注目ですね。

それに対してソニー系列はかなり厳しい状況が続くでしょう。
PS2は今年は市場が縮小していく一方なのは間違いありませんが、それとバトンタッチすべき立場のPS3の不振は本当に深刻です。
この暗い状況を一変させる事ができるとすれば、それはやはり「FF13」ということになるでしょうか?
ただ、従来からのブランドだけではどうしようもないほどゲーム市場が変化しつつあるのは「GT5プロローグ」を見ればあきらかで、かなり手詰まり感が漂っているのは否定しようが無いというのが現実でしょうね。

唯一元気なPSPも、今後の新作ソフト供給が十分だとは思えず、どこかで急ブレーキがかかっても不思議ではありません。
ただそうなると今度こそ後継新型機(PSP2?)が登場するかもしれず、そうであればまた話は違ってきます。
当然、DS市場を喰えるくらいの機能を持っているでしょうからね。

Xbox360は、国内向けとしては最大のタイトルだったであろう「ロストオデッセイ」が発売されてこの状況なのですから、この枠の中でやっていくしかないのでしょう。
残念ながらシェア争いでは完全に蚊帳の外ではありますが、所有者の満足度は高いようですし、まあこれはこれで有りなのかもしれませんね。

ブログランキング CoRichブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。明けましておめでとう御座います。
気になる文面だったので拝見させて頂きました。

大変為になるというか、納得できる内容でした。
私はメイン360ユーザーですが、普及率とは裏腹にほとんどの
ユーザーが満足しているだろうと感じています。
DSも初期型で購入した時期から考えると予想もつかない程のライトユーザーが増え、従来のユーザーと新規ユーザーとの牽引の仕方に興味がある、この頃です。Wiiは本当にこれから、という感じですがおっしゃられている通り、スマブラなどがどう影響するかも楽しみです。
そんな私もお姉チャンバラとWiiの同時購入を考え始めるようになりましたw

大変おもしろかったのでまた、お邪魔したいと思います。
2008/01/02(水) 14:36 | URL | ミカサ #-[ 編集]
コメント有難うございました。
お正月から気合を入れて更新した甲斐がありましたよ(笑)。

任天堂は非常に好調ですけど、超ライトユーザーが中心の購入層の支持は非常に脆いのもまた事実です。
このことは任天堂自身もよくわかっているはずですので心配はしていませんけど、やはりごく普通の「ゲーム好き」に購入してもらって初めて1本芯が通るわけで、その為の大事な弾が「スマブラX」なのではないかなあ?と思います。
ここでもうひと伸びすることができれば、今後がかなり楽になってくるように思うのですが・・・。

360はまた独特の普及の仕方ですよね。
確かにシェアは小さいのですが、ソフト自体は質・量とも文句なしで、ジャンルの偏りに不満を感じる方も少ないでしょう。
(この点は、むしろWiiのほうが不満が多いのでは・・・。)
小売店での扱いは小さいですけど、今はネットでいくらでも手に入る時代ですしね。
まあ「楽しんだもの勝ち」なのではないかと思いますよ。
2008/01/02(水) 15:10 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
あけましておめでとうございます&新年早々長文コメントになってしまいました…スミマセン。

個人的に2007年はPS3不振に驚かされた一年でした。発売日は各地で大盛り上がりでしたが今の状況と見比べるといかに勢いだけで乗り切っていたかがよく分かります。
今後はハード面での対策しか目立たないSCE自らが昔のようにハードを牽引出来るタイトルを出さないとサード離れが見え始めた頃には手遅れになりかねない。…2008年はただただ心配の一言です。

一方で比べられがちのWiiは任天堂らしい年末商戦の強さで普及に拍車をかけているようで何より。後はスマブラXの成功が今後の鍵を握ることはほぼ間違いないでしょうね。
「ゲーム市場の拡大」という重大な任務を背負わされたDSとWiiですが、前者はともかくWiiに関しては取り入れたライトユーザー層をまだミドルユーザー層に移行させられるほどの魅力的なタイトルが出ていない状況で非常に立ち位置が中途半端です。
しかし、マリオで一部のミドルユーザー層を開拓出来たことは大きな財産でしょう。スマブラXがどこまで人気を誇れるかは分かりませんが破壊力に関してはマリオを上回るはずですので、スマブラXがそれなりに売れたならばWiiの役目はほぼ完了ですね。そろそろ次ハードに(ぇ。

360の国内の不振っぷりは呆れるほど相変わらず。ソフト面・オンラインでは他ハードよりも充実しているはずなのに…やはりコッチはPS3と違ってXboxが足を引っ張っているんでしょうね。まぁ海外の人がたくさんいてオンに困らないから構いませんけどw。
しかし、このままでは他ハードより一年も早く出してソフトラインナップを整えた意味がない。2008年はもう少しCMに力を入れてくれてもいい気がします。


と、個人的な意見はこのぐらいですが…大分長くなっちゃいましたw。
今年が終わる頃には各ハードの体制がほぼ確定するでしょうからどのハードにとっても大事な年になりますね。SCEは追い上げを・任天堂は更なる飛躍を・MSは海外で頑張ってくださいw。
2008/01/03(木) 00:46 | URL | ぶらりぶらりの名無しさん #fJKnScDM[ 編集]
コメント有難うございました。
PS3発売直後の狂騒は、今にして思うと「何だったんだ?」て思いますよね。
マスコミ対策では群を抜いて上手いソニーですが、今回は策に溺れたのか、はたまたマスコミ対策程度ではどうしようもないダメ商品だったのか・・・。
まあMGS4が最後の砦でしょう、これが「ガンダム無双」程度の結果に終われば、それはもう「終了フラグ」なのかもしれませんね。
まあ、頑張って欲しいものです。

