明暗分かれた?先週発売の話題作「Wii Music」「PSP-3000」

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週は年末商戦のスタートということで任天堂・SCEともに年末商戦の目玉となり得る商品を投入してきたのですが、結果のほうはちょっと明暗が分かれている感じです。

情報元 メディアクリエイトさん 電撃オンラインさん

まず任天堂の期待作だった「Wii Music」ですが、初週販売本数は9万本を超える程度に終わっています。
これは本数だけをみるとライトユーザー向けだしこんなものかな?とも思うのですが、店頭消化率が平均で30%前後だということや、ミリオンを軽く超えてWiiのキラーソフトとなった「Wii Sports」「Wii Fit」の初週販売本数がともに20万本前後だったことを考えれば、決して楽観視できるものではないと思います。
既に中古ソフトがかなり出回っているという話も聞きます、これはまあ多人数で楽しむ環境に無い人が早い時期に手放しているだけだと思うのですが、これが店頭価格相場の下落のきっかけにもなりかねず、注意が必要だと思います。
「Wii Fit」のように発売後しばらくしてから口コミによって火が付くことも考えられなくも無いのですが、やはり一人でのプレイに向かないというのは大きなハンデなのかもしれないですね・・・。
(「Wii Fit」は一人でも十分に楽しめる、というか役立つものですからね。)

これに対して、SCEが満を持して投入した新型PSP「PSP-3000」15万台を超える非常に好調なスタートを切っています!
前回の新型「PSP-2000」発売時と比較すると10万台ほど少ない数字なのですが、これは新型投入までの期間が前回より短かったのと、同時発売されるキラーソフトが無かったことが影響しているのでしょう。
(前回は「クライシスコアFF7」が同時発売されました。)
とはいえ今回はTVCMもありませんでしたし、年末商戦に向けて徐々に売れていってくれれば良いという考えなのでしょう。
実際「クリスマス需要」「お年玉需要」はかなりのものでしょうからね。
特に液晶画面の改良は評判が良いようです、比較写真を見ると旧型の画面は青っぽくくすんで見えますので、今後も「買い替え需要」は大きいでしょうね。

年末商戦の第1ラウンドはSCEの勝利と考えて良さそうですね。
ただまあ、SCEの主力ハードが携帯機のPSPというのは、ほんの2年ほど前まではSCEがゲーム業界の覇者だったことを考えると寂しい話です。
それに、ニンテンドーDSの新型「ニンテンドーDSi」の発売が来月の頭に控えています。
こちらはふんだんにTVCMを流しており、大きく売上台数を伸ばしてくるのは間違い無いでしょう。
いくらPSPが好調とはいえ、携帯機市場のトップにも立てないというのが厳しい現実であり、SCEのジレンマなんですよね・・・。
ただし、携帯ゲーム機市場はDSとPSPで確実に棲み分けはされており、どちらの市場も年末商戦は盛況に終わるのは間違い無いでしょう。

問題は据え置き機市場です。
ここはまずXbox360が大幅値下げで攻勢をかけてきました、ライトユーザーへの浸透までは無理でしょうけどコアユーザーにとっては手が出せる状況になってきました。
そろそろ国内普及台数100万台も見えてきましたね、ユーザーの購買力もかなり高いですのでソフトメーカーにとってはかなり魅力的な市場が出来つつあるのではないかと思います。

PS3も実質値下げの80GB版を投入し、攻勢をかけてきました。
しかしいかんせんまだまだ値段が高過ぎです、80GB版と同時発売されて同梱版も出る期待作「リトルビックプラネット」も、海外ではともかく日本市場では本体普及を牽引し得る作品とは思えません。
普及台数的にはXbox360を遥かに上回っているPS3ですが、こと現時点の勢いにおいては若干劣っているようにも見えます。
年末商戦はどうなるのか、非常に興味深いですね。

据え置き機市場では完全に勝者といえるWiiですが、最初に紹介した「Wii Music」をはじめとしてソフトの売上はあまり芳しいとは言えません。
ハードの売上にしても、他の据え置き機があまりに不甲斐無い為に押し出されてトップに立っているという感じもします、実際売上のペースはDSはおろかPSPにも及んでいないのですからね。
そろそろ「もう一押し」がないと、他のメーカーの反撃を受けかねないのではないかと心配です。
具体的には本体価格の値下げでしょう、そろそろ2万円を切ってきても良い時期だと思います。
ただ、「ニンテンドーDSi」の価格設定を見るかぎりはそれも望み薄な感じですね、最近の急速な円高も国内市場での利益確保に走らせる要因になるでしょう。
これが、せっかく呼び戻したライトユーザーの再度のゲーム離れに繋がりはしないか、少し心配ですね・・・。



ブログランキング CoRichブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
PSPの明
15万程度ではここ一ヶ月の買い控えで相殺されてしまうような…
まあこれからに期待ですね。
2008/10/26(日) 12:25 | URL | ニンニク #srxUzs32[ 編集]
確かに買い控え分を考えると微妙かもしれませんね。
ただ、「1ヶ月で20万台売れている」と考えれば、なかなかの数字だと言えると思います。
据え置き機だと好調なはずのWiiですら、1ヶ月に10万台をやっと超えている感じですからね。
PS3に至ってはその3分の1程度です、特に買い控えが起こっているとはいえ先週などは5000台を割るという惨憺たる状況です。

