なぜWiiでは任天堂ソフトしか売れないのか?について

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国内では既に普及台数500万台を超えまさに破竹の快進撃を続けるWiiですが、肝心のソフトについては一部を除いてゲームキューブ時代並の振るわない状況が続いています。
これは特にサードパーティ(任天堂以外)のソフトに顕著です。
そのことについて、いつもお世話になっているブログ「ゲーム&情報ブログ(SF&NF)」さんに興味深い記事がありました。

【コラム】「wiiではナゼ任天堂のソフトしか売れないの?」の見解。 (ゲーム&情報ブログ(SF&NF))

「任天堂のソフトしか売れない」「サードのソフトが全く売れない」というのは、いわゆる「アンチ任天堂」の輩が好んで使う常套句のようなものですが、実際上位10タイトルが全て任天堂ソフトで占められているのが現実なんですね。
順位だけでなく、売上本数でも20万本を超えているサードタイトルは「ドラゴンクエストソード」「バイオハザード アンブレラクロニクル」の僅か2本のみ、10万本台のタイトルも「ドラゴンボールZ スパーキングNEO」「実況パワフルプロ野球Wii」「バイオハザード4 Wiiエディション」など7本しかありません。
昨年末に発売されたサード製の期待作「NO MORE HEROES」「ナイツ?星降る夜の物語?」はともに3万5千本程度の売上ですし、初のRPG「オプーナ」に至ってはランク外です。
これに対して任天堂ソフトは既にミリオン突破タイトルが5本(ダブルミリオンタイトルは2本)もあります、6本になるのも時間の問題でしょう。
やはりこれはちょっとおかしい状況ではないかな?と思わされますね・・・。

管理人のmarukomuさんは、この状況について様々な要因を挙げられています。
要は、500万台を超えているにも関わらず(「Wiiフィット」などで流れ込んできた超ライト層を除けば)旧来のユーザー層からの変化が見られないために、「ソフトを買うならまず任天堂ソフトから」というサードにとっては非常に厳しい流れが今も続いているということでしょうね。
これに対して任天堂派のユーザーから良く出る意見は「実際に出来が良く、しかも安いのだから仕方ない」「主力タイトルを持ってこないサードに問題がある」というものです。
確かにもっともな意見なのですが、ではなぜ任天堂ソフトが安いのか?あるいはサードパーティが主力タイトルを持ってこないのか?ということを、もっと深く考えてみる必要があるでしょうね。

よく「任天堂ソフトが強すぎる」と言われます、これはもちろん任天堂の技術力や開発力の高さによるところも大きいのですが、サードが同じようなクオリティの作品をWiiでリリースすればとてもこの価格では出せないという意味もあるんですよね。
例えば今度発売される「マリオカートWii」ですが、Wiiハンドル同梱で5800円という破格値で販売されます。
同じような作品をサードが発売するとしたらいくらで採算が取れるのでしょうか?任天堂にロイヤリティを支払い、Wiiハンドルを購入し、漫画雑誌やゲーム雑誌に広告を出し、TVCMを放映するとすれば、5800円なんて価格では開発費がとても捻出できないということに気付いていただけるのではないかと思います。
ユーザーにとっては嬉しい「任天堂価格」も、他のメーカーから見れば「焦土作戦」にしか見えません、同ジャンルの作品では商売にならないわけですからね。

スーパーファミコンの時代までは、任天堂の手薄なジャンル(RPG・シミュレーション・スポーツ・アーケード移植など)に狙いを定めることで何とか商売を成立させてきたサードパーティですが、プレイステーションの登場以降はそれらのタイトルの多くは任天堂ハードに残ることなく移籍してしまいました。
これは当時絶対的な王者だった任天堂を危機的な状況に追い込んでしまうのですが、自社ソフトのクオリティを高く維持したまま価格を極限まで下げることで、固定ファンをがっちり掴みサードの助けを借りることなく成立する市場を構築することに成功しました。