Wiiについては台数は確かに出ているんですけど、「Wii市場を支える」という意味では非常に弱いんですよね。
何かこう「針を刺すとぱちんと割れてしまう」感じでしょうか?
それだけに「マリオギャラクシー」「スマブラX」と揃った後からが本当の勝負なように思います。
これで客層に目立った変化が見られないと、いつ崩壊してもおかしくない「Wiiバブル」が継続する極めて不安定な状態が続いてしまうでしょうね。
これもまあ、どのようなことになるのか興味深いですよね。

360の場合は、ソニーと任天堂の本拠地である日本の市場では、どうしても「2台目・3台目のハード」になってしまうのですが、90年代後半のゲームバブルの時期ならともかく、今では現行のハードを複数台所有するユーザーは稀ですからね。
この厳しい状況は構造的なものですから、そう簡単には解決しないでしょうね。
それこそ、次の世代で「セガ」と組んでセガブランドで販売するとか、そのくらいしないと無理でしょうね。
その場合は、サターンとドリキャスのディスクが読めるようにしていただけると最高なんですけどね、まあこれは個人的な願望ですが・・・。
2008/01/03(木) 05:18 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
始めまして+あけましておめでとうございます
毎日楽しく、そして頷きながら読ませていただいてます。
気合いの入ったコラムをありがとうございます。気合い入れて読ませて頂き、納得しながら読ませていただいた次第です。

予想が出来なかったり外れたりで、各方面が混乱した一年でしたね。ユーザーにまで混乱が広がって、ゲーム情報に詳しい人ほど落ち着かない一年だったとも思います。もちろん楽しんだ者勝ちなのですが、自分の欲しいゲームの機種が変わったり出なかったりは面白くないですよね(汗)しばらく混乱も続きそうですが、ゲーム情報も落ち着いて、変に疑ったりしないで楽しめる日が早く来ればいいと思います。

あ、私もブログをやってるので、良かったらリンクを貼らせてもらえませんか?また、トラバなども打ち合える仲になれればと思ったりしてます(^^)
宜しくお願いします!
2008/01/08(火) 19:47 | URL | ヨッシー #ry4fuRYg[ 編集]
はじめまして
他のブログの記事などから何度か訪れたことがありますよ、ブログを始めた頃に比べて大分不精になってきていますので、なかなか定期的に巡回とまではいきにくいんですよね。
これを機会にちょくちょくお伺いしたいと思います、リンクの件も了解です、こちらからも貼っておきますね。

>気合いの入ったコラム

気合が入りすぎたのか、「アンチ」の突っ込みが皆無ですねえ。
書いてるときは「突っ込めるなら突っ込んでみろ」という気持ちで書いていたんですが、ちょっと拍子抜けでしたね。
まあ、メジャーなブログではないから、というのが一番の理由なんでしょうけど・・・。


次世代ゲーム機のシェア争いは、見てる分には面白いんですけど、なけなしの小遣いで買ったハードが衰退していったりするとかなり切ないですからねえ。
発売前は大本命だったPS3は思いがけない大不振で、成り代わるかと思われた360も海外はともかく国内では散々ですからね。
今のところ好調なWiiも普及台数をそのまま実力だと鵜呑みにして良い状況とはとても言えませんし、ハードの性能が他より一枚落ちるのはまぎれもない事実ですしね。
本当にまだまだ混沌とした状態だと思います。

この状況からWiiが抜け出すとすれば、最近始まった「フレッツ光」とのコラボがかなり有効なのではないかと思います。
「スマブラ」「ぶつ森」「モンハン3」とネット対応向きの作品を立て続けにリリースして、それぞれにNTTがバックアップするという形をとれば、それこそ「一家に一台Wii」という時代が到来するかもしれませんね。

PS3が追いつくためには、やはりBD再生機能をきっかけにするのが一番有効なのでしょうか?
「DVDはもはや過去の規格」という意識を一般的な消費者に浸透させることができれば、安価なDVD再生機としても売れたPS2のような感じで売れ始める可能性はゼロではないでしょうね。
ただ、そこまでの「力技」をソニー以外の家電メーカーを巻き込んで展開できるのかというと、おおいに疑問符が付きますけどね。

360は国内市場では安定飛行が続くんでしょうけど、安泰かと思われていた海外市場では既にWiiに抜かれているうえに値下げ効果が出ているPS3にも追い上げられており、今年はちょっと苦戦するかもしれませんね。
他のメーカーと比べて目新しさがあまり感じられないですし、最大のキラーソフト「HALO3」は既に発売済みですからね。
PS3に成り代わるためには、それこそ「FF13」を強奪するくらいの力技が必要だったのではないかと思うのですが・・・。
2008/01/08(火) 23:50 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
リンクを張って頂き、本当にありがとうございました!
こちら側も張りましたので、これからも宜しくお願いします。
また、気合いの入ったコメント返事もありがとうございました(笑)
これからも楽しく読ませていただきます。お互いに頑張りましょう!
2008/01/10(木) 00:52 | URL | ヨッシー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/696-51c327b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。