特に液晶の質が劇的に上がっているようですし、「PSP完全版」としてのユーザーの期待を裏切っていないのは良い事です。
つまらないイメージ戦略に溺れることなく、こういうまじめな「もの作り」に力を入れ始めたソニーは、相当手ごわいと思います。
逆に任天堂には「殿様商売」という悪い癖が出始めているようですし、このまま変に余裕を見せていると、また足元をすくわれかねないんですけどね・・・。
2008/10/26(日) 13:11 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
任天堂が自分で転けてもSCEがつけこめるかどうかは…
なにせゲームは「ものづくり」だけでは成り立ちませんし。
地味にいいソフトはあるんだけどなあ。



2008/10/26(日) 18:57 | URL | ニンニク #srxUzs32[ 編集]
とはいえ、ほんの2年ほど前まではゲーム業界の「絶対王者」とも呼べる地位にいたのがSCEですからね。
その底力は軽視すべきではないと思いますよ。
任天堂だってどん底の状態から不死鳥のように甦ったわけですしね。
(10年かかりましたが・・・。)
2008/10/26(日) 19:27 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
>Wii Music
>一人でのプレイに向かない
実際にプレイしている身としては、そうとは思えませんが…。ただ、少なくともそう感じることは確かだと思います。
「Wii sports」「Wii Fit」との明確な違いとして、まず「どんなことができるのか?」ということへの明確さが違うでしょう。今作は、発表から発売まで終始「よく分からない」と感じる人が非常に多かったと思います。ゲームっぽい明確な「目標」がないというのもあるかもしれません。当然ながら、普通ユーザーは「よく分からない」と思うものを、わざわざお金を出して買おうとは思いませんkらね…。
そういう意味で、中身が決して悪いと言うことではないんですが、表面から見て過去の2作品より「不確かな存在」であることは間違いなく、それが購入にまで手が伸びない原因となっているでしょう。発売までに、実際にユーザーが体験できる場も用意できませんでしたし…。

>据え置き機市場
最近のXbox360の攻勢は目に見えるだけのものがあります。タイトル的にも一応日本向けのものが徐々に揃えられつつあります(それでも当然洋ゲーのほうが割合が多いですが)し、世界規模で見れば、Xbox360が再び伸びを始める可能性は高いと思います。
PS3は不安なところがありますね。PS3は、ほたるいかさんの仰っている通りですし、何より決定的なタイトルをあまり呼び込めていない…というよりは、Xbox360のマルチになるケースが高くなってきています。海外だけ見ると、FFXIIIですらマルチとなりました。
あと2~3年も経てば、デジタル放送やブルーレイの影響で普及が伸びはじめるとこれまで散々言ってきましたが、その来るべき時期を待つしかないということでしょうかね…。
Wiiは、昨年もそうでしたが、この辺の月では相変わらず弱いな~と感じます。昨年も11月にマリオを投入したにも関わらず本体の月間売上はPS3を下回りました。この10~11月あたりは、ある種Wiiにとっての試練の時期とも言えるのかもしれません。しかしながら、これも毎年に言える事ですが、任天堂ハードは年末に強いので、実はそこまで心配していなかったりもします。当然、今年は例外となる可能性もあるわけですが…。

長々と失礼いたしました。
2008/11/01(土) 08:28 | URL | partygame #hCLbhaFQ[ 編集]
「Wii Music」については、確かに一人では楽しめないということはないでしょうけど、やはり多人数プレイが向いている作品だとは思うんですよね。
一人プレイでも、演奏を見せる相手(リアルでもネット上でも)が有るのと無いのとでは随分違ってくると思いますしね。
「Wii sports」「Wii Fit」あたりと比較すると、なんとも薄ぼんやりした印象は否めませんよね。
正直、国内市場では30万本くらいで頭打ちで、キラーソフトにはなり得ないような気がします。
ホームパーティが日常的な欧米市場では、相当なヒット作になりそうなんですけどね。

据え置き機市場については、PS3の惨状は言うまでもありませんが、その他のハードについても順風満帆とは言えませんよね。
これはやはり、携帯ゲーム機の表現力が上がって「据え置き機不要」の時代が訪れつつあるということなのでしょうか?
PSPにしろDSにしろ、現状でも十分な性能を持っていると思いますし、次世代では更に性能を上げてくるんでしょうし・・・。
「Wiiリモコン革命」は、その辺のジレンマに対する1つの答えなんだと思うんですよね。
「Wii sports」や「Wii Fit」なんかは携帯機ではどう頑張っても出来ないという意味で、実に未来志向の作品だなあと改めて感心してしまいますね。
あとはもう少し性能を上げてきて最先端のPCゲームとマルチ展開できるようになれば完璧なんですが、これは次世代待ちでしょうね。
2008/11/01(土) 21:54 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/865-0567fa09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。