負けハードだった64やゲームキューブの時代にはこれで良かったのでしょうが、せっかく勝ちハードの地位を掴みつつあるWiiでも同じ手法が取りつづけられているのは、少々問題があるのではないかと思います。
もちろんハード立ち上げ当初は、(当の任天堂を含めて)誰もここまでのWiiの成功を予想していなかったわけですから仕方無いのですが、もうそろそろサードにもやさしい市場への変革が求められているのではないかと思います。
例えばロイヤリティを下げて安価なソフトを発売しやすくするとか、CMの枠を無料で提供して販売を支援するなどです。
さらに、(ユーザーにとっては嬉しくないことですけど)任天堂ソフトの価格を若干上げて他社ソフトの価格と揃えていくというのも有効だと思います。
ファンを驚かせたカプコンの主力タイトル「モンハン3」の電撃移籍の裏にはそれなりの条件が提示されているのだとは思いますが、更に積極的なサード作品の呼び込みが必要な時期が来ているのではないかな?と思います。

せっかくWiiで次世代機レースのトップを走っているのに、徐々に価格を下げて魅力を増しつつあるPS3の逆襲を許してしまうようなことにならないよう、任天堂には気を引き締めて欲しいものです。
もちろん「DS」のような市場規模まで成長すれば何の心配もいらないのですが、現状では反撃の糸口がまだまだ存在しており、何かをきっかけに状況が一変することも考えられますからね。

ハードのシェアを決めるのは「ハードの魅力」ではなく「ソフトの魅力」です、これは任天堂一社だけの力ではどうにもならない部分ですからね。
まあ、先代の組長ならともかく、岩田社長に任せておけば安心だとは思いますけどね。

ブログランキング CoRichブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 いっそのこと、任天堂にとって手薄な分野を得意とする会社をがしがし買収するという手もあります。もうこの際任天堂だけで自社ハードの市場を完全に掌握してしまうという。
思考実験としてそうした場合のメリットとデメリットを考えたら面白い様に思います。
2008/03/06(木) 12:33 | URL | おかずのり #-[ 編集]
実際「バテンカイトス」を制作したモノリスソフトは傘下に収めましたし、そういう流れは来ているのかもしれないですね。
まあ、なんでもかんでも買収するわけにはいかないでしょうが(資金的な問題もありますしイメージ的にも良くありません)、積極的な資金援助や「任天堂ブランド」での発売など、ちょうどマイクロソフトがXbox360でそれなりに成功している手法はかなり有効なのかもしれませんね。

ただ、ある程度大きなソフトメーカーだとプライドもあるでしょうし、他のハードメーカーとの良好な関係も継続していかなければならないわけで、なかなか現実的には厳しそうです。
強引な手段をとることによって、対立する陣営の結束力を強固なものにしてしまう可能性もありますしね。
2008/03/06(木) 14:26 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
サンクス!
そうですよねぇ~ロイヤリティなどのコストが
サードにはありますから割高になるのは否めないでしょうしね。
任天堂ではファイナルファンタジー13が
遊べないというハイティーンPS系ユーザー意外を
取り込める策が必要でしょうしその点でモノリス買収が
効果的だったのかもですよね(何が出るか楽しみですけど
個人的には今のメディアミックスでしか売り上げを見込めない
カラクリをお子様系もよくわかっていてそれ以外を
受け付けないというものを製作者自ら作った印象が
自分はつよいんですよねぇ~自業自得というか・・・・
2008/03/06(木) 15:36 | URL | marukomu #-[ 編集]
今までは自社の力だけで市場を支えることで手一杯だったとは思うのですが、DSだけでなくWiiも世界的な大ヒット商品になったのですから、もうそろそろサードへの心配りが必要になってくるのではないかな?とは思いますね。
油断は禁物ではありますが、「勝者の余裕」というのも必要でしょうからね。

良い意味で「他社に頼る」ことも必要ですし、そのために必要な経費は惜しむべきではないでしょう。
このへんはSCEの上手い部分で、見習わなければならないでしょうね。
(セガは下手でしたよね・・・。)
2008/03/06(木) 18:00 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
お久しぶりです。
コメントは久しぶりですが、毎日チェックしてますよー。

「負けた時代」を思うと、
「どう手綱をゆるめていいのかわかんない」のかなぁ、
なんて気はしますね。
「油断は大敵」で、油断してないからこその磐石なラインナップ。
「足元すくわれたら怖い」
ってことをよくわかってるなぁ、なんて気はしてます。
もとから「任天堂だけでやっていける」って状態だったわけで、
別に他の力に頼らないでも
なんとかなってしまうのがなんとも(苦笑)
「オプーナ」とか、(一部で?)
あれだけ有名になったんだからもう少し売れてもいいのになぁ。
(評判も上々なのに…。)

