「Wii Music」米国でも苦戦中

さまざまなプラットホームから発売されるゲームを、 新作旧作人気作品マイナー作品を問わず紹介していきます。
FC2 Blog Ranking      ゲーム      家庭用ゲーム      任天堂      SCE      セガ      GetAmped2      COSMICBREAK

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「Wii Sports」「Wii Fit」に続くキラーソフトなのでは?と期待されていた「Wii Music」ですが、国内では正直いまいちな感じです。
それでも海外では売れるだろうと思っていましたが、むしろ国内より厳しい状況にあるようです。
これはちょっと意外ですねえ・・・。

情報元 ゲーム&情報ブログさん

「Wii Music」、米国では苦戦 (GameSpot Japan)

Wii Music
B000IUAT4O
任天堂 2008-10-16
売り上げランキング : 33

おすすめ平均star
star任天堂のまた新しい試み
star面白いけど・・・・
star他に類を見ないソフト

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

海外CM


NPD Groupが米国時間11月13日に10月の販売統計を発表した際、トップ10から抜け落ちているタイトルがあった。「Wii Music」だ。
任天堂は何週間もの間、広告費をふんだんに使い、「ビッグ4」の最後のタイトルであるWii Musicを大きく宣伝してきた。
Wii Musicに「Wii Sports」「Wii Play」「Wii Fit」を加えたビッグ4は、従来のゲームとは異なっており、ゲームファン以外の層に訴求するものだと考えられている。
任天堂は米国の報道陣に対し、伝説的ゲームデザイナーである宮本茂氏にこの最新作を説明させることまでした。

残念ながら、このドンキーコングのクリエイターの魅力を借りた大々的なメディア攻勢でさえ、Wii Music熱を喚起することはできなかったようだ。
NPDのデータによれば、Wii Musicは10月20日の発売以降11日間で、8万1000本弱しか販売されなかった。この数字は、Wii Fitが4月19日に米国で発売されてから同様の期間で68万7700本販売されたのに比べると、非常に小さいものだ。


北米のゲーム市場の規模は日本と比べて約2倍です、そのことを考えると発売後11日間で8万本強という販売本数はかなり少なく感じます。
もちろん「じわ売れ」型の作品だと思いますし、日本のように「初週勝負」の市場でもありませんから単純な比較は出来ませんが、それにしてもちょっと厳しい数字なのではないでしょうか?

「Wii Sports」「Wii Play」(日本では「はじめてのWii」)「Wii Fit」と並ぶ「ビッグ4」と称されていて、CMも日本と同様に大量投入されていたようですが、現状では販売に結びついていません。
その原因として記事の中では、リズムゲームジャンルは飽和状態にあるということと、ビッグ4の中で唯一ハードウェアがバンドルされていないタイトルだという見方がされているようです。
確かに海外では「ギターヒーロー」を始めとして音楽ゲームが現在でも人気ジャンルとして定着していますので、それらのヒット作と比較されてしまうというのはあるでしょうね。
プレイの爽快感が売りの既存の作品とは違うベクトルを目指した作品である「Wii Music」は、あまり魅力的な作品とは思われなかったのかもしれません。
また、ハードウェアが同梱されていないということで「お得感」が乏しかったというのもあるでしょうね。

この作品の発売からわずか1ヵ月後に、ユーザー層が大きくかぶると思われる「街へいこうよ どうぶつの森」が発売される(両作品が売上を喰い合うおそれがある)のは不思議に思っていたのですが、もしかしたら任天堂自身は最初からこの不振を予想していたのではないかな?とも思えます。
Wiiの年末商戦は「ぶつ森」一色で、「Wii Music」は無かった事にされているような予感さえしますね。

ちなみに、アマゾンでは現在38%OFFで販売されています、何かもっと値崩れしそうな雰囲気もあるのですが・・・。

関連記事
明暗分かれた?先週発売の話題作「Wii Music」「PSP-3000」



ブログランキング CoRichブログランキング banner_04.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
アマゾン
アマゾンでも飽和状態ですよね。。
日本でも結構CMやってアピールしていたんですけど
任天堂の思ったとおりにユーザーアピールできてないかも。
wiiミュージックは海外でモーション版のウワサも
あったくらいなのに・・・・
2008/11/19(水) 09:32 | URL | marukomu #-[ 編集]
まだまだ何とも言えない段階なんでしょうけど、どうやら芳しくない結果に終わりそうですね。
Wiiリモコンは「ポイントする」「傾ける」といった動作には強みを発揮しますけど、「振る」という動作には意外に向いていないんですよね。
実際、当初サードが多く開発していた「剣を振る」という操作の作品はほぼ全て失敗しており、現在ではボタン連打に近い「振り回す」という動作が採用されています。
(「Wiiモーションプラス」という追加オプションが発売間近と言われていますので、今後はまた違ってくるのかもしれませんが。)

ロンチで発売されてキラーソフトになった「Wii Sports」は、ソフトの性格上大味な感度でも何とかなりましたし、何より「全く未知のゲーム」というワクワク感がありました。
その両方とも当てはまらない「Wii Music」の苦戦は、最初から予見されていたのかもしれませんね。
大人数のセッションが楽しい作品ですので、せめてリモコンを同梱するなどしてお得感も売りの1つにすればまた違った結果になっていたかもしれませんが、それをしなかったのは最近ちょっと「殿様商法」になりつつある任天堂の悪い部分を象徴しているのでは?とも思えますね・・・。
2008/11/19(水) 11:45 | URL | ほたるいか #cdJ0MRkQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gamehotaru.blog63.fc2.com/tb.php/878-470c5d0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。