アイドル雀士スーチーパイ

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最終的にはプレイステーションに完敗を喫したセガサターンですが、
発売後2年近くは互角かむしろ優勢でありました。
表向きの理由は、「バーチャファイター」等のアーケード移植作に人気が集まったからですが、
実は裏の理由も有りました。

それは、18禁ゲーム(X指定ゲーム)の発売でした。
スーパーファミコンやプレイステーションでは決して遊べないこのジャンルのゲームは、
当時の青年ユーザーの心を鷲づかみにしたものです。
その中でも「野々村病院の人々」や「スーパーリアル麻雀」と並んで代表作と呼べる「アイドル雀士スーチーパイ」を紹介します。

この作品、エロの部分よりもゲームとして非常に楽しかった事が印象に残っています。
現実の麻雀とは大きくかけ離れた「イカサマ必殺技」が非常に爽快でした。
また、丁度「ぷよぷよの漫才デモ」のようなキャラクター同士の軽妙な会話が、独特の世界を形成していましたね。
(勿論、「ご褒美画像」もモチベーションとして強く働いていましたが・・・。)
園田健一氏の描くキャラクターはとても可愛らしく、
ゲームを一層華やかにしていましたね。
今では規制が入りかねない病弱な幼女の「みゆりちゃん」とか、セーラー服とブルマのみしか着ていない「スーチー佑紀ちゃん」とか個性溢れる脇役キャラが魅力的でした。
シリーズの中では、「サターン版アイドル雀士スーチーパイ2 」が一番のおすすめです。

しかし、どちらかといえば「家庭用向け」に進化してしまった為か、
X指定廃止以降はシリーズ展開自体が徐々に衰退してしまったのが非常に残念に思えます。

こういう「理屈抜きに楽しい」ゲームが、近頃非常に少なくなっているように感じます。
ジャレコさん自体は凄く大きな会社に買収されているようですし、
予算が取れるのであれば、今一度力を注いで欲しい作品ですね。

セガサターンソフト


プレイステーションソフト


PCソフト



追記

皆様のおかげで、10000ヒットを超えることが出来ました!
本当に有難うございました、今後ともよろしくお願い致します。

ブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/76-baa0627d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。