「買わなくても内容が分かる」
「面白いと想像がつく」
「自分でもできると思える」
「CMをよく見かける」
「みんなで楽しめる」
…任天堂のソフトって恐ろしいほど「売れる要因」満載なんだよなぁ。
2008/03/07(金) 02:36 | URL | みときち #O2KIGeII[ 編集]
これは恐縮です、コメント有難うございました。

Wiiは確かに大ヒットしていますけど、これも油断無く手を打ってきたことの積み重ねの結果とも言えるんですよね。
特に昨年の秋以降の隙の無さは特筆物でしょう、当時ささやかれていた「Wii失速」なんて話題も過去のものになってしまいましたからねえ、凄いものです。
結果だけ見て大ヒット前提にいろいろ言われても、任天堂としては心外なのかもしれませんね。

ただ、Wiiにおける任天堂のスタンスが「自社の力だけでなんとかやっていく」という、確実ですが拡がりのない、以前の「負けハード」の時代のままだというのはもうちょっとなんとかならないかなあ?とは思うんですよね。
画期的な発明「Wiiリモコン」による革命の到達点が、「ハードに過剰な投資をしなくても商売を成り立たせる」なんて志の低いものだとしたら、こんなに悲しい事はありませんからね・・・。

「オプーナ」はもったいないですよねえ。
今にして思えば一番Wiiに勢いが無かった時期の、しかも「マリオギャラクシー」と同じ日の発売だったですからね、埋もれる要素が満載ですよ・・・。
海外で正当に評価されれば良いのですが。
2008/03/07(金) 04:52 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
サードなんてカプコンをみればわかるとおり、信用できないものです。もっとも、これを「信用できない」と表現するのはおかしいですが。サードだって儲けたいのですからね。
そういうどっちにいくか判らないものに頼るくらいなら、自分でやってしまったほうがいいのではと思います。これからも磐石が続くとは限らないのですからね。
任天堂発売の他社開発ソフトが増えてくるのではないでしょうか。これなら任天堂のブランドや宣伝力も利用出来ますからね。
すでによそで100万売れてるでがらしのような(いくら出来がよく面白いとはいえ)ウイイレを持ってこられても、いくら宣伝に協力しようがあの程度なのですから。個人的にはウイイレはよく売れたと思います。任天堂の協力なければ20000も怪しかったでしょう。
2008/03/07(金) 08:44 | URL | horry #-[ 編集]
現状の延長線でも問題無いと言えば無いんですよね。
ただ、それだと市場が確実に頭打ちになってしまうでしょう。
任天堂ハードでは「任天堂の良質なゲームが遊べればそれで良い」というのは、ゲームキューブ時代で終わって欲しいと、個人的には希望してるんですけどね。
せっかく世界的にこれだけ売れているんですから・・・。
2008/03/07(金) 15:09 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
まぁゲーム業界の会社って「即物性が強く一過性」と
ほかの分野の人から揶揄されるくらい節操ない部分が
一番問題ですよね。
2008/03/07(金) 19:27 | URL | marukomu #-[ 編集]
他の業界には無い独特の枠組みの中で動いていますからね。
メインハードは4~5年ごとに(場合によってはメーカーごと)入れ替わりますし、人気ジャンルも数年で様変わりするなど非常に安定感がありません。
どかんと大ヒットすれば多大な利益を得られますが、全く売れずに開発費の回収すらままならない場合も多々あります。
そんな状況下では、ソフトメーカーの節操が無くなるのも致し方ないのでしょう。
それだけにきちんと利益に通じる道を示してあげることも、勝ちハードの地位を掴んだ者の使命なのではないかと思うんですけどね。
2008/03/07(金) 20:08 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
an
正直そこまでサードのソフトなんか遊びたくないんですけど
そんなソフトのために値上げなんかされたらたまらないっす
2008/03/13(木) 01:07 | URL | #-[ 編集]
うーん、もっとバランス感覚を持って欲しいですね。
「Wiiのみを持っていれば事足りる」という状況になれば、ハードへの投資が抑えられるわけで、それはユーザーへの利益となるわけです。
もちろん任天堂のゲーム以外には全く興味が無い方もいるでしょうけど、大多数のユーザーはいろんなメーカーのいろんなジャンルの作品がプレイしたいわけで、現状では複数のハードを所有していないとそれは叶わないわけですからね。

