カルドセプトDS

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とても楽しみな作品がDSに登場します!
ボードゲームとトレーディングカードゲームが高い次元で融合した作品「カルドセプト」の最新作「カルドセプトDS」です。

ジャンルを見ておわかりのとおり対戦プレイが楽しい作品なのですが、据え置き機ではなかなか気軽に対戦プレイというわけにはいかない場合も多く、そういう意味では待望のDSへの移植と言えるのではないでしょうか?

カルドセプト 公式サイト

カルドセプトDS 公式サイト

カルドセプト 10周年記念 特別サイト

カルドセプトDS 特典 カードガイド付きカルドセプトDS 特典 カードガイド付き

セガ 2008-10-16
売り上げランキング : 10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



基本的にはPS版「カルドセプト エキスパンション」がベースになっているようです。
正直、更に進化していて出来の良い「カルドセプト セカンド」ではないのは不満なのですが、ソフト資産を有効に活用する(より多くの利益を出す)ためにはこういう「出し惜しみ」も必要なのでしょう。
(そのうち「セカンド」をベースにした続編が登場するのは確実でしょう、かなり先の話でしょうが・・・。)

ちなみに私はセガサターン版「初代カルドセプト」とドリームキャスト版の「カルドセプト セカンド」をプレイした経験があります。
今回のDS版のベースとも言える「初代カルドセプト」は、一人でストーリーモードをやるしかなかった自分にとっては少々物足りなかった作品です。
それだけに手軽に対戦プレイが楽しめそうなDS版の進化はとても楽しみです。

問題は、楽しさを感じるまでの敷居が結構高いという点でしょう。
作品にはまればはまるほど面白くなる「ハマリ型」の作品だけに、初心者に面白さを伝えるのが結構難しいです。
感覚的に楽しさを伝えやすい「モンハン」のようなわけにはいきませんので、知人と本体を持ち寄って対戦する機会はあまり持てないかもしれません。
それだけに「Wi-Fi対戦」に対応しており、なおかつモードが充実しているというのは嬉しいポイントです。
コミュニケーションも「アイコンチャット」という非常に簡単でさらっとした方法がとれますので、見知らぬ人との対戦への精神的負荷はかなり軽いのではないかと思います。

気になるのは、Xbox360で発売された「カルドセプト サーガ」の壮絶なバグ騒動によって、「カルドセプト」というブランド自体に大変な傷が付いてしまったことです。
今回は大宮ソフト自身が開発に携わったようですので、さすがに「サーガ」のようなことにはならないと思います。
むしろ汚名を返上するべく究極の仕上がりだとは思うのですが、こればっかりは発売されてみないと何とも言えません。
例の騒動により固定ファンの何割かの心は既に離れていることも考えられ、それが売上に暗い影を落とすことも有り得ます。
果たしてどのような結果が出るのでしょうか?



ブログランキング CoRichブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/784-e7ff4c3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。