【Wii】【PS3】英国でも日米と同じくらいの値段

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Nintendo INSIDEさんより、「Wiiは英国でも日米と同じくらいの値段に 」との記事が届きました。
http://www.nintendo-inside.jp/news/185/18509.html

任天堂の森専務はWiiの価格について、日本では25000円以下、米国では250ドル以下になるという見解を示しましたが、英国任天堂のスポークスマンは英国での価格について、日本や米国での価格と並ぶ値段になるとしました。

25000円はポンドに換算すると120ポンド、250ドルは135ポンドほどになりますが、GameIndustry.bizはUK VAT(付加価値税=17.5%)があるので、150ポンド(約31000円)くらいになるのではないかと予想しています。

任天堂は今年後半に日米欧でほぼ同時期に発売し、翌年の3月末までに600万台を出荷する計画を立てています。今の所、どの地域にどれだけの数量が分配されるのかは不明ですが、ニンテンドーDSの売れ方を見る限りでは半数は日本向けになるのではないかと思います。

付加価値税高いですね!
でもまあ3万円位なら、なんとか許容範囲なのではないでしょうか。
DSも18,000円程で販売されているそうです、
ヤフオクやアマゾンのプレミア価格よりかは安いですよね。
任天堂の的確な戦略が光っています。

しかし、対するPS3も負けてはいません。
Engadget Japaneseさんに、
英国版プレイステーション3は一種類、約9万円との記事が掲載されています。
http://japanese.engadget.com/2006/05/26/playstation-3-uk/

日本では省機能版(高いほう)が6万2790円、HDMIつき60GB版(もっと高いほう)がオープン価格で販売されるソニー プレイステーション3ですが、英国ではHDMIつきバージョンのみ、425ポンドで販売されるとのこと。日本円にすると約8万9500円ほど。

英国では1バージョンのみという判断について、ソニーコンピュータエンタテインメントUKのボスRay Maguire氏がMCVに語ったところによると、「ローエンドの20GB版PS3には無線LANもHDMIもなく、その他のスロットも搭載されない。だからこれをどう位置づけるかが問題だ。英国ではおそらく60GB版のみが販売されることになるだろう。」

また425ポンドという価格については、「高いとは思わない。安いくらいだろう。」「Blu-rayプレーヤが600?700ポンドすることを考えれは大安売り」とのこと(こちらはgamesindustry.biz経由Eurogamer TVのインタビューにて)。

さて、英国市場での先行きが不安になる価格と思われるかもしれませんが、英国ではゲーム機一般が割高で売られているため問題ありません。たとえばライバルのXbox 360 HDD搭載版は現在279ポンド。PS3発売にあわせた値下げがないと仮定すれば差額はほんの3万円くらい。安すぎたかも。

こちらも「高いとは思わない。安いくらいだろう。」とのことです。
今回の次世代対決は、いよいよ世界規模で楽しみになってきましたね!

ブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/73-5cd02834
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。