ファミコンからPS2に至るまで「勝ちハード」を所有していれば自動的に与えられてきた特権が、Wii所有者には無いというのは寂しいことだと思いませんか?
2008/03/13(木) 02:33 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
任天堂がプラットフォームホルダーとして、サードパーティーを支援する方策を考えるべきというのは、ほたるいか様の仰る通りだと思います。

ただ、サード側は任天堂の施策を待つよりも、まずは自社で「どうすればWiiやDSで売れる作品を作れるのか?」を、もっと真剣に考えないとダメだと感じます。

その取っ掛かりとして、日経トレンディのインタビュー特集でレベルファイブの日野社長が、とても説得力のある発言をされているので、アドレスを貼らせて頂きます。
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/special/20080310/1007896/

ご迷惑でしたら、大変申し訳ありません。
2008/03/13(木) 23:39 | URL | 魔方陣 #gsnX64Yk[ 編集]
貴重なご意見有難うございました
技術力が高く、デベロッパーからパブリッシャーへと移行しようとしていて今一番勢いのあるソフトメーカーと言える「レベルファイブ」と他のメーカーを比較するのはちょっと可哀想な気もしますが、戦う前から白旗を揚げているような姿勢がうかがえる多くのメーカーには見習って欲しいものがありますよね。

ただ、「大神」などを制作した「クローバースタジオ」のように、技術力も意識も高かったにもかかわらず玉砕してしまう例もあります。
レベルファイブの場合はドラクエで得た資金的な余裕の範囲内で活動していますので、そのへんは大丈夫だとは思いますけどね。
2008/03/14(金) 00:44 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
補足です。
たびたび申し訳ありません。

レベルファイブが現時点で、とても元気なメーカーなのは間違いないと思います。
でも、メーカーとしての体力・地力で言えば、ここのところ元気のない印象のバンナムとかコーエー、セガなんて格が違うと思うんです。
(本来であれば、ブランド乱発と言われつつも多彩なラインナップを提供して結果を出しているスクエニや、マルチプラットフォーム戦略で好調なカプコンと、肩を並べるだけの力を持っているはずだ、と思います。)
そういうメーカーが苦しんでいる理由が、日野社長の指摘の中に現れているように感じます。

また、日野社長は作品作りだけでなく、マーケッティングにも注力した(例えば、『レイトン』は『脳トレ』から入った女性ユーザーをメインターゲットに据えた、等)という主旨の発言があります。
この辺りも、現状打破のヒントになるような気がします。

長文になってしまい、大変失礼いたしました。何度も申し訳ありませんでした。
2008/03/14(金) 01:35 | URL | 魔方陣 #gsnX64Yk[ 編集]
バンナム、セガ、コナミあたりの大きなソフトメーカーは、企業としての体力が大きい反面、保守的で小回りが利かないんですよね。
それで、どうしても時流の先端に乗るのではなく「後追い」になりがちで、それが現状の不振に繋がっているのかなあ?とも思えますね。

レベルファイブの日野社長の姿勢は、「アイディア勝負」というのはソフトそのもののアイディアだけでなく、マーケティングなどを含めた総合的なものだというのを教えてくれます。
完全新作の「レイトン教授」が80万本も売れたのは、決してフロックでは無いのでしょうね。
続編の「悪魔の箱」発売直後に、個人が「謎解き」を公開するのを規制して一部ユーザーから批判されたりしてましたが、今にして思うとこれもマーケティングの一環だったんだなあと気付かされますね。

ちょっと毛色は違いますが、Wiiで発売予定の「くりーんきーぱー」も口コミを最大限に利用しようとする意図がひしひしと感じられます。
これも、任天堂ハードで売上を伸ばす突破口のひとつなのかもしれませんね。
2008/03/14(金) 09:13 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/746-042a5c2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。